花咲かぺんぎん

~ お花 時々 いきもの ~ 八王子の片隅で、ゆるーい感じのぺんぎんが、                                                                          小さな庭を、毎日毎日、ぼぉーっと眺めて暮らしていましたとさ。。。

春が、わさわさ。

いつの間にか、
雪柳がこんなに咲いていた。
春ってほんとに、油断ならない。
(2017/3/24)
20170324 P15ユキヤナギ

つんつんした枯れ枝の合間から、
緑の葉っぱがでてきているのはエキナセア。
(2017/3/11)
20170311 P01エキナセア

クレマチスたちも、目を覚まして、
頼もしい新芽を伸ばしています。
(2017/3/19)
20170319 P08クレマチス

(2017/3/19)
20170319 P07クレマチス

庭のあちこちで、
冬枯れしていた宿根草に
新芽がでてきてくれました。

おなじみの顔もあれば、
えっと、君は、誰でしたっけ?
な、新芽もあります(^^;)。

どちらも、成長が楽しみな今日この頃です。


緑はすこしずつ戻っているものの、
まだまだちょっと寂しいので、
少し、お花を植えました。

お空の色のネモフィラとか、
(2017/3/23)
20170323 P09ネモフィラ

可愛いピンクのローダンセマムとか。
(2017/3/18)
20170318 P06ローダンセマム

それでもまださびいしい場所には、
ビオラの鉢植えを置いてみたり。
(2017/3/18)
20170318 P05ビオラ

(2017/3/18)
20170318 P04ビオラ


そうそう。
冬に作った、暖か色の寄せ植えは、
ラナンキュラスが賑やかに咲いて、
更に華やかになりました。
4月、5月になれば、暑苦しく感じる恐れあり(^^;)。
(2017/3/17)
20170317 P02寄せ植え

ビオラのグラデーション花壇も健在。
でも、だんだんチューリップの芽が伸びてきました。
主役交代の日も近いか?
(2017/3/18)
20170318 P03ビオラ


これは、プランターの
ベロニカオックスフォードブルー。
どんどん花が増えて、青の大群。
(2017/3/24)
20170324 P11ベロニカ


地植えのスイートバイオレットも、
ピンクと黄色がわさわさ。
(2017/3/24)
20170323 P10バイオレット

鉢植えでも咲いてます。
(2017/3/24)
20170324 P13バイオレット

ラブラドリカもかわいい。
(2017/3/24)
20170324 P14ラブラドリカ

ラブラドリカの別名は黒葉ビオラ。
こちらの鉢植えでは、
名前の由来の、冬のブロンズ色の葉の間から、
可愛い緑の双葉がわさわさ。
こぼれ種の大群です(^^)。
(2017/3/24)
20170324 P12ラブラドリカ


いろんなものが、わさわさし始めている。
忙しくて、目まぐるしくて、
わくわく。

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

3月の球根リレー、2017。

あぁ、もう3月も後半戦。

いろいろ咲いてて、でも、油断すると咲き終わっちゃうので
慌ててご紹介いたします。
とりあえず、今日は球根たち。
今年もリレーが続いています。


白い妖精、ミスクトスケンコアナ。

あまり売っていないのは、
育てにくいからなのかと思ったけれど、
なんだかんだで開花4年目。
(2017/3/04)
20170304 P01ミスクト

普及しない理由は、
そっくりなプシュキニアと
キャラがかぶっているからか、
それとも、やはり、
その覚えにくい名前のせいか??
(2017/3/17)
20170317 P04ミスクト

学名はScilla mischtschenkoana
でも、過去にScilla Tubergeniana
という学名だったものですから、
ミスクトスケンコアナ以外に、
ミッシェンコアナ、チューベルゲニアナ、
チューベルギニアーナなど、
いろんな名前で呼ばれております。
おかげで、植え始めた頃、情報がなくて難儀しました(^^;)。
(2017/3/11)
20170311 P02ミスクト


前回記事でちらっと登場した、
白いクロッカス。
とても綺麗なので、再登場です。
(2017/3/17)
20170317 P05クロッカス

クロッカスの季節もそろそろ終わりですね。
(2017/3/17)
20170317 P06クロッカス


今、華やかなのは、
水仙テターテート。
(2017/3/18)
20170318 P08スイセン

丈夫で手間いらずなのに、
こんなに綺麗で申し訳ないくらい。
(2017/3/17)
20170317 P07スイセン


残念なお知らせは、
ミニアイリスのキャサリンホジキン。
芽が出て、やったー!と思ってたら、
全部葉っぱの芽でした(T_T)。

シラーシビリカも、去年はあんなに咲いたのに、
今年はほんの少ししか咲きそうにない。
花がら摘みをサボったから、
球根が育たなかったのかしら(;_;)。
(2017/3/23)
20170323 P09シラーシビリカ


消えた花もありますが、
ムスカリとヒアシンスとプシュキニアが咲き始めて、
水仙のハウエラとバルボコディウムにつぼみ、
そして、チューリップにもつぼみ!

球根リレーはまだまだ続きます。
(2017/3/12)
20170312 P03スイセン

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

庭の小鳥、その後。

昨年の11月、庭に来る四十雀のことをブログに書きました。

 → 11月の雪と、四十雀。

 → 四十雀(シジュウカラ)、続報。

その後も、あまり写真はないのですが、
小鳥たちとの交流は続いています。
(2017/1/14)
20170114 P01とり

餌入れには、ヒマワリの種だけを入れています。
引っ越してきてすぐの頃にも、庭に餌をまいて
鳥を呼ぼうとしたことがあるのです。
その時は、市販の粟などの雑穀の「小鳥の餌」でした。

すぐにスズメが集まりまして、
集まりすぎて、庭やベランダにたむろして、
汚していったりするものですから、
これは、隣近所にまで悪影響がありそうで、
すぐに撤去いたしました。

それ以来、積極的に庭に餌を置くことはなかったのです。

でも今回、置いた餌はヒマワリの種。
これって、スズメには大きすぎるのか、
殻を剥くのが難しいのか、
もっぱら四十雀だけがやってきて、
スズメは時々つついても、食べられないので諦める。

スズメは群れでやってくるけど、
四十雀だけだと、せいぜい5~6羽くらいしかこない。
これはいいぞ、と餌やりを始めたのです。

ところがどっこい。
敵もさる者、スズメたちもだんだんと器用になって、
ヒマワリの食べ方をマスターしたようです。
小粒のヒマワリだったのが、スズメにも幸いしたようで、
結局1月頃には、庭に居着くようになりました(^^;)。
(2017/1/15)
20170115 P03とり

小鳥の餌よりは食べにくいからか、
私も、毎日は置かないようにしていたからか、
以前の時ほど大群ではこないし、
庭にはふんをするものの、ベランダをねぐらにして
汚すことはなかったので、
今回は、近所迷惑にはなってないと思うのですが(^^;)。



睡蓮鉢は、睡蓮が植えてある鉢の上が、
ちょうどいい足場になるのか、
小鳥たちの良い水浴び場所になっています。
(2017/1/14)
20170114 P02とり

庭の、何も植えてない場所に、
ところどころ、すり鉢状のくぼみがありまして、
これは何かと思ったら、
スズメが水浴び後に、砂浴びをするようです。
それ、泥んこにならないの?
と、心配になるのですが(^^;)。
これをやるのは、スズメだけ。
四十雀やヒヨドリは、砂浴びはしないようでした。


最初の頃、ミカンに気づかず素通りしたメジロ。
冬のある日、とうとうミカンに気づいてくれました。

その日は夕方まで、2羽で入り浸り、
薄皮を残して、綺麗に食べて行きました。
(2017/1/15)
20170115 P04とり

(2017/1/15)
20170115 P05とり

ただ、その次の日は、寄り付かない。
どうやら、ヒヨドリがミカンに気づいて、
メジロを追い払ったようです。

ヒヨドリ、可愛い鳥なのですが、
ちょっと乱暴だし、
クロッカスなど、お花も食べるので、
ちょっと困ったちゃんです。

今年もクロッカスがずいぶんやられました。
もうほとんど、クロッカスは咲き終わりましたが、
今年植えた白のクロッカスは、
球根が大きかったからか、まだまだ蕾が上がってきて、
2回目のブーケができています。

綺麗だけど、きっとまたヒヨドリに
つつかれるのだろうな、と、思っていたのですが、
なぜか一向につつかれない。

今日も、睡蓮鉢に水を飲みに来たヒヨドリ。
今度こそつつかれる!と、カーテンを開けたが、
ヒヨドリは悠然としている。

「水だけやで」と声をかけた。
無論、通じるわけはない。

クロッカスのとこに行ったら追い払おう、
と、身構えていたが、
ヒヨドリは水を飲み終わると、
さっさと飛び去っていった。



あれ?



どうも、声が通じたわけではなく、
気づけば世間にはカラフルな花が咲き、
おいしいものがあふれ始めている。


そっか、もう春なんだ。

(2017/3/19)
20170319 P06クロッカス


にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

今年のクリロー。

2月初旬、ぷっくりと可愛い蕾を上げたクリスマスローズ。
(2017/2/8)
20170208 P01

2月半ば過ぎから、次々と花を咲かせ始めました。
(2017/2/19)
20170219 P05

(2017/2/15)
20170215 P02


我が家では、主にブロック塀沿いに、
白とピンクをぽつぽつ並べて植えています。
(2017/2/26)
20170226 P09

最初は小さな苗を、
白いのとピンクのを一つずつ植えていました。
数年後に花が咲き、
その後こぼれ種で増えまして、
今は少し整理して、8株くらいになりました。

最近は種を結ばないように早めにとってしまうので、
増えることはなくなりましたが、
年々大きく育ってくれている気がします。
(2017/3/4)
20170304 P14


白もピンクもシングル咲きで、
白はくっきりしたそばかす模様。
(2017/3/5)
20170305 P20

ピンクは全体にピンクの細かいスポットが入ったものと、
(2017/3/5)
20170305 P29

おそらくは白との交配種で、
ピンクのそばかす模様の子。
(2017/3/5)
20170305 P27

昨年お迎えした、純白のニゲルですが、
春に地植えにしたものの、夏に元気をなくしまして、
今年は花をつけませんでした。
それでも枯れずに、今は元気な葉を広げています。
来年こそは、咲いておくれ。
(2017/2/26)
20170226 P08

そして今年、もう一鉢、新しいクリローを迎えました。
(2017/3/5)
20170305 P30

オリエンタリスのハイブリッドのようですが、
初めてのダブル咲き。ピコティ模様のピンクです。
(2017/2/26)
20170226 P11

今は鉢に植えていますが、春には庭に下ろしましょう。
さてさて、どこに植えましょうか?
(2017/2/26)
20170226 P12

関連記事
2016 クリローからクレマへ。

2016 クリスマスローズ、ニゲル。

2014 クリロー、今年も変わりなく。

2013 スノードロップとクリロー。

2012 こぼれ種のクリスマスローズ

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

もふもふが、足りない。

物心ついた頃から、
ペット禁止の社宅に住んでた数年を除いては、
犬やら小鳥やら熱帯魚やら、
ずっと何かしら生き物が身近にいた。

それがこの2年、
愛犬を亡くしてから
私にはずっと、
もふもふが、足りない。



植物を育てることも、
もちろんとっても楽しいのだが、
何か、なんだか、
ちょっぴり足りない。

でもなぁ、
仕事もあって留守がちで、
最近は急に数日実家に帰ることも度々ある。

家族全員が無類の動物好き、ってわけではないので、
犬猫はもう飼うのが難しいのだ。

実はここしばらく、
小鳥なら飼えないかな、と
いろいろ調べていたのだが、
調べれば調べるほど、
犬猫に負けぬほど、
小鳥もお留守番は苦手なようだ。

年末年始の帰省の時、
愛犬のファルコンは、
馴染みのトリマーさんちで
いつもお泊まりしてたので、
知ってる顔がいるから少しは安心だったろうが、
小鳥ならどうだろう?
知らない場所で、下手したら犬や猫と同じ部屋で、
不安で固まってる顔を想像すると、
どうにも心が痛む。



そんなこんなで、
小鳥を飼うのもあきらめた。
いつかあまり
お留守番させないですむようになったら、
飼いたいなとは思ってるのだが。

でだ、
私が出した結論は、
これ。


20170305 P03


金魚を飼うことにした(^^;)。

金魚、
もふもふちゃうやん!

でも、結構、見ていて和むのだ。

植物も綺麗で可愛いが、
いかんせん、動かない。

なんだろう、動くというだけで、
生き物のこの癒し効果って何?
ずっと見ていられる。
飽きない。

20170305 P01


相変わらず、私には、
もふもふが足りないが、
心の隙間は、
ほんのちょっぴり、
埋まった気がするのである。

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
このページのトップへ