FC2ブログ

花咲かぺんぎん

~ お花 時々 いきもの ~ 八王子の片隅で、ゆるーい感じのぺんぎんが、                                                                          小さな庭を、毎日毎日、ぼぉーっと眺めて暮らしていましたとさ。。。

種まき苗の成長。

11月に植え付けた種まき苗。
のんびりですが、成長してます。


毎度、一番成長が早いのは、カレンデュラ。
手前のチビ苗はラークスパー(千鳥草)。
(2019/12/1)
1 20191201 P04

ラークスパーは2株だけで、
その手前、写真中央と手前はフロックス。
写真の右はリクニス フロスククリかな?
(2019/12/5)
2 20191205 P07

植木鉢のかけらが置いてあるのは、
猫のいたずらよけです。

植物が茂ってる時は大丈夫だけど、
裸地になると猫が悪さするんです。
数日前、この辺りに不自然に穴が掘られてたんですよね(>_<)。
まだ苗が小さいから、裸地に見えたのかもしれません。

猫は可愛くて好きだけど、
いたずらはやめておくれ(^^;)。


カレンデュラの次に元気なのはリムナンテス。
たくさん苗が取れたので、
庭のあちこちに植えています。
目玉焼きの花が春にはたくさん見られそう。
(2019/12/5)
3 20191205 P12

こちらでは、リムナンテスと
青紫色の這性のルピナス、ブルーボンネット。
うまく咲く時期が合うといいなぁ。
(2019/12/1)
4 20191201 P03

こちらはリムナンテス(左)と、
よく似ているけど右はギリアです。
(2019/12/5)
5 20191205 P08

ギリア(手前二つ)は、今年の発芽時に
リナム (宿根亜麻)(奥の4つ)に
よく似た姿で紛れてたのに、
今では全然似ていない。
というか、リナム 成長遅っ!頑張れ!
(2019/12/1)
6 20191201 P05


毎回苦戦するリシマキアボジョレー。
(2019/12/5)
7 20191205 P13

発芽率はいいのに、なかなか立派に育たない。
今年は、極力根を切らないよう心がけたら、
ちょっと成績がいいような気がします。
(2019/12/1)
8 20191201 P06

奥にびっしり出てる双葉は、
イオノプシデュウムだと思うのだが、
ただの雑草かもしれない(^^;)。


ほったらかしコーナーは、
こぼれ種のオルレア とセリンセ とアンチューサ。
(2019/12/5)
9 20191205 P09


はにわ君の前には、多分この春には咲きそうにない
2カ年計画のピンクのラッセルルピナスと、
その周りはこぼれ種で生えたのを集めた
オンファロデス。
(2019/12/5)
10 20191205 P10


今のところ、まだひどくは寒くないけど、
あっという間に冬になるんだろうな。
霜除けの不織布も、いつでも出せるようにしておこう。



まだ蕾がたくさんあるので、
片付ける決心がつかない
チョコレートコスモス。
強い霜が降りるまで、
もう少しだけ、愛でていようか。
(2019/12/5)
11 20191205 P14

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



久々の、種蒔き記録。

去年はサボった種蒔き。
今年は重い腰を上げました。

こぼれ種だけでも、
なんとか埋まちゃう小さな庭なので
サボっても大丈夫なんですよ。

そう、種蒔きはめんどくさい。
でも、種蒔きは楽しい。

蒔いちゃえば、
日々育つチビ苗たちは、
か弱く、愛らしく、
世話してくれろと訴えるもので、
後には引けない。

えい、蒔いちゃえ!
9月16日、種蒔きを決行しました。

問題なく発芽しそうな種は
扱い慣れた柔らかい緑のセルトレー。
古くて駄目元、な種はいろいろと、
数を稼げる黒のプラグトレーに蒔きました。
(2019/9/16)
1 20190917 P01


9月29日
ルピナス・ブルーボンネット(ブルー)と
ルピナス・ラッセル(ピンク)に可愛い双葉。
リムナンテス は出ないなぁ。
(2019/9/29)
2 20190929 P03

左2列はカレンデュラ・タッチオブレッドバフ
他も4列目以外は順調に発芽。
(2019/9/29)
3 20190929 P05

駄目元組も、
リシマキア・ボジョレーなどが発芽しました。
(2019/9/29)
4 20190929 P04


10月6日
カレンデュラと
(2019/10/6)
5 20191006 P08

ルピナスはポット上げ。

ちなみに、この不恰好なラベルはですね、
牛乳パックを細く切っただけのものです(^^;)。
(2019/10/6)
6 20191006 P14

失敗したと思ったリムナンテス は、
今頃次々に発芽し始めました。
(2019/10/6)
7 20191006 P09


10月13日
左端がリクニス・フロスククリ
一列とばして次がフロックス、ゲウムクッキー
一番右はギリアを蒔いたはずなのですが、
本葉が出たらどうみても宿根アマでした。
さて、発芽しなかった一列がギリアだったのか?
どこで間違った(^^;)???。
(2019/10/13)
8 20191013 P18


10月26日
ポット上げ済みはカレンデュラと
(2019/10/26)
9 20191026 P20

ルピナスたち、リムナンテス 、右端はフロックスを少し。
(2019/10/26)
10 20191026 P23

間引き損ねて混み混みのリクニスは
この後ばらけさせつつポットに移植。
やっぱりギリアとリナム(宿根アマ)のラベルが逆ですねぇ、
おかしいなあ(^^;)。
(2019/10/26)
11 20191026 P27

黒トレーで元気なのは、リシマキアボジョレー。
他は宿根リナリアと、
遅くに芽生えたラクスパーがちょびっとだけ。
そろそろ全部ポットに上げないといけませんね。
(2019/10/26)
12 20191026 P26


台風(10/12)の時は玄関に入れて無事でしたが、
翌日の30℃近い高温でちょっとダメージあり。
今年は変な天候が続きますねぇ。
夏から急に冬が来る感じ?
本格的な寒さが来る前にしっかり育てねば!

今日はまた雨でしたが、明日からは晴れるそうです。
ちょっとは作業が進むかな?

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

種が先か、梅雨が先か?

今年も梅雨が、
ひたひたと近づいています。

種を採ってから片付けようと、
抜かずにいる植物たちがあるんだけど、
なかなか種が熟さずに
その間に梅雨が来そうで
ちょっとやきもきしています(^^;)。


カレンデュラは気温が高くなってから、
一気に受粉率が上がった気がします。
春先に実った小さい種は収穫したんだけど、
(2018/5/31)
20180531 P06カレンデュラ

立派な種も欲しくて熟成待ち中。
雨続きで傷む前に収穫できるか?
(2018/5/27)
20180527 P02カレンデュラ


アンチューサも、種らしいモケモケしたのが
たくさん付いてるんだけど、
なかなか熟しませんねぇ。
(2018/5/27)
20180527 P03アンチューサ


たくさん種を持ってるので
収穫する気はないんだけど、
オンファロデスはこれでもかというくらい
ユニークな形の種をつけています(^^)。
片付ける前にばらまいて、こぼれ種が出るのを期待。
(2018/5/29)
20180529 P04オンファロデス


こちらはブルーのフロックス。
成長の遅れていた株が今咲いてますが、
種も同時に熟し中。
(2018/5/27)
20180527 P01フロックス

こちらが先に咲いた株から採った種。
丸い鞘に数個の種が入っています。
これで来シーズンも種蒔きチャレンジできそう(^^)。
(2018/5/31)
20180531 P05フロックス


パックンフラワーみたいな鞘はネモフィラ。
(2018/5/31)
20180531 P08ネモフィラ


こちらはリムナンテス。
(2018/5/31)
20180531 P07リムナンテス


1シーズンでさよならの一年草が残していくのは、
種蒔きの楽しみという置き土産ですね(^^)。

ランキングに参加中です。
応援してくださる方は、このボタンをポチッと(^^)。
  ↓
にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

今年の、種蒔きっ子たち。

やばいです。
こうしてブログを連投してるのに、
庭の花に追いつけません!!

個人的庭記録も兼ねているこのブログ。
植え替え記録やら、
冬から用意してたのに載せてない記事やら、
本当はいろいろ書いておきたいのに、
載せられずにボツになるかも(^^;)。

とにかくどんどん書いていきます(^^;)。

今シーズンは久々に、
たくさん種を蒔きました。

秋の種蒔きシーズンに、
失業中で暇だったのよね(^^;)。

おかげでこの春は、
種蒔きっ子たちで賑やかです。

先日記事にしたラグラス(右端のふわふわしたの)も
種蒔きっ子。
(2018/4/24)
20180424 P18 1

それから、目玉焼きフラワーの
リムナンテスもご紹介済み。
(2018/4/21)
20180421 P12-2

一緒に咲いている白い花はオンファロデス。
(2018/4/24)
20180424 P19オンファロ 3

白くて可憐。どんな色とも調和します。
(2018/4/22)
20180422 P16オンファロ4

一緒に写ってるちょっと毛深い葉っぱは、
一緒に蒔いた赤いシレネ・ガリカ。
コラボ予定でしたが、まだつぼみをつけません(^^;)。
シレネ~!
急がないとオンファロが咲き終わっちゃうよ。

白どうしでジャーマンカモマイルとも、
(2018/4/24)
20180424 P20オンファロ5

オレンジのカレンデュラとも
オンファロはよく合います。
(2018/4/24)
20180424 P22 6

このカレンデュラも種蒔きっ子。
(2018/4/19)
20180419 P09カレンデュラ 71

品種はタッチオブレッドバフ。
大変元気で働き者(^^)。
(2018/4/17)
20180417 P07 72

青紫のこの花は、
お友達のfioccoさんにいただいた、
青いフロックス。
(2018/4/14)
20180414 P06フロックス8

かわいいよ~。
株が太らずに心配したけど、
花はいっぱい咲きました。
fioccoさんありがとう!!
(2018/4/21)
20180421 P13フロックス9

同じくfioccoさんに種をいただいた、
セリンセも元気。
(2018/4/12)
20180412 P02セリンセ10

まだ咲いてないけど、
シレネガリカとアンチューサも、
fioccoさんからの頂き物。
元気に育ってますよ~!
咲いたらまた、アップしますね!

こぼれ種のニゲラは、今年の寒波でうまく育たず、
今年はちょっぴりしか咲きそうにありませんが、
同じくこぼれ種のオルレアがもうすぐ咲くし、
種蒔きっ子リナムはのんびり成長中。

種蒔きっ子のジギタリスと
リシマキアボジョレーもいるんですけど、
予想外に大きく育ったシレネとオンファロデスの
影になってしまって、ちょっと苦戦中、がんばれ(^^;)。



ワサワサな花盛りコーナーと、
(2018/4/22)
20180422 P03 11

いろんな蕾が待機中のくるみの小径沿いコーナー(^^)。
(2018/4/22)
20180422 P05 12

まだまだ楽しみは続きます。

ランキングに参加中です。
応援してくださる方は、このボタンをポチッと(^^)。
  ↓
にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

植物たち、暴れる。

暴れん坊、その1、ラグラス。

美しいふわふわ、ラグラス。
(2018/4/21)
20180421 P10

わかってはいたのよ。
種から育てて地植えにすると、
ラグラスってものすごく茂る。
(2018/4/17)
20180417 P02

2株もあれば、ドライフラワー用には十分。
なのに、苗、4つ植えちゃった。

植えた時はちいちゃくて可愛かったからねぇ。
( → 植えるぞ!種蒔き苗。

あぁ、ラグラスの壁ができてる。。。
(2018/4/17)
20180417 P04

特にここ、せっかく綺麗に咲いたフロックスや
リムナンテスに、お日様が当たらない(>_<)。
(2018/4/19)
20180419 P05

思い切って、早めに穂を収穫して、
この一株は抜いてしまいました。

空いた場所に、鉢植えのピンクの金魚草を。
これで手前の花にも陽が当たるし、
何よりすっきりしました。
(2018/4/19)
20180419 P06

もったいないけど引き算も大切ですね、
(2018/4/21)
20180421 P09



暴れん坊、その2、テタテート。

花が終わった後の、
スイセン・テタテートの葉っぱも暴れてます。

切っちゃうと、来年の球根が育たないし、
このままだと隣のハウエラに陽が当たらない。

しばっちゃいました(^^;)。
(2018/4/15)
20180415 P01

サフラン、リコリス、
スイセン、ムスカリ、クロッカス etc.
球根好きの庭は花の後の季節、
ちょっとむさ苦しい(^^;)。



暴れん坊、その3、クレマチス。

どんどん蔓を伸ばすクレマチスたち。
(2018/4/19)
20180419 P07

ちょっと目を離すとすぐ、
お日様求めて上へ上へと伸びて、
フェンスの上の方で折り重なってしまうので、
せっせと水平方向に誘引しております。
(2018/4/19)
20180419 P08

いつ果てるとも知れない戦い。
と、思いきや、ここ数日
少し大人しくなった。

花芽がついたんですね。
(2018/4/21)
20180421 P11

花を咲かせるため、お日様が欲しかった蔓。
たくさんの花を見たいため、せっせと誘引する私。

win-winな戦いだったのかな(^^)。

ランキングに参加中です。
応援してくださる方は、このボタンをポチッと(^^)。
  ↓
にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
このページのトップへ