FC2ブログ

花咲かぺんぎん

~ お花 時々 いきもの ~ 八王子の片隅で、ゆるーい感じのぺんぎんが、                                                                          小さな庭を、毎日毎日、ぼぉーっと眺めて暮らしていましたとさ。。。

野の花だより、2020(その2)。

花散歩、兼、写真修行 3/17 〜3/26 。
写真多め(40枚)、ご容赦下さい(^^;)。


3月17日(火)
今日も気温は低め。
カタクリはまだ蕾。春はまだかな?
(2020/3/17)
20200317 P01


陽は出ているけど、寒くてアズマイチゲは俯きがち。
(2020/3/17)
20200317 P02

日当たりの良い斜面でだけ上を向いていたので、
望遠レンズに付け替えて、頑張ってみました(^^;)。
(2020/3/17)
20200317 P03

(2020/3/17)
20200317 P04



3月19日(木)

晴れました! そしてポカポカ陽気。
こうして平日に出歩けるのもパートの特権?
働いている皆様、ごめんなさい(>_<)。
(2020/3/19)
20200319 P05

アズマイチゲの群落。
(2020/3/19)
20200319 P06

(2020/3/19)
20200319 P13

(2020/3/19)
20200319 P09

白い妖精が遊んでいるみたい。
(2020/3/19)
20200319 P07

しべがなんとも美しい。
(2020/3/19)
20200319 P08

(2020/3/19)
20200319 P10


そして、今年最初のカタクリが咲いていました。
端から端まで探して、まだ3輪。
これからどんどん咲くとわかっていても、
初物は尊い。
(2020/3/19)
20200319 P11

カタクリをどーこだ?(右の樹の根元ですよ)
(2020/3/19)
20200319 P12


そして、アマナ。
今年も会えたね(^^)。
(2020/3/19)
20200319 P14



3月21日(日)
実は、この前日も来たのですが、
カメラにSDカードを入れ忘れ、
お散歩だけして帰りました(^^;)。

カタクリは少しずつ増えて、
イチリンソウが一輪(あ、写真失敗)。
(2020/3/21)
20200321 P19

いつも会うカメラマンさんに、
花の名前を聞かれ、
イチリンソウかニリンソウかを
やはり一瞬迷ってしまった(^^;)。
いつもイチリンソウの方が後に咲くのに
どうしてこんなに早い?
ちなみに、ニリンソウはまだ葉っぱばかりです。


その他、
カキドオシ。
庭にいっぱいあるグレコマの原種らしいが、
葉に斑がないだけで、誰かわからなかったよ(^^;)。
(2020/3/21)
20200321 P15


アマナも増えてきました。
素朴だけど美しい花です。
(2020/3/21)
20200321 P20

(2020/3/21)
20200321 P22

(2020/3/21)
20200321 P23

(2020/3/21)
20200321 P24


アズマイチゲもまだ健在。
(2020/3/21)
20200321 P17

(2020/3/21)
20200321 P18


アオイスミレは咲き終わりかけて、
代わりにタチツボスミレが増えてきました。
(2020/3/21)
20200321 P21

(2020/3/21)
20200321 P25


樹に咲く黄色い花。(ピンボケ(^^;))
なんでしょうね?と
居合わせた人に聞かれたがわからない。
(2020/3/21)
20200321 P16

サンシュユに似てるけど違うなぁ。
と検索したら、似ている花でダンコウバイってのが出て
そのまた似ている花で出てきた
アブラチャンが正解のようです。

ちなみに、翌日別の場所にて
ちょっと似てるけどまた違う花に出会い、
どうやらこれはクロモジ。
うぅ、来年絶対忘れてるわ。
(2020/3/22)
20200322 P26



3月24日(火)
風強く、気温低め。

連休中はポツリポツリと会った
カメラマンや見物人もおらず、
雑木林を独り占め。

カタクリは増えてきたけど、まだまだ蕾がある。
(2020/3/24)
20200324 P29


アズマイチゲは盛りを過ぎた感じで、
タチツボスミレが増えて
(2020/3/24)
20200324 P28


アマナ
(2020/3/24)
20200324 P31


イチリンソウ
(2020/3/24)
20200324 P30


カントウタンポポ
(2020/3/24)
20200324 P32


そして
桜も咲いていましたよ。
(2020/3/24)
20200324 P27

一人っきりのお花見です。



3月26日(木)

ポカポカ暖か、花散歩日和。

カタクリの数がかなり増えました。
(2020/3/26)
20200326 P33

(2020/3/26)
20200326 P34

週末は雨予報なので、
今日が一番綺麗かも?
(2020/3/26)
20200326 P35

(2020/3/26)
20200326 P39


学校裏の桜と
(2020/3/26)
20200326 P36


一面に咲いてたタチツボスミレ
(2020/3/26)
20200326 P37


アマナ
(2020/3/26)
20200326 P38


そして、今年最初のニリンソウ。
(2020/3/26)
20200326 P40


写真大量でごめんなさい。
最後まで見てくださった方、
ありがとうございます。
そして、お疲れ様でした(^^;)。

(その3)に続きます(^^;)。




Instagram もよろしくです(^^)→ 

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



野の花だより、2020(その1)。

2月29日(土)
今年最初の野の花観察。
かなり気合の入った暖冬だったし、
野の花も早いのでは?と思ったけど、
見かけた花はアオイスミレのみ。
アズマイチゲは蕾も見かけず。
(2020/2/29)
20200229 P07アオイスミレ


3月7日(土)
午後遅くに2度目の訪問。
まずは、スゲの仲間(ヒメカンスゲ?)が
咲いていました。
(2020/3/7)
20200307 P01ヒメカンスゲ

そして、アズマイチゲも発見!
(2020/3/7)
20200307 P02

でも残念、時間が遅かったのか、
みんな閉じてしまっていました。
(2020/3/7)
20200307 P03

先週に引き続き、アオイスミレが綺麗でした。
(2020/3/7)
20200307 P04
(2020/3/7)
20200307 P05
(2020/3/7)
20200307 P06
(2020/3/7)
20200307 P07

花弁がくるんと内側に巻いているので、
なかなかお顔が見えません(^^;)。
シャイなスミレさんですね。

その後の休日は、雨ばかりで、


3月12日(木)
なんとか午前中だけ休みが取れて、
いそいそと保護緑地へ。

ポカポカ春の陽気の中、
アズマイチゲ、咲いてました!!
(2020/3/12)
20200312 P08
(2020/3/12)
20200312 P09

(2020/3/12)
20200312 P10
(2020/3/12)
20200312 P11

(2020/3/12)
20200312 P12
(2020/3/12)
20200312 P13

アオイスミレも咲いてましたが、
昨日の雨で泥だらけ。
いい写真はとれませんでした。


3月15日(日)
前日はまさかの雪でしたが、
この日は朝から晴れました。

しかし、気温が低かったためか、
陽が当たっているのに
アズマイチゲは閉じたまま。
(2020/3/15)
20200315 P19

別の場所を散策したりして、
昼ごろまで待ったのですが、
やはり上を向いてくれることなく
タイムアップ。
(2020/3/15)
20200315 P18

カタクリも、蕾をいくつか見つけたけれど、
今日は咲いていませんでした。
(2020/3/15)
20200315 P14

相変わらず愛想がいいのは
アオイスミレのみ。
(2020/3/15)
20200315 P17

ただし、頑なに顔を隠すのよね(^^;)。
(2020/3/15)
20200315 P16

まだ種類は不明だけど、
他のスミレの蕾も発見。
(2020/3/15)
20200315 P15

さて、来週は何に会えるかな?

Instagram もよろしくです(^^)→ 

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

野の花だより、2019(その6)。

8月の野の花を訪ね、保護緑地へ。

いやもう、ほぼ探検(^^;)。

今回も草をかき分け
蚊に大量に血を献上しながら
お花を探しました。
風情もへったくれもない(^^;)。

地味な花は識別しきれてないけど、
花の種類は、前回とそんなに変わらない。

ただ、圧巻だったのは、
キツネノカミソリ。
(2019/8/24)
20190824 P03

結構咲いてるな、と思いつつ進むと、
(2019/8/24)
20190824 P01

柵の中のの斜面が、
(2019/8/24)
20190824 P02

お?
(2019/8/24)
20190824 P04

キツネノカミソリの群落でした。
(2019/8/24)
20190824 P06

(2019/8/24)
20190824 P05

つくづく思う。
20年以上住んでて知らなかったとは、
何と勿体無いことを!

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

野の花だより、2019(その5)。

そういえばそろそろ、
夏の花が咲いているかも?
雨でなかなか行けなかったのですが、
やっと久しぶりに、ご近所の保護緑地へ。

前回記事 →
 野の花だより、2019(その4)。(2019/4/16)

保護されているとはいえ、
整備された公園ではございません(^^;)。
入り口は少し藪漕ぎ状態でしたが
蜘蛛の巣に引っかかり、蚊に襲われながら、
ワンダバダバダバ、と進んでいきました。


春にアズマイチゲが咲き乱れていた斜面には
キツネノカミソリが咲いていました。
(2019/7/28)
20190728 P01

(2019/7/28)
20190728 P21

春に謎だった3種の葉っぱ、ひとつクリアです。


カンゾウも探しましたが、
咲き終わりを少し見つけたのみ。
少し来るのが遅かった。
ノカンゾウ?ヤブカンゾウ?
来年への宿題が残りました。
(2019/7/28)
20190728 P11


ツルボも探したけど、ヤブランしか見当たらない。
時期が違うのかなぁ?
(2019/7/28)
20190728 P19


バアソブの花を初めて見ました。
(2019/7/28)
20190728 P03

(2019/7/28)
20190728 P04

丸いつぼみも可愛いです。
(2019/7/28)
20190728 P05


以下、その他の見つけた花の写真です。
頑張って調べてみたのですが、
名前が間違ってたらごめんなさい。

山芋に似たオニドコロ。
(2019/7/28)
20190728 P06

ずらっと並んだ実が面白い。
(2019/7/28)
20190728 P08


ナガバハエドクソウ?
(2019/7/28)
20190728 P02


ヨメナ?
(2019/7/28)
20190728 P07


ワレモコウ
(2019/7/28)
20190728 P12

蜘蛛に便利に使われてた(^^;)。
(2019/7/28)
20190728 P13


ヒヨドリバナ
(2019/7/28)
20190728 P14


アキノタムラソウ
たくさん咲いてました。
(2019/7/28)
20190728 P10


ヤマホトトギス
(2019/7/28)
20190728 P16


カラスウリの蕾?
(2019/7/28)
20190728 P20


虫の写真もちょっぴり

カマキリの仲間の幼虫(羽がまだない)
(2019/7/28)
20190728 P09

チャバネセセリ
(2019/7/28)
20190728 P17

オオシオカラトンボ
(2019/7/28)
20190728 P18


春とは違い、蚊に襲われるので
じっくり撮影とはいきませんでしたが、
来るたびに発見があって楽しい(^^)。
(2019/7/28)
20190728 P22

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

野の花だより、2019(その4)。

次に緑地を訪れたのは、一週空けての4/13。

 前回記事 → 野の花便り、2019(その3)。(2019/4/1)

前回花盛りだったカタクリは
まだ咲いていたものの、
盛りは過ぎているようで、
大半は傷んでしまっていました。
(2019/4/13)
20190413 P05

アマナも、前回の場所では花を終えており、
別の場所で少し咲いていただけ。
(2019/4/13)
20190413 P04

花の盛りを迎えていたのは、
清楚な白い花、ニリンソウ。
(2019/4/13)
20190413 P06

そして、前回は見当たらなかった
イチリンソウを見つけました。
(2019/4/13)イチリンソウ
20190413 P01

図鑑や写真で見るとそっくりですが、
野で実物を比べ見ると花の大きさも
葉の形も全く別物です。
(2019/4/13)ニリンソウ
20190413 P08

(2019/4/13)ニリンソウ
20190413 P07

とか言いつつも、
来シーズンにどちらかだけ見ると、
どっちだたっけ?ってまた迷うんだろうな(^^;)。

スミレの仲間もあちこち咲いていました。
(2019/4/13)
20190413 P03

紫のはタチツボスミレかなぁと思いますが、
白いのはわかりません。(追記 マルバスミレの可能性あり)
(2019/4/13)
20190413 P09

スミレの識別にハマるときっと
泥沼な気がするので、
あまり深入りはしないでおこう(^^;)。

名を知れば
愛着が湧くのはもちろんであるが、
名はわからずとも
野の花たちは変わりなく可愛らしいのだ。
(2019/4/13)
20190413 P02
このページのトップへ