花咲かぺんぎん

~ お花 時々 いきもの ~ 八王子の片隅で、ゆるーい感じのぺんぎんが、                                                                          小さな庭を、毎日毎日、ぼぉーっと眺めて暮らしていましたとさ。。。

球根を、どこに植えよう。

球根植物は、短期決戦型。
唐突に地上に顔をだして、
大きな花を咲かせて、
後は葉っぱをしばらく茂らせて、
いさぎよく枯れて行く。

ま、ムスカリみたいに、
秋からひょろひょろわさわさしてる子もいますが。。

多くの球根は、葉だけの時期、
イマイチ美しくない。
110429春庭

そして、葉が枯れた後の時期、
往々にして、その存在を忘れられ、
空き地と思って掘り返されたりする。
(はいはい、私もやりましたよ、つい最近)

葉の無い時期、いい具合に地面を隠す植物と、
共存出来ればいいのだが、
そういうパートナーが、なかなかうまくみつからない。

でもでもでもでも。。
球根植物の花は美しい。
冬の庭に、いち早く春を告げるスノードロップに始まる、
球根たちのリレーを、私は愛してやまない。
120301スノー

120418スイセン

120504ヒアシン

ほら、もうすぐ、サフランの季節。
私の小さな庭で、
球根のリレーが、真のフィナーレを迎える。

そして、また来る春に向けて、
私はまた、球根たちを前に、苦悶する。

「さて、お前たちを、どこに植えよう?」
121031きゅうこん


(2012年の春から夏の球根リレーは、こちらです。
        → 球根たちのリレー 
        → 球根たちのリレー、その後。 )



にほんブログ村のランキングに参加中♪
お気に召しましたら、クリックお願いします(^_^)。
     ↓       
にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

愛しのポリゴナム。

去年の秋にお迎えした、お気に入り。
( → ポリゴナムとの、バーチャルな出会い )

実は、真冬に一度、息絶えた、、かに、見えた。

「長い付き合いになりそう」と、書いたのに、
あっさりお別れか、と思いきや、
春になると、復活した。
しかも、種がこぼれたか、
予想外の場所にもいる。

ただ、ハナミズキの木陰になって、
日当りが悪かったためか、
あまりはびこる事も無く、
花も咲かずに秋を迎えた。

夏の間のポリゴナムは、
なんだかちょっと葉の色もきつくて、
「うむ、私はこいつに惚れていたのか?」
と、ちょっと疑問に思ったり。

    ・
    ・
    ・

秋が来た。

暑さが和らぐとともに、
ポリゴナムは、勢い良く茂りだす。

葉の色は、優しくなり、
やがて、木陰に灯りをともすよに、
ぽっ、ぽっ、と、
淡いピンクのつぼみをつけた。
1221021ポリゴナム

そして。。。
1221027ポリゴナム1

1221027ポリゴナム2

やっぱり、
愛さずには、いられない。

愛しの、愛しのポリゴナム。
1221027ポリゴナム3



にほんブログ村のランキングに参加中♪
お気に召しましたら、クリックお願いします(^_^)。
     ↓       
にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

熱烈歓迎!ジョウビタキ様。

昨日、ジョウビタキ様が、
この秋初めて、我が家の庭にやってきました!
121027ジョウビタキ1

慌てて取った写真で、構図がめちゃくちゃですね(^_^;)。
たった2枚撮ったところで、飛びたってしまいました。。

この子は女の子ですね。
くりくりお目めが可愛いです。

こちらは背中。(うわぁ、ピンぼけ。。)
白い模様がアクセントです。
121027ジョウビタキ2

また、遊びに来てね!
コムラサキ、食べ放題で、お待ちしております♡♡♡



にほんブログ村のランキングに参加中♪
お気に召しましたら、クリックお願いします(^_^)。
     ↓       
にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

ヒヤシンスと、懐かしいガラス容器。

この容器、
ちょっと懐かしいでしょ。
私が子どもだった頃は、水栽培と言えば、
この形が定番でありました。
121020ヒヤシンス1

昨年の冬、いろんなブログで、ヒヤシンスの水栽培の記事を見て、
「たしか、実家に容器が。。。」と思い出しました。

春に帰省した際、探してみると、ありました、ありました。

透明だったと思い込んでいましたが、
色はブルーで、ガラス製。

へぇ、こんな、きれいな色だったんだ。
121020ヒヤシンス2

私が子どもの頃からあった物。
ちょっと昭和の、レトロな香りがしませんか?

実家では使わないというので、喜んでもらって帰りましたが、
半年間しまい込んだまま。

そして、秋。
ようやく、出番が来ましたよ!

ブルーのガラスに似合うのは、何色かしら?
迷った末に、桜色のヒヤシンスの球根を購入。

窓辺で記念写真を撮ったけど、
芽が出るまで、しばらく、暗い場所で我慢ですよ。
121020ヒヤシンス3

ヒヤシンスの水栽培なんて、何十年振りかしら?
懐かしい容器と、懐かしいヒヤシンス。

この冬のわくわくの種が、また一つ、増えました。



にほんブログ村のランキングに参加中♪
お気に召しましたら、クリックお願いします(^_^)。
     ↓       
にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

サフランの目覚め。

おや? 新種のキノコ?
121021サフラン1


いえいえ、これは、
くるカラの帽子をかぶったまま、芽をだしてしまった、
うっかり者のサフランです(^_^)。

「おや?急に頭が軽くなったぞ」って、思ってるかしら?
121021サフラン2


ほら、あちこちに、目を覚ましたサフランの芽。
121021サフラン3



ほら、ほら!
121021サフラン5



あと、半月もすれば、美しい花が咲きます。
 これは去年の秋の写真です。
111104sahuran3.jpg





こちらでは、花を終えたリコリス・フォーンが、
葉を伸ばし始めました。
121021リコリス4

これから落葉する、ユキヤナギの下で、
冬のお日様を、独り占めするのです。

秋咲きの球根たち。
短い季節を、駆け抜けていきます。



にほんブログ村のランキングに参加中♪
お気に召しましたら、クリックお願いします(^_^)。
     ↓       
にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
このページのトップへ