花咲かぺんぎん

~ お花 時々 いきもの ~ 八王子の片隅で、ゆるーい感じのぺんぎんが、                                                                          小さな庭を、毎日毎日、ぼぉーっと眺めて暮らしていましたとさ。。。

向日葵。

種ばかりが目立つようになってきた、
庭の向日葵。
(2016/8/16)
20160816 P07

片付けたら? と思いつつ、
そのままにするのは、
ご馳走を食べにお客様がやってくるから。
(2016/8/14)
20160814 P04

きりり、ころろ。
可愛い声で鳴くカワラヒワは、
向日葵の季節だけ、
我が家にやってきます。
(2016/8/14)
20160814 P05



いろいろ咲いた、今年の向日葵。
(2016/7/31)
20160731 P01

オーソドックスな黄色、
(2016/8/14)
20160814 P06


(2016/8/04)
20160804 P03

レモン色。
(2016/8/04)
20160804 P02

いつまでも続くと思った夏色は、
過ぎ去れば、
短い夢のよう。



今日は送り盆、夏も終盤。
そして今宵は、嵐が来るそうな。
(2016/8/16)
20160816 P08

カワラヒワが残念がるから、
向日葵、倒れませんように。。。


にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

夏が来た!

関東地方は、例年より遅めの梅雨明けだったそうです。
じめじめ、ひんやりの梅雨がやっと明けました。

梅雨明け翌日の空の、
深い青にヒマワリ!
(2016/7/29)
20160729 P02ヒマワリ

葉っぱが虫食いだけど、気分は写せたかな?


たりあんさんにいただいた黒いヒマワリの種の他に、
家にあったいろんな種も一緒に蒔いたので、
普通の黄色、レモン色、二色咲き、黒と、
いろんな色が咲いて賑やかです。
そうそう、黒、
本当にチョコレートコスモスみたいな色のも
ちゃんと咲きましたよ(^^)。
植えた場所の都合で、隣の家が写り込んじゃうので、
分かりにくい写真しか載せられないのが残念です(^^;)。
そうそう、ホウセンカも咲いてるんだけど、
同じ理由で写真がなくてごめんなさい。
うちの庭には初めて植えたけど、
なんだか懐かしくて可愛いお花です。
種ができてはじけさせるのも楽しみだったりする。
たりあんさんありがとうございました(^^)/。
(2016/7/30)
20160730 P03ヒマワリ


綺麗に咲いた、ルリタマアザミ。
(2016/7/17)
20160717 P01ルリタマ

後ろに写っているのは、開花直前の蕾。
ドライにするためには、
この段階で切って乾燥させるのが
一番綺麗な色に仕上がります。

ほとんどの花はドライ用に収穫したので、
最後まで咲かせたのはこの2輪だけ。
20輪を収穫しました。大漁大漁(^^)。


夏といえばアサガオ。
(2016/7/30)
20160730 P04アサガオ

全部葡萄茶色だったと、先日の記事に書いたけど、
よく見ると、大きな葉っぱの株が後から咲き始め、
その子は水色の花でした(^^;)。
期待とは外れたけど、
色違いが一緒に咲いてるのも可愛いので、
このまま一緒に育てます(^^)。



結局、梅雨明けが遅れたのに加え、
もうすぐ夏休みで出かける機会も増えるので、
これ以上夏の花は増やさないことにしました。

さてさて、どうやって夏を乗り越えるかな!?

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

お勉強タイム(Thyme)。

先週、庭のクリーピングタイムが咲き終わったので、
地際近くまで、ばっさりと刈り取りました。

夏至頃に咲き始めるため、
いつも6月に入る頃から伸ばしっぱなしで、
花咲く頃にはすごいボリュームになります。

毎年思うんだけど、
なんだか
「モコモコの羊の毛刈り」をしている気分。

刈り込んだ後は、風通しも良く、
すっきりさっぱりします。
こんなに刈って大丈夫か?
とも思いますが、
クリーピングタイムは強い子だから大丈夫。
逆に、刈らずに放置すると、
蒸れて枯れ込んじゃいます。


淡いピンクの霞がかかったように咲きます。
(2016/7/10)
20160710 P03

でも、シバザクラとかのように、
一面がピンク!  にはならないの。
(2016/7/8)
20160708 P02

別名、ワイルドタイムと呼ばれるのも
なんだかわかる、野の花の風情が好き。
(2016/7/3)
20160703 P01


お庭のノートを遡ると、
この子は、1995年の5月、
まだベランダでお花を育てていた頃に
いただいたものだとわかりました。

最近、同じ名前でお店で売っていたり
ネットで見かけるものの中に、
咲く時期や様子が違うものがあって、
少し名前が不安だったのですが、
先日、annさんのブログで、
たぶん同じ種類のタイムが咲いているのを見て、
品種名がクリーピングタイムだと再確認できました。
(annさんありがとうございます!)

どうも、私が混乱していたのは、
ロンギカリウスタイム。
クリーピングタイムと同じく匍匐性ですが、
花の色は少し濃く、花びらが大きいせいか、
もっと密に、一面ピンクに見えるように咲きます。
咲く時期も5月頃。
あーすっきりした。


私が育てているタイム(Thyme)は
買ってきたり枯らしたりで、
今手元にあるのは5種類。

コモンタイム、フォックスリータイム、
キャラウェイタイム、ドーンバレータイム、
そしてクリーピングタイム。

同じタイムでも個性いろいろで楽しい。

庭で愛でるのももちろん楽しいけど、
雨の日や暑い日は、
ネットで調べるお勉強タイム。
これもまた、楽しいのだ。


(我が家のタイムの過去記事もどうぞ)
タイムいろいろ。
タイムはじっとしていない。
ハーブ、茂る。
花オレガノとクリーピングタイム。

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

いつのまにか、夏近し。

暑くなってまいりましたが、
まだまだ中休みしてるだけで、
まだ梅雨は明けないのだそうです。

このところ、ブログサボりぐせがついてる
ぺんぎんびたきです。
皆様お元気でしょうか(^^;)?

梅雨の花もそろそろ終了。
きれいだったアガパンサスやストケシアも咲き終わり、
ホスタも6月末のこの頃が一番きれいでした。
(2016/6/29)
20160629 P01ホスタ

(2016/6/29)
20160629 P02ホスタ


私の庭では、5月が一番賑やか。
花の種類が減って、夏は少し庭が寂しくなります。

でも、それを埋めるように、
鮮やかな色の花が咲きそろってきましたよ。

梅雨の始めに切り戻したカリブラコアが、
いい感じに復活してきました。
(2016/7/3)
20160703 P04カリブラコア

エキナセアも情熱的。
(2016/7/3)
20160703 P06エキナセア

(2016/7/3)
20160703 P05エキナセア


大好きなルリタマアザミも、
青く色づいてきました。
(2016/7/3)
20160703 P08ルリタマ

(2016/7/3)
20160703 P07ルリタマ

去年苗で買って可愛かった、
「大江戸恋しぐれ チョコ」。
種を採って蒔いたところ、
葉っぱが去年のより大きくて少し様子が違う。
花色はどうかと、心配しましたが、
無事に3株とも思い通りの色に咲きました(^^)。
実物はもう少し茶色っぽいのですが、
うまく撮れないなぁ。
(2016/7/3)
20160703 P09アサガオ

たりあんさんに種をいただいたヒマワリも咲きました!
2色になっててカッコイイのだ(^^)。
この写真も青空を入れたくて撮ったんだけど、
自分的にはいまひとつ。
(2016/7/10)
20160710 P10ヒマワリ

アサガオとヒマワリが咲くともう、夏近し。

でも、彼らの季節は始まったばかり。
何度でもチャレンジしよう。
もっときれいに撮れますように。

ところで、もうすぐ猛暑が始まるというのに、
アネモネの双葉がいっぱいでてきた(・・;)。
5月の末に種がはじけてたので、
ついつい採り蒔きしちゃったのだ。
あぁぁぁ、また心配事がぁぁぁ。
(2016/7/3)
20160703 P03アネモネ2

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

セダムの、モリムラくん。

ぷりっぷりの「虹の玉」はセダムの仲間。
(2016/6/26)
20160626 P11

この子も丈夫ですが、
もっともっと小柄なセダムたちも、
丈夫で楽しい。


中でも一番丈夫なのがこの子。
(2016/5/28)
20160528 P03

多肉初心者の頃に買った、最初のセダム。
セダム・アクレというおしゃれな名前で売っていたが、
どうもモリムラマンネングサというのが一般名らしい。
(2016/6/29)
20160629 P14

私も最初はおしゃれな名前で呼んでいたものの、
あまりの繁殖力に、不死身セダムとかエイリアンとか、
そして、最近はもっぱら「モリムラくん」と呼んでいる。

( → 不死身(?)のセダム・アクレ )

モリムラくんは、イケメンだ。
(2016/6/26)
20160626 P07

どんな場所でも、あまり徒長しないし、
徒長したとしても、思い切って切り戻すと、
すぐに回復して、美しさを保つ。

しかも、日陰だろうと、
ガチガチのレンガの隙間だろうと
結構ジメジメした場所であろうと、
どんなところでもそれなりに頑張る、性格の良さ。
(2016/6/26)
20160626 P13

でも、どんなにイケメンで性格が良くても、
あまりにもどこででも茂るため、
「あ、いたの?」扱いの、モリムラくんである。

やはり、ちょいワルだったり、
ちょっとレアだったりするほうが、
モテ度はアップするのであろう。

あ、それと、
彼の唯一の弱点は閉所恐怖症であるらしく、
唯一、あっという間に枯れたのが、
大事に小さな鉢に植えて窓辺に置いたときだった。
がんばれ、モリムラくん。



モリムラくん以外にも、
数種類のセダムを育てています。

「パリダム」
(2016/6/22)
20160626 P09

色も姿も結構綺麗。
茂ると針葉樹の森のよう。

成長が早くて頼もしいのだが、
徒長するのも早いので、
油断すると情けない姿になっているのが難点。

(徒長して刈り込んだ2016/5/28)
20160528 P01

(でも、復活!2016/6/22)
20160622 P04

(花も咲く2016/6/26)
20160626 P06



「プレビオフォリウム」
(と、ラベルに書いてあったが
「ダシフィルム」かもしれない)
丸っこくてムチムチしていて可愛い。
成長は遅めだが、根性はある。
(2016/6/26)
20160626 P12

日陰で徒長すると可愛さ半減(^_^;)。
(2016/6/26)
20160626 P10

(花 2016/6/26)
20160626 P05


アクレアウレウムとか、パープルヘイズとかも
お試し育て中。
(2016/5/28)
20160528 P02

なんのかんので、セダム、好きなのだ。

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
このページのトップへ