花咲かぺんぎん

~ お花 時々 いきもの ~ 八王子の片隅で、ゆるーい感じのぺんぎんが、                                                                          小さな庭を、毎日毎日、ぼぉーっと眺めて暮らしていましたとさ。。。

イチゴ大作戦、3年目(7)。

結構放任されてたイチゴプランターにも、
おいしいイチゴができました。
(勝手に同居をはじめたビオラの実が
 写り込んでるあたりに、放任の気配が。。)
130511ニョホウ

たぶん「女峰」。
放任されてても、味は一品!

ピンクの花は、四季なりイチゴ、優香。
味はちょっとワイルド系。
130501シキナリ2

こちら、ワイルドストロベリーの花。
1305011ワイルド

どんどん結実中!
130515ワイルド2

しばらくの間、
ささやかなイチゴ狩りが楽しめそうです。
130515ワイルド1

( 過去記事はこちら → 
   イチゴ大作戦(1)(6)



にほんブログ村のランキングに参加中♪
お気に召しましたら、クリックで応援お願いします(^_^)。
     ↓       
にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

イチゴ大作戦(6)

更新が、すっかりのんびりペースになってますが、
相変わらず、庭いじりしております(^_^;)。

いちご♡
 ( 植えた時の様子はこちら → イチゴ大作戦(5)
120523イチゴ2

今年は、ワイルドストロベリーと、
去年栽培した四季なりイチゴ(優香)と、
今年、初挑戦の「とよのか」と「女峰」を
植えていました。

残念ながら、「とよのか」は、病気でダウン。
「女峰」が、がんばって実をつけてくれました。
「優香」は、ワイルドストロベリーと、似た味でしたが、
「女峰」は、お店で買ったいちごの味がして、
当たり前だけど、「すごーい!」と、
家族で盛り上がりました。
120523イチゴ1

一季なりのイチゴは、終わっちゃいましたが、
ワイルドストロベリーと「優香」は、
もうしばらく楽しめそうです。
120519イチゴ

イチゴ大作戦、きまぐれに作戦続行中。



にほんブログ村のランキングに参加中♪
お気に召しましたら、ポチッとな(^_^)。
     ↓       
にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ

ツタンカーメンの豆ご飯

秋に種まきした、ツタンカーメンの豆。
子供が、学校で種をもらってきました。
ツタンカーメン王の遺跡から発掘された、
その時代の豆の子孫だとか。。。

ネットでいろいろ調べながら育てました。
どうやら、エンドウ豆と同じように、
育てればいいらしい。

デリケートな豆かと思いきや、
なかなかの元気者。
(秋の様子 → 

3月下旬、きれいな花が咲きました。
120412ツタンカーメン

4月下旬にかけて、次々と咲きながら、
紫色のお豆が!
なんだか、やん事なきお姿(^_^;)。
120429ツタンカーメン

GWに入り、最初の豆もぷっくりふくらみ、
最後の方の豆は、
なんだかこれ以上成長しなさそう。
5月5日のこどもの日、
これにて、収穫することに、いたしました。
120505ツタンカーメン

収穫は、これだけ。
120505ツタンカーメン1

お豆を育てるのは、初めてでしたし、
小さいプランターに、3本植えでしたから、
仕方ないかな。。。

お、中は緑色です。
120505ツタンカーメン2

中身の豆は、たったの35g。
120505ツタンカーメン3
これでも少なすぎるんだけど、
2合のごはんで、豆ご飯に。

お赤飯のような色になるとの噂!

期待して炊飯器を開けると!
120505ツタンカーメン4

あれ、意外と普通。

どうやら、何時間も蒸らすと、
いい色になるらしい、、、が!
炊きたてを食べたいぞ!
食べちゃえ(^_^)/。
120505ツタンカーメン5

採りたての、お豆で作った豆ご飯♪
半年、お世話した豆ご飯♪
ツタンカーメンの、ロマン漂う豆ご飯♪

とっても、おいしゅうございました。
ごちそうさまでした!



にほんブログ村のランキングに参加中♪
1日1回クリックしていただけると、
とってもうれしいです!
     ↓       
にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ

イチゴ大作戦(5)

再び秋がめぐってきまして、
息子がホームセンターでイチゴの苗を発見。
今年も植えよう! だそうです。
( 昨シーズンのイチゴ大作戦はこちらから
     → イチゴ大作戦(1) )

昨年選んだのは、四季なりイチゴ。
名前どおり、長期間実がなるにはなったのですが、
梅雨時以降は痛みやすく、あまり収穫できなかったのと、
最初の数回のあとは、小さい実しかとれず、
以前から家にあったワイルドストロベリーと
あまり変わらなかったので、
今年は一季なりの品種から選ぶことにしました。

いろんな品種が並ぶ中、ラベルを見比べつつ悩む。
結局、大きい実がなる「とよのか」と、
たくさん実のつく「女峰」を選択しました。

昨年と同じようにハンギングプランターに。
111003itigo1.jpg

役目を終えた四季成りイチゴ「優香」は、
花壇の一角に地植えにしました。
夏の間に株が増えてて、
2株だったのが5株に。
ピンクの花がかわいいし、
少しは実も採れるかな?
111003itigo2.jpg

今年もイチゴ大作戦の始まりです♪

続きはたぶん、春かしらねぇ。。

ブルーベリージャム大成功!

今年のブルーベリーは、約2kg収穫できました。
この袋ひとつが、約500gくらいです。
110923jam1.jpg

ブルーベリージャムを作ろうと、
一袋、冷凍庫から出しました。

私が作ると、ジャムというより、
いつもサラサラのソースになります。
煮詰め足りないのか? と、長時間煮詰めて、
飴みたいになったこともあるし(泣)。
だから、煮立ってから15分くらい加熱して、
固まらなかったらあきらめることにしてます。
ソースの方が、飴よりは、ましなので(^_^;)。

ソース状でも、味はけっこうおいしくて、
作ると毎朝、プレーンヨーグルトに混ぜて食べます。
でもね、パンにつけるには、やっぱりジャムが欲しい。

ジャムは、果物に含まれる「ペクチン」で、
ゼリーみたいにとろとろになるらしいのですが、
調べてみると、ブルーベリーは、
もともとペクチンが比較的少ないので、
失敗しやすいのだそうです。
しかも、冷凍すると、更に失敗率が上がるらしい。

レモンなど、ペクチンを多く含む果物を
加えて作ればいいらしいのですが、
なかなか上手にできません。

先日、ショッピングモールに買い物に行った時、
こんなものを発見!
110923jam2.jpg

ちょっとずるい気もするけど、
もしかしたら、これでジャムになる??

まず、箱に書いてあるとおり、小鍋に水とペクチンパウダーを入れ、
沸騰直前まで温めて溶かし、ペクチン液を作ります。

ここからは、いつもどおりのレシピで、
ジャム用の瓶を煮沸して、用意しながら、
ホウロウの鍋に冷凍のブルーベリー500gと砂糖170gと
レモン汁大さじ1を入れ、よく混ぜ合わせて、ゆっくり加熱。
ブルーベリーから水分がでてきて、沸騰し始めたら、
灰汁をていねいに取りながら、弱火で15分くらい煮ます。
10923jam3.jpg

ここで、いよいよペクチン液投入! 
ペクチン液は、冷めてどろっとしてます。効きそう。
よく溶かし混ぜて、更に10分くらい加熱します。
あれ?まださらさら。。
失敗か?と思いつつ、瓶詰めして冷ます。

ま、失敗でもいいか、今度はもう少しブルーベリーを
減らして挑戦しよう、と思ってたら、
冷蔵庫でしっかり冷ますと、、

ほら、傾けてもあまり動かない♡
110923jam5.jpg

やったー! 私にもおいしいジャムができました!
ペクチンさん、ありがとう♪
110923jam4.jpg
このページのトップへ