FC2ブログ

花咲かぺんぎん

~ お花 時々 いきもの ~ 八王子の片隅で、ゆるーい感じのぺんぎんが、                                                                          小さな庭を、毎日毎日、ぼぉーっと眺めて暮らしていましたとさ。。。

ファルコンの兄弟、銀太郎くん。

久しぶりの犬の話をします。

3年前に11歳で虹の橋を渡った相棒、
ベドリントンテリアのファルコン。

( ファルコンのお話は、こちらのリンクから。
    → ベドリントンテリアの、ファルコン。

先日、ファルコンと一緒に生まれた兄弟の飼い主さんと
Facebookで知り合いました。
しかもその子は14歳でまだ健在で、同じ東京都内に住んでると!

6/5に、その兄弟犬、銀太郎くんに会いに行きました。

銀太郎くん、14歳。
20180605銀太郎1

被毛は薄くなってるし目ももう見えないけど、
食欲は旺盛とのことで、ファルコンの若い頃と変わらぬ体重で
しっかりした体つきでした。
足どりも軽快で、部屋の中をたったかたったか歩き回って
なかなか写真が撮れなかった(^^;。
やっぱりしっかり食べることが健康の秘訣?
ファルは小食だったからなぁ。

ハイテンションでやんちゃだったファルコンとは違い、
なかなかマイペースでおっとりしてて、そこがまた可愛い。
同居の猫ちゃんたちともいい関係で、
これ、ファルコンが知ったらものすごく羨ましがるだろうなぁ。
ファルコンはとうとう最後まで猫に遊んでもらえなかったからね(^^;。

小食で痩せてたファルコンに比べるとしっかり肉付きがよいのですが、
背格好とか大きさとか歩き方がよく似ていて、
顔もあまり口角が上がっていないとことか似てるの。

被毛がもうかなり薄くなってるけど、
それがまた、雨で濡れた時のファルに似てて、
時々ドキッとしてしまいました。
きっと骨格が似てるんだろうな。
背中を家具に擦り付けてカキカキする仕草も
ファルコンとまったく同じ。
色々懐かしくて可愛くって大変でした(^^;。
20180605銀太郎2


実は、銀太郎くんとは初対面ではありません。
ファルコンをお迎えする少し前、
息子たちが幼すぎて犬を怖がるのでは?と、
まだ少し迷っていた時、ブリーダーさんが、
一足先に東京の家族に引き渡される銀太郎くんと
子供たちを会わせてくださったのです。
(関連記事 → ふにゃふにゃの子犬。
銀太郎くんの愛らしさに子供たちもメロメロ(^^)。
おかげで無事、ファルコンが我が家に来ることになったのです。

それと、ファルコン、子犬時代から
とにかく社交的で、特に子犬が大好きでした。
成犬になってからは少し気難しくなったものの、
子犬の頃のあの社交性はきっと、
兄弟といっぱい遊んだからじゃないかと思います。
銀太郎くんたちと仲良く遊んだ思い出を懐かしんで、
子犬を見ると勢い良く尻尾を振ったんじゃないかなぁ。

そんなこんなで銀太郎くんには、
感謝することがいっぱいあるのです。


お土産にmaryさんのお店から取り寄せた
クッキーの詰め合わせを持っていったのですが、
美味しそうに食べてくれましたよ。
ひとつだけ私の手からも食べてくれて、
なんだかとっても幸せでした。
20180605銀太郎3

最初はそっけなかった銀太郎くんでしたが、
だんだん慣れてきて、撫でながら話しかけると
ゆっくりパタパタとしっぽを振ってくれました。
う~、感激!

ファルも生きていたら、
こんな可愛いおじいちゃんになってたのかなぁ。
元気とはいえ高齢ですし、それなりにお世話や健康管理、
飼い主さんは大変だと思いますが、
どうか健康で長生きして欲しいです!

お忙しい中時間を作ってくださった飼い主さん、
出会うきっかけを作ってくださったブリーダーさん、
本当にありがとうございました☺️。

銀太郎くん、ありがとう。
元気で長生きしてね!

ランキングに参加中です。
応援してくださる方は、このボタンをポチッと(^^)。
  ↓
にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



このページのトップへ