FC2ブログ

花咲かぺんぎん

~ お花 時々 いきもの ~ 八王子の片隅で、ゆるーい感じのぺんぎんが、                                                                          小さな庭を、毎日毎日、ぼぉーっと眺めて暮らしていましたとさ。。。

秋の青い花、白い花。

秋に咲く、大好きな青い花、
トウテイラン。
(2019/9/29)
20190929 P03

漢字で書くと「洞庭藍」。
中国に、洞庭湖という美しい湖があり、
そこから来た名前だそうだ。

睡蓮鉢をバックに、
一緒に咲いているのはカラミンサと
桜色のバーベナ・リギダ・ポラリスです。
(2019/9/22)
20190922 P01


秋に咲く、大好きな白い花、
ユーパトリウム・チョコラータ。
(2019/9/29)
20190929 P04

普段は目立たないのに、
秋になると見事に変身。
葉や茎の色合いも素敵です。
(2019/9/29)
20190929 P02


そして、真夏と真冬以外いつも咲いてる?
白と青のアンチューサ。
(2019/9/29)
20190929 P05

最初、いただきものの種から育てて、
こぼれ種で庭に常駐してます。
シノグロッサムにもそっくりだけど、
検索してもあちこちで「そっくり」と
書いてあるので、識別諦めました(^^;)。

名前はどうあれ、可愛くて丈夫でいい子です。
(2019/9/29)
20190929 P06

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



切ったり、まとめたり。

ジメジメした天気が続き、
ついつい庭仕事もさぼりがちですが、
油断すると庭はじわじわ
ジャングルと化していきます。

ルピナスの夏越しチャレンジのため、
覆いかぶさるカラミンサ(手前)を切り戻し、
チョコレートコスモスは
3本の支柱で囲んで倒れにくくしました。
(2019/7/9)
20190709 P06


ルリタマアザミとユーパトリウムにも支柱。
(2019/7/9)
20190709 P07

ユーパトリウムの陰で、
デルフィニウムも新芽を出していました。
梅雨寒で涼しいので今のところ元気ですが、
夏越しは無理だろなぁ。
(2019/7/9)
20190709 P05


その足元にはちっちゃな芽。
多分アンチューサ。
(2019/7/9)
20190709 P08

庭のあちこちで芽を出していて、
きっとまた秋から咲いてくれるんだろうな。


インパチエンスの花がら摘みをしてたら、
パチンと妙な音がしました。

ん?
(2019/7/4)
20190704 P02

これか?
(2019/7/4)
20190704 P03

芋虫みたいだけど、
どうやら種の鞘です。

なるほど、インパチェンスは別名アフリカホウセンカ。
種は同じように弾けるんですね。


ルリタマアザミに青い色がさし、
(2019/7/19)
20190719 P01

デンドロビウムはトロピカルな花をつけました。
(2019/7/19)
20190719 P09

まだまだ雨と曇り優位ですが、
時々青空や日差しと、
日本の7月らしい蒸し暑さを感じます。

いよいよ、夏、来るのか?

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

5月に咲いてた、花たち(その2)。

先日、自分のブログにコメント入れようとしたら、
「不正な投稿と判断」されて投稿できなかった。

色々試したりネット検索したら、
どうやらNGワードが引っ掛かったらしい(^^;)。

夜盗虫に関しての文で、
「薬に頼る」がいかんのかと思ったら、
「捕殺」の方がNGだったらしく、
言葉を変えたらすんなり投稿できました。
物騒な言葉は使ったらあかんのね(^^;)


と、話が逸れましたが、前回の続き。
5月の庭風景はこんな感じ。
(2019/5/19)
1 20190519 P12

こぼれ種の花と宿根草がごちゃっと。
野原のように咲いてました。


白のオルレア、赤のシレネ・ガリカは前回紹介ずみ。

手前でぼんやり青いのはアンチューサ。
あちこちに生えてくる。
なんだか年中咲いている。
青い(白花もあるが)働き者です。
(2019/5/30)
2 20190530 P37


さっきの写真の奥ですらりとした紫のは、
宿根リナリア。
(2019/5/24)
3 20190524 P23

全部枯れたと思ってたら、こぼれて出てきたのを
大事に育てました。

ほんとは桜色のが好きなので、
色はちょっとがっかりしたんだけど、

こんな花芽を見せられたら、
もー、萌え萌えで、
(2019/5/18)
4 20190518 P07

ストーカーのように、何枚も写真を撮りました。
(2019/5/24)
5 20190524 P13

華奢で頼りない姿ですが、
主役不在かと思われた今年の庭で
立派に主役級の仕事をしましたね。
(2019/5/24)
6 20190524 P22


こちらも主役クラスの貫禄、ジギタリス。
(2019/5/24)
7 20190524 P21

種から育てて2シーズン目でようやくの開花です。
雨上がり、ちょっと艶っぽい。
(2019/5/29)
8 20190529 P25


今年は花が少ないか?と言っていた
アルペンブルーも、最盛期には結構咲きました。
(2019/5/28)
10 20190528 P24

(2019/5/29)
11 20190529 P34


ベロニカ・ブルーカーペット
(2019/5/24)
12 20190524 P17


オリーブ
(2019/5/29)
13 20190529 P31


セダム・笹姫
(2019/5/29)
14 20190529 P33


ペンステモン・ハスカーレッド
(2019/5/30)
15 20190530 P40

(2019/6/2)
16 20190602 P41


。。が咲いてるうちに6月に突入!

今年の梅雨、お手柔らかに。

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

チビ花、春花。

小さな花たちが
春を寿ぐように咲いています。

寒いうちからちらほら咲いてた
ベロニカ・オックスフォードブルー。
春を迎えて一面に咲き誇っています。
(2019/3/21)
20190321 P13


イオノプシデュウムは、常に上向き。
(2019/3/14)
20190314 P03

(2019/3/16)
20190316 P09

(2019/3/24)
20190324 P22


雪柳のしなやかな枝も、
(2019/3/16)
20190316 P10

やがて満開。
(2019/3/24)
20190324 P21


すみれたちも今が盛り。
スイートバイオレット
(2019/3/16)
20190316 P08

ラブラドリカ
(2019/3/21)
20190321 P14


冬を越したアンチューサ。
さっそく青い花をあちこちで。
(2019/3/21)
20190321 P12



チビ花だけでなく、
チビ葉っぱにもワクワクします。

赤、白、黄色の3株のエキナセア、
左奥は赤い葉なので目立たないけど
いっぱいいい芽が出てますよ。
(2019/3/14)
20190316 P05

クリーピングタイム。
(2019/3/16)
20190316 P07

カラミンサ。
(2019/3/16)
20190316 P06


他にも、枯れたかと思っていた
チョコレートコスモスや
ユーパトリウムなどに続々と芽が。

ちまちま、ちびちび。
でも、ワクワク。

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

ほったらかしの庭。

やれやれ。
ようやく9月になりました。
(2018/9/1)
20180901 P09

毎度のことながら、
あまりの暑さに、
庭はほったらかし。
暑さは苦手、
だってぺんぎんですもの(^^;)。



こちら、6月にみつけた、
アンチューサや紫蘇やカレンデュラの
こぼれ種の芽。
(2018/6/16)
20180616 P01

みてみぬふりだったこぼれ種っこたちは、
いつの間にかすくすく育ち、
(2018/7/16)
20180716 P02

(2018/7/31)
20180731 P03

気がつけば、庭は一面の緑。
(2018/8/25)
20180825 P07

これぞ、ほったらかしの庭!


カレンデュラはさすがに枯れたのか
生存確認できてないのですが、
アンチューサはあちこちで
花を咲かせています。
春に咲いて、種をこぼし、
次世代が秋にも咲くとは
なんというたくましさ!
(2018/8/17)
20180817 P06

(2018/9/1)
20180901 P08


こんなに食べきれるわけもない紫蘇や
(2018/8/11)
20180811 P04

バジル、セージなどのハーブ。
(2018/8/11)
20180811 P05

お花たちより暑さに強いので
リーフ要員として重宝しています。
そして時々食べてます(^^)。


たくましい植物たちに助けられ、
今年もなんとか夏を乗り切れそうです。

ここまでたくましくない植物は
あちこちでちらほら消滅(^^;)。
そろそろちゃんとメンテナンスしなきゃ。
猛暑がおさまったらね~

ランキングに参加中です。
応援してくださる方は、このボタンをポチッと(^^)。
  ↓
にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
このページのトップへ