花咲かぺんぎん

~ お花 時々 いきもの ~ 八王子の片隅で、ゆるーい感じのぺんぎんが、                                                                          小さな庭を、毎日毎日、ぼぉーっと眺めて暮らしていましたとさ。。。

ハナミズキ、2016。

固く結んだ赤が ほころび始める4月
今年も ハナミズキの季節が始まります。
(2016/4/10)
1-20160410 P01ハナミズキ

赤い霞が かかったようで
それは 祭りの予感のようで。
(2016/4/12)
2-20160412 P02ハナミズキ

閉じ込められていた 命が
弾けて ふくらんで ひろがる。
(2016/4/16)
3-20160416 P09ハナミズキ

笑って 愛を振りまいて
忘れないでね と ささやいて
そして さよならも言わず 散っていく。
(2016/4/18)
4-20160418 P24ハナミズキ

4月は ハナミズキの季節。
(2016/4/20)
5-20160420 P26ハナミズキ



今年のハナミズキは、大変良い花付きで、
毎日惚れ惚れと眺め、
呆れるほど写真を撮りました。

見上げてみたり、
(2016/4/16)
6-20160416 P04ハナミズキ

二階から望遠で狙ったり。
(2016/4/16)
7-20160416 P11ハナミズキ

花越しの庭も春。
(2016/4/16)
8-20160416 P10ハナミズキ

そしてほら、もう、この花の数たるや!
(2016/4/22)
9-20160422 P27ハナミズキ

こんなにも良く咲いたのは、
あの子がかけた魔法でしょうか?
なんて、思うのです。
たぶん、ハナミズキが咲くたびに、
私はあの子のことを思い出すのだろうな。
(2016/4/16)
10-20160416 P17ハナミズキ

すでに散り始めたハナミズキ。
散り始める頃、この花は、
少し優しい色になる。
(2016/4/18)
11-20160418 P22ハナミズキ

今年の春は、せっかちで駆け足。
また逢おうね、
次の春に。
(2016/4/16)
12-20160416 P12ハナミズキ

( 関連記事 → ハナミズキ、2014。

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

樹々に、萌え萌え。

今年も、ハナミズキの季節が巡ってきました。

朝日に輝く、力強い芽吹き。(4/12)
150412ハナミズキ1

小さな花芽が、少しずつ解ける。(4/12)
150412ハナミズキ2

やはり、青空だけを見上げて、(4/16)
150416ハナミズキ1

まだまだ広がっていく。(4/18)
150418ハナミズキ1

今年もたくさんの蕾をつけました。
満開まで、あと少しです。(4/18)
 ( 昨年のハナミズキ →  )
150418ハナミズキ2


4月初旬に満開になり、
もう散ってしまったユキヤナギ。(4/2)
 ( 昨年のユキヤナギ →  )
r150412ユキヤナギ3


花が咲き始めたブルーベリー。
150418ブルーベリー3


冬の眠りから目を覚ます、樹々の輝きには、
この季節ならではの、力強さを感じます。

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

はじめての紫陽花。

紫陽花は、かなり好きな花だ。

梅雨の始め、街のあちこちで、
つぼみが色付き始めるのを見ると、ワクワクする。

雨の中、しっとり濡れているのもいい。

でもなぜか、今まで、
うちには紫陽花が無かった。



樹を植えるのは、覚悟がいる。
長ーく世話する覚悟。
広ーい場所をとる覚悟。

そして、紫陽花ときたら、
品種が多すぎる!
そして、どれもが可愛い。

小さな庭の、優遊不断な庭主は、
迷って迷ってずっと、
紫陽花をお迎えできなかったのですよ(^_^;)。



小さな庭には、何本も植えられない。
だから、品種選びには慎重になる。
衝動買いは禁物なのだ!

昨年、紫陽花の季節の終わり頃、
花屋さんで見かけた「マジカルアメジスト」。
一目惚れしたけど、決心がつかなかった。
そして帰宅してから、この品種は、
ドライにすると素敵な秋色になると知った。。。


うぉぉっ! なぜ、連れて帰らなかったのだぁーーー!

激しく後悔した(;_;)。


今年、またあの子に会えないかと、
花屋をうろうろ。

マジカルシリーズは無かったけど、
心惹かれる一鉢があった。

小さな八重咲き、すっきりしたブルー。
140509アジサイ1

近くにあった「てまりてまり」も可愛いけど、
この日は、淡い色の「てまりてまり」より、
このブルーに心惹かれた。

品種は「ユーミートゥギャザー」。
花との出会いは一期一会。
無事に、私のはじめての紫陽花、お持ち帰りです。
140514アジサイ3

植える場所で悩んでいたけれど、
小さいので、鉢植え管理でしばらく楽しむつもりです。


最初は淡い色でしたが、
140505アジサイ1

お迎えして10日ほどで、かなり青くなりました。
140514アジサイ1


調べてわかったのですが、花の色は、土のphで、
赤にも青にもなるそうです。
私は、ブルーが好きなので、
鹿沼土でもつっこんで、酸性にするつもりです。

鉢植えにする、と、決心したら、
何鉢でも、置けそうな気がしてきました。
我が家の紫陽花が、どんどん増殖していったら、
どうか笑ってやって下さい(^_^;)。
140514アジサイ2



にほんブログ村のランキングに参加中♪
こちらをクリックして、
応援していただけると嬉しいです(^_^)。
   ↓       
にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

ハナミズキ、2014。

一青窈の「ハナミズキ」。
彼女の意味深な歌詞は、
誰しもに、これは私の歌と、
思い込ませる甘い毒をもっている。
140419ハナミズキ1

ただ、この春、
咲き始めた庭のハナミズキを見たとき、
冒頭の「空を押し上げて」というフレーズが、
すとんと、私の心に落ちた。

たしかにこの花は、
空を押し上げるように、
咲く。
140419ハナミズキ2



堅い蕾がほぐれて、
140412ハナミズキ3

最初は力強い赤。
140415ハナミズキ4

そしてやがて、
ほどけて広がり、
少し優しい色になる。
140426ハナミズキ5



今年の我が家のハナミズキは、
過去最高の花付きでした。
140422ハナミズキ6

種から育って14年。
140419ハナミズキ7

ずっと一緒に過ごした家族のような樹。
140426ハナミズキ8

上だけを見て咲く、この花のように、
うつむかないで歩いて行こう。
140419ハナミズキ9

そして私も、
誰にも気付いてもらえなくとも、
大切なものたちを守れるような、
強い心を、持てますように。
140422ハナミズキ10

( 関連記事→ 親子のハナミズキ )



にほんブログ村のランキングに参加中♪
こちらをクリックして、
応援していただけると嬉しいです(^_^)。
   ↓       
にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ベドリントンテリアへ
にほんブログ村

ユキヤナギと、ささやかな思い出。

昔、叔母の家の庭に、
白い花の咲く樹が植えられていました。

おばあちゃんはコデマリだって、言ってたけど、
大人になって同じ花を買ったら、
それは、ユキヤナギでした。
140408ユキヤナギ2

おばあちゃんが名前を間違ってたのか、
私の記憶が間違ってたのか、
今となってはわからないけど、
おばあちゃんが、
その花が大好きだと言ってたのは、
よく覚えている。

私もね、
この花が大好き。
140328ユキヤナギ1




おばあちゃんとの思い出の、
ヒメスミレも今、咲いています。
140402ヒメスミレ1

もっといっぱい増やしたいけど、
地植えだとなぜかすぐ、消えてしまいます。
実家とは環境が違うのかしら?
( → ヒメスミレの約束 )




ハナミズキの蕾も、ふくらんできました。
去年は少ししか咲かなかったのですが、
今年はものすごく、蕾がついているのです。
140408ハナミズキ1

この樹も、私にとっては、大切な樹。
この家とともに成長して、
現在の家族との、思い出がつまっています。

もうすぐ、もうすぐ、花盛り。
( → 親子のハナミズキ )
140408ハナミズキ3



にほんブログ村のランキングに参加中♪
お気に召しましたら、クリックで応援お願いします(^_^)。
     ↓       
にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ベドリントンテリアへ
にほんブログ村
このページのトップへ