花咲かぺんぎん

~ お花 時々 いきもの ~ 八王子の片隅で、ゆるーい感じのぺんぎんが、                                                                          小さな庭を、毎日毎日、ぼぉーっと眺めて暮らしていましたとさ。。。

コノフィツムの、明暗。

長く育てているコノフィツム。

付き合いが長いと、
ちょっと世話もおざなりになっていたようで、
今年は2鉢のうち、ひとつは元気だが、
もうひとつはどうも元気がない。

夏の休眠を終え、
順調にぷくぷくして、
外の薄皮が色づく元気組。
(2016/9/8)
20160908 P07コノフィツム


なんだかしわしわのまま、
げんなりしているお疲れ組。
(2016/9/8)
20160908 P02コノフィツム

お疲れとはいえ、薄皮の中には
新しい株が育っているようです。
(2016/9/8)
20160908 P03コノフィツム


水やりを再開して
少し様子を見る。

元気組は脱皮開始(^^)。
(2016/9/14)
20160914 P08コノフィツム


ぷりぷりしてます。
(2016/9/25)
20160925 P11コノフィツム


でも、お疲れ組は、
いつまでたってもしわしわで、
それどころか、
縮んでいくものも。。
やばい、水やり再開早すぎたか(+_+)。
(2016/9/25)
20160925 P10コノフィツム


10月に入り、ダメ元で植え替えを決行。

調子の良いものは根っこがありましたが、
しわしわのものは、
根っこがすっかり干からびていました。

植え替える際に、調べたのですが、
コノフィツムは冬生育型なので、
夏は水をやらずに休眠させるのですが、
あまりにも乾燥させすぎると、
根っこまで死んでしまって、
復活できなくなるのだそうです。

だから真夏も、2週間に一回くらいは、
ほんのり水をあげたほうがいいとか。
なんなの、その、さじ加減(ー_ー;)。

根っこが生きてるのは、そのまま、
死んでるものは、
生きてる部分まで切り戻して、
新しい用土に植え替えました。

ここでも、普通の多肉とは違い、
からっからに乾いた土だと、
根っこがでないそうです。
霧吹きでほんのりと水を。
あぁ、ここでも、さじ加減が難しすぎるぅ~(^^;)。


11個体だったものが、
植え替えの際、救済不可能で4個脱落。
一番元気だった左手前の個体が
先に脱皮して2個体に増え、
11 - 4 + 1 = 8個体になりました。
(2016/10/16)
20161016 P18コノフィツム


最後の力を振り絞るつもりだったのか、
いつもより早く花をつけたものまで(^^;)。
(例年は11月か12月に咲く)
(2016/10/16)
20161016 P17コノフィツム


同日の元気組。
相変わらずぷりぷり。
(2016/10/16)
20161016 P19コノフィツム


約一ヶ月後。

あの後また、真ん中の2個体が枯れ(;_;)。
6個体になりましたが、
ようやく脱皮も開始しました。
(2016/11/13)
20161113 P27コノフィツム


前回とは別の個体に花が。
健気だ(;_;)。
(2016/11/13)
20161113 P28コノフィツム


元気組と並べてみよう。
ご覧の通り、鉢のサイズが違います。
(2016/11/13)
20161113 P24コノフィツム


後から考えた失敗の理由。
枯れる時は、根元から、
溶けるように枯れました。
ある程度湿り気を好むとのことで、
サボテンの土に赤玉土を混ぜている。
鉢は乾きにくいツルツル素材。
その二つの条件は
どちらも同じではありますが、
大きい鉢は、乾きにくいこともあり、
水やり再開後、過湿になってしまったかと。


そして現在、
真ん中左の個体は、まだ脱皮できずにいますが、
枯れる気配はありません。
気温も下がってきたし、
ここまでくれば、ちょっと安心。
(2016/11/30)
20161130 P33コノフィツム


若干さじ加減が難しいのですが、
気にしなくても、うまくいくときはうまくいく。

だって元気組はこのとおり、
例年通りのお世話で、
つやっつや。
とうとう、蕾もつき始めました!
(2016/11/30)
20161130 P34コノフィツム


長くなってしましたが、
手がかかるのやら、かからないのやら。
微妙に奥の深い植物。
それが、コノフィツムなのだな。

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

四十雀(シジュウカラ)、続報。

雪の日の翌日、
庭には朝から、シジュウカラが来ていた。
たしか、ここ、ヒマワリ落ちてましたよね?
と、ピーピー鳴いて。

 *  *  *

翌々日(土曜日)
雪が溶けて、地面に落ちてたヒマワリも、
見つけやすくなったようだ。

もう、シジュウカラは入り浸っている。

そしたら、くつろぐシジュウカラにつられて、
ジョウビタキ、ウグイス、コゲラが訪問!
なんというシジュウカラ効果!!



しかし、ヒマワリが底をついた。

そして、ホームセンターのペットコーナーで、
小鳥の餌用のヒマワリを買ってしまった(^^;)。

家に着くと、
「あ、餌係が帰ってきた」と、
シジュウカラが庭で待っていた(^^;)。


前回のブログの写真、
部屋の中からカーテンをブラインドにして
写真を撮ったりしてたのですが、
なんかもう、カーテンを開け閉めしても逃げない。
鳥がいるのに気づかずに
うっかり窓を開けても平然と枝に止まっている。

「なついてくれた」というよりも、
「なめられている」感が強い。
なんてこった。。。



その夜、みかんを食べようとしたら、
底の方が柔らかく、傷みかけていた。
あ、そうだ、と、
傷みかけた部分を切り捨てて、
横半分に切って、
庭の餌入れに入れておいた。

 *  *  *

翌翌々日(日曜日)。
みかんに喜んでヒヨドリやメジロもきて、、と、
鳥だらけの庭を、ちょっと妄想して起きた。

しかし、鳥がいない。

がーん。
みかんを警戒したのか、
シジュウカラがいない。

野生相手だ。
なかなか思惑通りにはいかない。

ヒマワリを少し補充して、
庭仕事をしていたら、
昼頃、またシジュウカラがやってきた。

昨日までほど入り浸ってはいないが、
やはり、ヒマワリが相当お好きなようである。

そしてまた、
シジュウカラが庭でまったりしていると、
コゲラや、ジョウビタキも立ち寄ってくれて、
さらに、メジロが二羽!

たぶんみかんが好物のはずだが、
餌入れの場所には近寄らず、
茂みの中でチーチー鳴いて飛び去った。
メジロさん、カムバーック!


ここ数日、
シジュウカラにすっかり振り回されている。

でもこの冬は、
シジュウカラの餌係として過ごすのも、
悪くないかもしれない。。。

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

11月の雪と、四十雀。

一昨日の夜は、びゅうびゅう強い風が吹いて、
昨日の朝は、庭一面にハナミズキの落ち葉。
(2016/11/23)
20161123 P01庭

あぁ、なんてカラフルで秋らしいんでしょう、と
悦に入っていたのも束の間、


天気予報は雪が降ると、
もしかしたら積もるかもと、
でもまぁ、まさかね、と、

その「まさか」。。。


朝起きると、
庭は真冬の風景でした。
(2016/11/24)
20161124 P02雪


寒がりのサルビア・コクシネアは、
この雪で枯れちゃうかなぁ。
(2016/11/24)
20161124 P03雪

そういえば、とっても綺麗に咲いていた
お隣の皇帝ダリアが、
季節外れの大雪で折れてしまっていました(;_;)。

例年なら12月になってからも、
ちらほら、っと雪が舞う程度で、
本格的に積もるのは1月入ってからだもんなぁ。
本当に、「まさか」です。

降りしきる雪。
(2016/11/24)
20161124 P05雪

5センチくらい積もった?
(2016/11/24)
20161124 P04雪




雪の中、可愛らしいお客様も来ました。
四十雀(シジュウカラ)です。
(2016/11/24)
20161124 P06シジュウカラ

ハナミズキの枝に、庭で実ったヒマワリの実を、
100均で買った小さなふるいに入れて吊るしています。
(2016/11/24)
20161124 P07シジュウカラ

普段から、これを目当てに遊びにきてたんですが、
今日は何度もやってきました。
雪だと餌探し、大変なんだろうな。

早すぎる大雪に、
驚いているのは、人間だけではないようですね。
5、6羽の群れでやってきて、
賑やかに鳴き交わして、
地面に落ちた種なんかを、
仲良く探して食べていました。
(2016/11/24)
20161124 P08シジュウカラ

私はぺんぎんなのに、寒いの苦手。
どうか、あまり厳しい冬になりませんように。。。

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

庭の珍客。

お忘れかもしれませんが、
「花咲かぺんぎん」のサブタイトルは
「〜 お花 時々 いきもの 〜」

ときどき、鳥やら虫やら
その他もろもろが登場します。

今日は、いきものネタ。
苦手な方はスルーしてね(^^;)。



秋が訪れ、北の国から小鳥たちが渡ってきています。

写真はまだ撮れてませんが、
我が家をテリトリーにしているジョウビタキは、
今年も男の子のようです。

ケケッという、ツグミの声も聞くようになりました。



さてさて、
今日、庭のゴミ一時置き場というか、
剪定した枝とか、枯葉とかを積んでる場所を、
片付けていた時のこと。

八王子市では、剪定枝とか落ち葉は、
一定量まで燃えるゴミの日に出せるのですよ。
積んであった落ち葉とかを袋に詰め込んで、
すっきりしたな、と思ったら、
地面がボコッと動いた!

何? モグラ? 大きいぞ?

恐る恐る少し土をどかすと。。。




「むんっ。。。」
20161116I01カエル


あら、ごめん。
起こしてしまいましたか?

立派なアズマヒキガエルさんが顔を出しました。

いい場所をみつけた、と
ここで冬眠なさるおつもりだったようです(・_・;)。

20161116 P02カエル


さてさて、どうしよう?

私は大抵の動物はウエルカムなんですが、
お隣さんは(この場所はお隣さんとの境界の壁際)
カエルとか大嫌いだし、
ヒキガエルの大好物は、庭に有益なミミズだというし。
20161116I02カエル

でも、この秋、夜盗虫の被害がほとんどでなかったのは、
もしかしたら、このカエルさんのおかげだったかも?


しばし悩んのだのですが、
やはりここは、お引き取り願うことにしました。

家にいた次男と、少し撮影大会をしてから、
道路を挟んだ向こう側の空き地に放しました。
ごめんね(^_^;)。


本格的に寒くなる前に、
もっといい冬眠場所を見つけて
無事に冬越しできますように。。。

20161116 P01カエル

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

今年のサフランは?

毎年楽しみにしている、サフランの開花。

今年も11/3に、咲き始めました。
(2016/11/3)
20161103 P01サフラン

紫の花びら、黄色の雄しべに、赤い雌しべ、
あいも変わらず美しい。
(2016/11/3)
20161103 P02サフラン

ほとんど世話らしい世話もしてないのに、
申し訳ないくらいです(^^;)。
(2016/11/3)
20161103 P03サフラン

お日様が当たらないと、
綺麗に開かないので、
お行儀よく並んでお日様待ち。
(2016/11/4)
20161104 P05サフラン

まあだかな。
(2016/11/4)
20161104 P06サフラン

翌日、やっと、晴れました!
(2016/11/5)
20161105 P07サフラン

秋の陽だまり。
(2016/11/5)
20161105 P08サフラン

サフランの陽だまり。
(2016/11/3)
20161103 P04サフラン


関連記事
(2015 サフラン咲いた。
(2013 サフランの花咲く頃。

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
このページのトップへ