花咲かぺんぎん

~ お花 時々 いきもの ~ 八王子の片隅で、ゆるーい感じのぺんぎんが、                                                                          小さな庭を、毎日毎日、ぼぉーっと眺めて暮らしていましたとさ。。。

3年目の、油断。

花が終わりかけの特売品デンドロビウムを買って、
育て始めたのは2年前の冬。

それから2回、ちゃんと花を咲かせられたので、
3年目のお世話は、ちょっと油断してたかも。
 → デンドロビウム、一年生。(2017/2/2)
 → デンドロビウム、二年生。(2018/1/17)

花のあと、4月ごろから外に出しました。
4/5に強風で棚から落ち、
鉢が割れるアクシデント。
(2018/4/24)
20180424 P02

幸いまっすぐ落ちたのか、枝は無事。
少し暖かくなるのを待って、
4/24に植え替えをしました。

去年は植え替えなかったので、
根はびっしり!
(2018/4/24)
20180424 P07

ほぐして、枯れた根や古い水苔を取って、
新しい鉢に植え替えました。

いつも短いバルブしか出ない株があったので、
それだけは抜いて、残りは前と同じ4号鉢に。
(2018/4/24)
20180424 P08

抜いたチビ株は2.5号鉢に単独で植えました。
その隣は昨シーズンに高芽で作った子株。
(こちらは今回植え替えせず)
(2018/4/24)
20180424 P09

その後もお世話はしてましたが、
春は庭の方に気持ちが行ってて、
置き場所とか、肥料とか、
蘭のお世話はちょっと雑だったかも(>_<)。

上の方の葉の付け根に、
ちっちゃな芽が出てきました。
今、芽がでちゃうと、葉っぱになるから
その場所には冬に花がつかないんですよね。

しかもその芽、
なんだか葉っぱじゃなくて花芽にも見える。
なんなの~?
相変わらず蘭はど素人なので、
これから調べて対処してみます(^^;)。
初心、忘るるべからず、ですな。
(2018/6/17)
20180617 P03



心配事がもうひとつ。

強剪定でいいはずのクレマチス踊場が、
切り戻し後、沈黙しているんですが。。
たしかにうどん粉病でちょっと粉吹いてたけど、
え、まさか、このままってことはないでしょうね。。
よぎる不安。。
(2018/6/17)
20180617 P01オドリバ

篭口は、ちゃんと芽吹き始めたんですが。さてさて。
(2018/6/17)
20180617 P02ロウグチ

それに踊場を切ったあと、
大事にしてるグレイブタイビューティーも
強剪定しちゃったのですが(大汗)。

この2つのクレマチスも、買ったのは2015年の春。
そう、3年目ってもしかして危ないの~(^^;)/。

どうかどうか、新芽が出ますように!!!!!

ランキングに参加中です。
応援してくださる方は、このボタンをポチッと(^^)。
  ↓
にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ボジョレー育ては難しい?

リシマキアボジョレーが咲いてくれています。
(2018/6/7)
20180607 P07

5/6の咲き始めが、この状態。
長い期間咲いてくれる花ですね。
(2018/5/6)
20180506 P01

シレネとかの陰になって伸び悩んでたのですが、
シレネを切り戻した後、
ちょっと機嫌が良くなりました。
(2018/5/26)
20180526 P02

買ったのは2012年に一度だけで、
それも売れ残りかけて見切り価格だったのを、
一目惚れして連れ帰ったのでした(^^;)。

宿根草かな?と花後も花壇に放置したら、
夏にあっさり枯れたけど、
種をたくさん残してくれました。

こんなとんがり帽子の鞘に、
芥子粒みたいな細かい黒い種が多数。
(2014/7/27)
20140727 R11

せっかくだから翌年以降なんどか
種蒔きして育ててるけど、
大成功した試しがない(^^;)。

意外と発芽率が良くて
双葉はいっぱい出て、
苗はたくさん作れるんだけど、
なんとなく毎年、春までに脱落者が出たり、
定植後ちっとも大きくならなかったりして、
立派に咲くのは数株なのだ。
なかなかコツがつかめない(^^;)。

今年も一株だけ、
立派に咲いてくれました。
うん、やっぱりいい色。
種が採れたらまた挑戦しよう。
いつかは上手に育てられるかな?
(2018/5/26)
20180526 P03


挿し木で何年も更新している
ジャーマンダーセージ(Salvia chamaedryoides)。
(2018/5/29)
20180529 P04

私、ずっと
「チャメドリオイデス」って呼んでたんだけど、
学名見ると「チャマエドリオイデス」とか
「カマエドリオイデス」の方が適切みたい。

どちらにしても舌噛みそうなので、
今後は「ジャーマンだーセージ」で(^^;)。

花の青も、銀色がかった葉の色も、
綺麗なのでお気に入りです。
簡単に挿し木できるし、暑さ寒さに強い丈夫な子だけど、
だからと言って適当にほったらかしたり
日陰に置いたりしてるとほとんど咲いてくれない。
意外と、かまってちゃんなのかも(^^;)。


色づき始めのアジサイって好き。
(2018/6/5)
20180605 P06

背高ノッポのチコリ。
(2018/6/5)
20180605 P05

ルリタマアザミと
(2018/6/7)
20180607 P08

アガパンサスは開花までもう一息!
(2018/6/7)
20180607 P09


花の少ない6月ですが、
ポツリポツリと楽しんでます。

ランキングに参加中です。
応援してくださる方は、このボタンをポチッと(^^)。
  ↓
にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

6月の花、ストケシア。

6月です。
梅雨入りです。

5月がピークの私の庭では
ほとんど花がなくなってしまいましたが、
6月の花が、
約束を守るように咲いてくれました。

ストケシア。
(2018/6/9)
20180609 P03

(2018/6/9)
20180609 P06

濃い紫と
(2018/6/7)
20180607 P02

淡い紫、
(2018/6/9)
20180609 P07

そしてクリーム色の3色が
毎年この時期咲いてくれます。
(2018/6/9)
20180609 P04

花が少ないこの時期だけに、
この花が咲くのは、とてもありがたい。
(2018/6/9)
20180609 P05


クレマチスは篭口と
グレイブタイビューティーのコラボを見届けてから
どんどん剪定しています。
(2018/6/3)
20180603 P01

ラグラスとかオンファロデスとか
春の花もいろいろ片付けました。

なんだか明日は台風の影響で荒れるとの予報。
種採り待ちの植物や、
やっと蕾をつけた植物が倒れてしまわないように、
あわててあちこちに支柱を立てました。
風も雨も、あまり酷くならないといいなぁ。

ランキングに参加中です。
応援してくださる方は、このボタンをポチッと(^^)。
  ↓
にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

ファルコンの兄弟、銀太郎くん。

久しぶりの犬の話をします。

3年前に11歳で虹の橋を渡った相棒、
ベドリントンテリアのファルコン。

( ファルコンのお話は、こちらのリンクから。
    → ベドリントンテリアの、ファルコン。

先日、ファルコンと一緒に生まれた兄弟の飼い主さんと
Facebookで知り合いました。
しかもその子は14歳でまだ健在で、同じ東京都内に住んでると!

6/5に、その兄弟犬、銀太郎くんに会いに行きました。

銀太郎くん、14歳。
20180605銀太郎1

被毛は薄くなってるし目ももう見えないけど、
食欲は旺盛とのことで、ファルコンの若い頃と変わらぬ体重で
しっかりした体つきでした。
足どりも軽快で、部屋の中をたったかたったか歩き回って
なかなか写真が撮れなかった(^^;。
やっぱりしっかり食べることが健康の秘訣?
ファルは小食だったからなぁ。

ハイテンションでやんちゃだったファルコンとは違い、
なかなかマイペースでおっとりしてて、そこがまた可愛い。
同居の猫ちゃんたちともいい関係で、
これ、ファルコンが知ったらものすごく羨ましがるだろうなぁ。
ファルコンはとうとう最後まで猫に遊んでもらえなかったからね(^^;。

小食で痩せてたファルコンに比べるとしっかり肉付きがよいのですが、
背格好とか大きさとか歩き方がよく似ていて、
顔もあまり口角が上がっていないとことか似てるの。

被毛がもうかなり薄くなってるけど、
それがまた、雨で濡れた時のファルに似てて、
時々ドキッとしてしまいました。
きっと骨格が似てるんだろうな。
背中を家具に擦り付けてカキカキする仕草も
ファルコンとまったく同じ。
色々懐かしくて可愛くって大変でした(^^;。
20180605銀太郎2


実は、銀太郎くんとは初対面ではありません。
ファルコンをお迎えする少し前、
息子たちが幼すぎて犬を怖がるのでは?と、
まだ少し迷っていた時、ブリーダーさんが、
一足先に東京の家族に引き渡される銀太郎くんと
子供たちを会わせてくださったのです。
(関連記事 → ふにゃふにゃの子犬。
銀太郎くんの愛らしさに子供たちもメロメロ(^^)。
おかげで無事、ファルコンが我が家に来ることになったのです。

それと、ファルコン、子犬時代から
とにかく社交的で、特に子犬が大好きでした。
成犬になってからは少し気難しくなったものの、
子犬の頃のあの社交性はきっと、
兄弟といっぱい遊んだからじゃないかと思います。
銀太郎くんたちと仲良く遊んだ思い出を懐かしんで、
子犬を見ると勢い良く尻尾を振ったんじゃないかなぁ。

そんなこんなで銀太郎くんには、
感謝することがいっぱいあるのです。


お土産にmaryさんのお店から取り寄せた
クッキーの詰め合わせを持っていったのですが、
美味しそうに食べてくれましたよ。
ひとつだけ私の手からも食べてくれて、
なんだかとっても幸せでした。
20180605銀太郎3

最初はそっけなかった銀太郎くんでしたが、
だんだん慣れてきて、撫でながら話しかけると
ゆっくりパタパタとしっぽを振ってくれました。
う~、感激!

ファルも生きていたら、
こんな可愛いおじいちゃんになってたのかなぁ。
元気とはいえ高齢ですし、それなりにお世話や健康管理、
飼い主さんは大変だと思いますが、
どうか健康で長生きして欲しいです!

お忙しい中時間を作ってくださった飼い主さん、
出会うきっかけを作ってくださったブリーダーさん、
本当にありがとうございました☺️。

銀太郎くん、ありがとう。
元気で長生きしてね!

ランキングに参加中です。
応援してくださる方は、このボタンをポチッと(^^)。
  ↓
にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

寄せ植え、春から夏へ。

4月の終わりに木陰での隠居生活から
特等席の物置上に復帰したデイジーの寄せ植え。
(  → 寄せ植えたち、その後。(2018/4/29) )

その時玄関にいたビオラの寄せ植えを
5月の連休に片付けたので、
その後しばらく再びの
玄関勤務となりました。

しかし5月も下旬になると、
クモマグサは花が終わり、
暑さでデイジーも苦しそう。
(2018/5/27)
20180527 P03

そろそろ玄関は夏の寄せ植えに交代し、
物置上にと戻ってきました。
長い間、お疲れ様〜。
(2018/5/29)
20180529 P04


そしてその、夏の寄せ植え。

メインは5月に買ったペチュニア。
品種名は「クレイジーチュニア クラウドNo.9」。
黄色っぽい放射状のラインが入るのが
涼しげですね~。
(2018/5/29)
20180529 P06

毎年、こういうブランドもののペチュニアは、
気づいた時には素敵な色のは売り切れてたり
買い損ねていたのですが、
今年はいい出会いがあって良かった(^^)。

ブランドもの、と言っても、
これはまだ手の出る価格で、
もっとすごくお高くて、かっこいいのもありました。
買えないけど(^^;)。

パンジー、ビオラもそうですが、
最近の品種改良は素晴らしいですね。
生産者さん、ありがとうです。

この爽やかな色合いを活かせるように、
涼しげな色のアンゲロニア、青いのと白いの。
そして、アメリカンブルーをあわせました。
雑草化している、シルバーフォールズも、
庭の隅っこから掘り出して差し込んでおきました(^^;)。
(2018/5/6)
20180506 P01

5月末の写真では、ペチュニアがこんもりして、
シルバーフォールズもいい感じに垂れ下がりましたよ。
(2018/5/29)
20180529 P05

なかなか涼しげにできたのではと、
気に入っております(^^)。
(2018/5/6)
20180506 P02

ランキングに参加中です。
応援してくださる方は、このボタンをポチッと(^^)。
  ↓
にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
このページのトップへ