花咲かぺんぎん

~ お花 時々 いきもの ~ 八王子の片隅で、ゆるーい感じのぺんぎんが、                                                                          小さな庭を、毎日毎日、ぼぉーっと眺めて暮らしていましたとさ。。。

冬休みの、あれやこれや。

2017年になりました。
しかも、
1月は半分終わっちゃいましたが、
どうぞ今年も、
よろしくお願い申し上げます(^_^;)。


さて、年末年始、
実家への帰省がてら、
今回も、ちょっと寄り道してきました。

12/30、早起きして始発電車に乗り、
北陸新幹線で、富山まで行きまして、
そこからバスで世界遺産、白川郷へ。

旅は身軽に、と思ってるので、
カメラは持ってなくて、
写真はスマホ撮影です(^^;)。

前日までほとんど雪がなかったらしいのですが、
出発前夜に降った雪で、
念願の、雪の白川郷を見ることができました。
20161230白川郷1

朝のうちは雪がちらほら降り続いていましたが、
昼頃には晴れてきて、
展望台からは美しい風景を望むことができました。

20161230白川郷2

午後はバスで、今度は高山へ移動。
せっかくなので、今話題のアニメ「君の名は。」の聖地、
飛騨古川にも、ちょっと寄り道しました(^^;)。
20161230古川


そして翌日、
大晦日の高山市内を、ぶらぶら観光。
観光客でごった返しておりましたが、
古い町並みや、賑やかな朝市の様子、
しっかりと堪能しました。

実を言うと、この高山も、
数年前に放映されたアニメ「氷菓」の舞台で、
息子たちと聖地巡礼も楽しみました。
(いい歳して、実はアニメ好きな私(^^;))

昼頃には高山を出発、
名古屋で新幹線に乗り換えて無事に帰省。
のんびりと、年越しとお正月を過ごしました。

内輪ネタになってしまいますが、
愛犬ファルコンを通じて知り合った
ベドリントンテリアブログのメンバーの拠点を
3箇所(軽井沢、富山、名古屋)経由したのが
ちょっと個人的に楽しくって、
それぞれの場所で、心の中で手を振っておりました(^^)。



そんな感じで、冬休みも終わり、
すっかり日常に戻っております。

比較的穏やかなお正月で、
留守中に枯れないか心配した植物も、
元気に留守番していてくれてホッとしました。

子ども達とも、いつまで一緒に旅行できるんだろ?
途中いくつか些細なトラブルはあったものの、
そういうのも、いつか笑話になるんだろな。

旅は良いです。
また行きたいな。

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2016年の終わりに。

また、一年を振り返る時期がやってきました。
独り言にお付き合いください(^^;)。
(2016/3/2 キャサリン・ホジキン)
20160302キャサリンホジキン

(2016/3/8 ミスクトスケンコアナ)
20160308ミスクトスケンコアナ

一番、嬉しくて、めでたくて、
大きな変化といえば、
大学生になった長男が
一人暮らしを始めたことか。
(2016/3/20 スイセン・テターテート)
20160320.jpg

最初の頃こそ、寂しかったけど、
なんのことはない、片道2時間の距離。
1ヶ月に1回くらいは帰ってくるのである。
(2016/4/12 スイセン・ハウエラ)
20160412.jpg

お互い、親離れ、子離れ、
ちょうどいい感じで進行形かな?
(2016/4/18 チューリップ)
20160418.jpg


それ以外は、いいことも悪いことも、
去年までの積み残しが、
少しずつ変化しつつの現状維持で、
前に進んでいるのやら、
後ろに下がっているのやら。
(2016/4/18 ハナミズキ)
20160418ハナミズキ


いままであんまり気にしなかった、
「年齢」も、大台が近づいて、
とっても気になるお年頃。
いつのまにか新しいことが苦手になってて、
歳、とったなぁ、なんてため息がでる。
(2016/4/20 斑入りアマドコロ)
20160420斑入りアマドコロ

若い頃は、坂道を、
ずっと上がっていくのだと、
できることが増えていくばかりだと、
当たり前のように思っていたのに、
いつの間に、坂を登り切ってしまったのだろう?
そんな気持ちを抱えるようになったのだろう?
(2016/4/23 リクニス・フロスククリ)
20160423.jpg

(2016/5/14 河原撫子、オルレア)
20160514.jpg

でもそのくせ、ちっぽけなことに
すぐに心がかき乱されたりして、
あぁ、まだまだ未熟者だなと、
成長しなきゃと思うのです。
(2016/5/22 アストランティア)
20160522.jpg

なーんだ、まだまだ坂道の途中。
登ったり、ちょっと降ったりはあるかもだけど、
まだ見たことのない景色が、
諦めたら見えない景色が、
いつかきっと見えるはず。(だよね?)
(2016/6/5 クレマチス)
20160605クレマチス

(2016/7/3 エキナセア)
20160703エキナセア


たとえば、こんなちっぽけなこと。
今年のブログの前半で、
いまは亡き愛犬ファルコンの記事を、
1年がかりでまとめ上げました。
だいたい子供の頃から三日坊主で
大口叩いて初めても、
途中で投げ出すことが多かった私。
なんとか書き上げた時は、
私、やればできるじゃん、と、ほっとして、
「最後まで書けたよ。ファル、ありがとう。」
と思ったのです。
(2016/8/4 ヒマワリ)
20160804.jpg


まだまだまだまだ枯れないぞ!
やりたいこと、知りたいこと、
見たいこと、書きたいこと。
いっぱいいっぱいありますからね。
(2016/9/7 リコリス・フォーン)
20160907リコリスフォーン


この一年、このブログを見てくださって
ありがとうございました。
来年も、ゆるゆる、のんびり更新予定です。
どうぞ、お付き合いください(^^;)。
(2016/10/25 チランジア)
20161025.jpg

(2016/11/24 11月の雪と四十雀)
20161124.jpg


そして皆様に、
穏やかで、健やかな、
佳き新年が訪れますように!
(2016/12/13 ビオラ)
20161213.jpg

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

ビオラのグラデ。

今日は冬至。

比較的暖かい日が続いてはいるが、
晩秋に咲いたエキナセアは、
とうとう力尽きた。
(2016/12/21)
20161221 P05エキナセア


庭を彩るのは、
前回記事のヒナソウと、
寒さ知らずのビオラたちのみ。
(2016/11/30)
20161130 P01ビオラ

その、唯一賑やかな西花壇は、
一番奥の青いビオラから、
一番手前の赤いビオラまで、
(2016/12/13)
20161213 P02ビオラ

なかなかに綺麗なグラデになったと、
自画自賛で、ほくそ笑む私。



黄色いビオラの傍で、
心配なのは、
ヒマワリのちびっこ。
(2016/12/21)
20161221 P06ヒマワリ

ホウセンカたちは
霜であっけなく討ち死にしたのに、
どうしたものか。
春を迎えることはないのだろうが、
抜くこともできない私。

そういえば、こぼれ種のニゲラたち、
いつまでも暖かいせいか今頃になって、
花壇だけでなく、通路にも生えてきて、
今更花壇に移植もできず
困ったなぁと、これも放置中。

なに、優しいのではなく、
私って、優柔不断なのだ。



花ではないが、彩りをみっけ。
フォックスリータイム。
(2016/12/21)
20161221 P04タイム

ドーンバレータイム。
(2016/12/21)
20161221 P07タイム

夏場は周りに埋もれているが、
冬になると彩りが冴えてきて、
個性を主張する。


お!
本日食らった一番の不意打ち。

スノードロップが咲いていた。
(2016/12/21)
20161221 P03スノードロップ


まだ遠い春からの、
小さな小さな贈り物。

これだから、冬といえども、
庭のパトロールはやめられない。

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

ヒナソウ チャレンジ。

大好きなヒナソウ。
(2016/12/13)
20161213 P02ヒナソウ

この時期になると、つい買ってしまうが、
木陰に植えたり、
水はけの良い土に植えてみたりしても、
夏になると枯らせてしまう。

霜で土が凍ろうとも、
どっさり雪が積もろうとも、
元気に咲き続ける北国仕様の花に、
過酷な夏を耐えろという方が
無理な注文かもしれないが。



でも、今シーズンも、
性懲りも無く、
新しい方法で挑んでみる。

いつも枯れる時は、
真ん中のぎゅうぎゅうしたところが
夏に黒く蒸れて枯れてしまう。

買った時の状態は、
ぎゅぎゅっと咲いて可愛いのだが、
夏越しを狙うなら、
ぎゅうぎゅう詰めを解消し、
なるべく水はけの良い土で、
そして、夏は日陰に移動できるように
鉢植えにするのが良いかと思う。

3株買ったうちの水色の1株を、
丁寧に土を落とし、
水の中で根を洗って株分けし、
水はけの良い土に、
隙間を作って植えてみた。
(2016/12/13)
20161213 P01ヒナソウ

一般的に花の苗は
「根鉢を崩さずか、
少し崩す程度で植えましょう」
と、言われるが、
山野草の育て方の本なんかを見ると、
古い土をすっかり取り除いてから
植える方法が書いてある。

もちろん、植物によっては
向き不向きはあるのだろう。
今までの方法に慣れ親しんだ身には
大丈夫か?と不安になるが、
何事もチャレンジだ。


残りの2株はいつものように、
根をあまり崩さずに地植えにしました。
(2016/12/13)
20161213 P04ヒナソウ

その時、白花を少しだけ分けて、
鉢植えの所々に、彩りのために植えました。
(2016/12/13)
20161213 P03ヒナソウ


買った時の状態に比べると、
今はスカスカで、
みすぼらしいのですが、
鉢いっぱいに増えたら嬉しい。

というか、
まずは、植え替えに耐えて根付いてほしい。
そして、あわよくば、
夏を越し、来年も花を見たいのですが。


今年のヒナソウチャレンジ。
さてさて、どうなりますやら?
(2016/12/13)
20161213 P05ヒナソウ

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

12月の庭の、楽しみ方。

12月になりました。

はっきり言って、
庭ではビオラ以外、
ほぼ、何も咲いていません(;_;)。


鉢植えでは、
秋に作った寄せ植えが
まだ頑張っている以外に、

いつ咲くのが正解? と、
いつも思うローズマリーや、
(2016/11/30)
20161130 P03ローズマリー

先日買ったばかりの
ヒナソウが咲いていますが、
(2016/12/11)
20161211 P04ヒナソウ


地植えに至っては、
霜が降りても、なんとかふんばってるポリゴナムと、
(2016/12/11)
20161211 P07ポリゴナム

咲いてる?
いや、晩秋に咲き始めてしまって、
生花というより、ほぼドライフラワーな
エキナセアが頑張ってるのみであります。
(2016/12/11)
20161211 P06エキナセア


背丈のある植物は、
みんな地上部が枯れたり、
ロゼッタ状になったりで、
庭全体が低く平らになっちゃいました。

なんだか寂しい。


でも、その平らな平らな花壇から、

こぼれ種から生えた
ニゲラとオルレアのちびっこ。
(2016/11/30)
20161130 P01ニゲラ

(2016/11/30)
20161130 P02オルレア

11月に球根を植えた、
白花のムスカリの芽。
(2016/12/11)
20161211 P05白ムスカリ

春を目指してちっこいやつらが、
ゆっくりゆっくり成長中。


寂しいの中に、嬉しいを探す。
それがささやかな、
12月の庭の、正しい楽しみ方。

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
このページのトップへ