花咲かぺんぎん

~ お花 時々 いきもの ~ 八王子の片隅で、ゆるーい感じのぺんぎんが、                                                                          小さな庭を、毎日毎日、ぼぉーっと眺めて暮らしていましたとさ。。。

ルリタマアザミ、今年は七つ。

去年の夏の終わり、
ひとつだけ花を咲かせたルリタマアザミ。

ことしは七つ、咲きました(^_^)/。



トゲトゲのつぼみが色付き始め
140716ルリタマ1

やがて、頭頂部から、花が!
140719ルリタマ1

周囲に広がり、
140720ルリタマ1

球っ(^_^)。
140722ルリタマ1

そして、また頭頂部から
枯れ行く花。
140727ルリタマ2




はっ!

花が終わるまで見届けている場合じゃなかった。
私はドライフラワーを作りたくて、
ルリタマアザミを植えたのだった!

花が咲いてから、と思っていたら、
どうも、それではドライには遅いようで、
咲く直前、
ちょうどこんな感じのつぼみ、が、
収穫にはベストな感じです。
140719ルリタマ2

まだ咲いていないものを、
センニチコウ・ファイヤーワークスとともに
収穫しました。
140727ルリタマ1

ちょっぴりですが、目的達成(^_^)。




さて、写真からもおわかりのように、
花は咲きましたが、葉の状態がひどいのです(T_T)。

グンバイムシの仕業です。
過去記事を見ると、薔薇用のスプレー剤が効いたととのこと、
すっかり忘れてた、お馬鹿な私(;_;) 。
でも、今年は近くに紫蘇を植えてたので、
覚えてても薬は撒かなかっただろうし。。

今年は咲いてくれたけれど、
この葉の状態では来年はどうなるやら、
ちょっと不安がよぎります。。
140722ルリタマ2

関連記事 →
  買い物かごに、ルリタマアザミ。
  エキノプス、なんとか開花。



にほんブログ村のランキングに参加中♪
こちらをクリックして、
応援していただけると嬉しいです(^_^)。
   ↓       
にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ファル、雷に跳ねる。

今日は暑かった!
昼の外気温は37℃!
さすがに、エアコンかけて
家でおとなしく過ごしました。

そして天気予報どおり、
3時頃から冷たい風が吹いてきて、
雷鳴(^_^;)。

今日のファルは、来るなら来い!とばかり、
窓辺で興奮して跳ねていました。

ファルコンは子犬の頃から、
外を通る犬などに、
興奮してはジャンプしているので、
「いつも跳ねてる犬」と
近所の人に言われてます。
今日は暑さでばててたのか、
ジャンプの切れはいまいちですが。。。
[広告] VPS


昨日は、近くで花火大会があったのですが、
花火にも吠えてました(^_^;)。

幸い、かなり大きな花火しか、
音は聞こえないので、
ずっと吠えてる状態ではありませんでした。

梅雨は明けましたが、
まだまだファルコンにとっては、
落ち着かない日々が続くようです。。



にほんブログ村のランキングに参加中♪
こちらをクリックして、
応援していただけると嬉しいです(^_^)。
   ↓       
にほんブログ村 犬ブログ ベドリントンテリアへ
にほんブログ村

姫睡蓮と夏休みと。

こんなに小さな庭に、
わざわざ睡蓮鉢を置かなくても。。

そう思いつつ、どうしても姫睡蓮が欲しかった。
姫睡蓮を見ていると、
幼い頃の、夏の記憶が蘇るから。
140713スイレン1

 *  *  *

子どもの頃の実家には、庭とベランダに、
数個の睡蓮鉢が置かれていて、
ピンクやら黄色やら、
夏になると数種類の姫睡蓮が咲いた。

退屈な夏休み。
うだるように暑い夏の日。
幼い私は庭を探検した。

庭に来る蝶を追ったり、
ありんこを眺めたり、
睡蓮鉢のミジンコを見つめたり。

蝉時雨の中、
見上げると百日紅の花。

そして、
きらきら光る水の上には
姫睡蓮が咲いていた。
140706スイレン2

何も起こらない、
何もしなくていい、
ただただ退屈な夏休み。

 *  *  *

実家の姫睡蓮は、毎年花をつけていた。
ほったらかしのように思っていたが、
実際に育ててみると、
ほったらかしではちっとも咲かない。

ちゃんと春先に植え替えないと根が詰まるし、
意外と肥料も欲しがるので、
それなりに世話をされていたのだな、と思う。

とはいえ、春の植え替えをしっかりとして、
日当りさえたっぷり確保してやれば、
あとは蒸発した水を足してやったり、
時々固形肥料を株元に差し込んでやるだけ。
メダカをいれれば蚊もわかないし、
メダカも餌要らずで丸々太っている。

うだる暑さの夏の間は、
ほとんど手がかからず、
涼味たっぷりの花を見せてくれるのだ。

我が家の睡蓮鉢は冬の間、
軒近くに置かれている。
なぜかって?
大きな睡蓮鉢のせいで、
苗たちが日陰になるからだ。
そして、春になって、
植物たちの背が高くなるころ、
庭の真ん中に移動する。

小さな庭に不釣り合いな睡蓮鉢は、
庭の真ん中に鎮座して、
今年も小さな王様のように、
涼しげな花を咲かせる。

あの夏と、同じように。
140706スイレン1

 ( 関連記事 → 姫スイレン咲いた! )



にほんブログ村のランキングに参加中♪
こちらをクリックして、
応援していただけると嬉しいです(^_^)。
   ↓       
にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

ファルコンと雷と土佐犬と。

ゆうべのファルコン。
ずっとこんな情けない顔で、部屋の中をうろうろ。
そして、雷鳴が響くたびに吠えてました(^_^;)。
140720ファル

もう、全然だめです。
子犬の頃は、不思議と雷を怖がらなかったし、
最近まで、よほど近くで鳴らない限り
そんなに騒がなかったのに。

どうしたんでしょうね?

子犬の頃は、本当に雷が平気でした。

犬は雷を怖がるものだと思っていた私は、
なんて肝の据わった犬だ、と、感心したものです。

  *   *   *

私が子どもの頃、実家はお店で、何人か従業員さんがいました。
その中に、ものすごく犬が好きな人がいました。
休憩時間に雑誌「愛犬の友」。。。
今思うとマニアックだ。

その人が、時々愛犬の土佐犬をうちにつれてきました。
彼の家にはチワワと土佐犬がいたのですが、
なぜか土佐犬の方が、雷をめちゃくちゃ怖がるらしく、
雷雨が来そうになると、つれてきていたのです。
(なぜかチワワは平気だったらしい)

店の倉庫だと、店のBGMもにぎやかで
ほとんど雷も聞こえないからか、
おとなしくしていました。
というか、いつもとてもおとなしい犬で、
私は幼稚園くらいのころ、
その犬の背中に、時々乗せてもらってたっけ。

 *   *   *

そんな記憶があるからか、
 犬 = 雷怖い
と、思ってたんですよね。
(同時に、「でかい犬が恐くない私」も
 この時代に養成されていた気が。。。)

大人になってから、
雷を怖がるようになったファルコン。
雷雨が終わるまで、私も、なんだか落ち着かない。
一人で留守番させてるときはもっと心配(>_<)。

さて、でも今日の夕方の空。
なんだか一面、青かった。
ぽつりぽつりと雲はあるけど、
昨日までの空とは違う。

梅雨も明けるな。

よかったね、ファルコン。

  (って、夏も雷は鳴るか。。)



にほんブログ村のランキングに参加中♪
こちらをクリックして、
応援していただけると嬉しいです(^_^)。
   ↓       
にほんブログ村 犬ブログ ベドリントンテリアへ
にほんブログ村

贈り物たちの成長。

先日、ブログを通じて親しくしていただいている
Bee さんに、お花の苗をいただきました。
とっても立派な元気な苗!
ちょっと感動。
140618苗1

さっそく、お庭に植え込みました。

ルドベキアがふたつと、その左奥はアスター。
140625ルドベキア1

こちらはセンニチコウ・ファイヤーワークス。
140621センニチコウ1


とりわけ楽しみだったのは、
ルドベキア・チェロキーサンセットの開花。

この花は、種から育てると、色は黄色から褐色、
花形は一重、半八重、八重と、
とてもバラエティにとんだ花が咲くらしい。

何が咲くかは、
咲いてみてのお楽しみ、なのだ。

つぼみがついて、
140713ルドベキア1

咲いた!
140719ルドベキア1

色は黄色、そして花形は一重?八重?

ん〜と、これは、半八重、、かな??
140720ルドベキア1

まだ、咲き進むと変化しそうですね。
140720ルドベキア2

もう一株のほうも、つぼみがついています。
先に咲いたものより背が低く、葉も丸いので、
花の形も違うかも。さて、どんな花が咲くかしら?
140719ルドベキア2


アスターの花芽はこれからです。
こちらも色は咲くまで不明。
こういうワクワクも、楽しいです。
近くにハーブを植えていて無農薬のため、
少しハダニやグンバイムシが(・_・;。
頑張って!




もう一種類の、センニチコウ・ファイアーワークス。
2本だけ芽がでたヒマワリの
足元を彩ってくれたらと思ったのですが、
遅く蒔いたヒマワリが小振りなので、
同じペースで背が伸びています^_^;。
140716センニチコウ1

でも、ヒュンヒュン枝を伸ばして
鮮やかなピンクの花を咲かせる様は、
本当に花火みたい。
140713センニチコウ2

鮮やかなピンクと、黄色いしべのコントラストも、
とっても可愛いです。
140702センニチコウ1

センニチコウとヒマワリの奥には、
ご近所さんにいただいたハツユキソウ。
まだ白い斑入りの葉がでなくて地味ですが、
これからに期待。
140716ハツユキ2

そしてその奥が、自分で種を播いたコスモス。

今シーズンの春は、ほとんど種蒔きできず、
遅くにヒマワリとコスモスを蒔いただけ。
夏はさぞかし寂しかろうと思っていましたが、
思いがけずいただいた苗たちを育てることで、
例年どおり楽しい日々を送っています。
Beeさん、ご近所さんありがとう(^_^)/。

Beeさんは「陽だまり家族」という
ボランティアに参加されていて、
被災地の学校などに、育てた苗を送っておられます。
きっと受け取った方々は、私と同じように、
小さな幸せを感じていることでしょうね。



にほんブログ村のランキングに参加中♪
こちらをクリックして、
応援していただけると嬉しいです(^_^)。
   ↓       
にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
このページのトップへ