花咲かぺんぎん

~ お花 時々 いきもの ~ 八王子の片隅で、ゆるーい感じのぺんぎんが、                                                                          小さな庭を、毎日毎日、ぼぉーっと眺めて暮らしていましたとさ。。。

咲いていたのね、クロッカス。

朝はばたばた忙しく、
暗くなってから帰宅して、
庭を見る暇もない日々。

今年はクロッカスがあまり咲かないな、
小さな球根だったからな、と
思っていたのですが。。

今日はやっとクロッカスに出会えて、
写真も撮れました。

優しい色の寒咲きクロッカス。
150225クロッカス8

150225クロッカス7

150225クロッカス5

150225クロッカス4

150225クロッカス3

そして、鮮やかな色の遅咲き系も。
150225クロッカス2

あちこちパラパラ咲いてるので、
全部は守れないけれど、
一部、これから咲くミニアイリスと
その隣接地域にテグスを張って
鳥から守る事にしました。
( → やられたー!プリムラの災難。
    クロッカス vs. ヒヨドリ )



さて、その数時間後、
ファルコンの散歩から帰ってくると、
庭から鳥が飛び立ちました。
!!!ヒヨドリっ!!!

そして、
クロッカスは跡形も無く。。
150225クロッカスb

テグスを張った場所も、
水色と黄色は食べられて、紫だけが残ってました。
150225クロッカス9

きっともっと
クロッカスは咲いていたのね。
咲いても咲いてもヒヨドリに
食べられちゃっていて
会えなかっただけかも。。。
    

楽しみにしているミニアイリスも、
白っぽい色で目立つから、
ヒヨドリに狙われないかとっても心配。

どうかどうかミニアイリスが
とっても不味いお花でありますように(^_^;)。
150225キャサリンa



黄色い水仙テタテートに、花芽がつきました。
テタテートが、とっくに芽を出しているのに、
ちっとも姿を見せずにヤキモキさせられたのは、
秋に球根を植えた白い水仙タリア。
そう、昨シーズン、手に入れ損ねたあの子です。
( → 雫咲き水仙に片思い。

やっと芽がでましたよ。
咲くのはいつになるかしら?
(写真の左手前の葉がテタテート、
 中央の小さな芽がタリアです)
150225タリアc


西洋オキナグサも咲きました。
去年もたしか、こんな寒い時期に咲いた。
 ( →  )
そして今年も「春が来たよ!」と、
ファンファーレを奏でています。
150225オキナグサ6


お行儀良く並んだ小さな芽は
シラーシビリカかしら?
150225シラー1

次から次へ、
春の足音。

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ベドリントンテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ファルコンの体調、その後。

ファルコンの慢性腎臓病が発覚して約一年。

先週末、実家に行く用があったので、
ファルコンはかかりつけの獣医さんちで
お泊まりでして、
その時ついでに
久しぶりに血液検査をしてもらいました。

結果はやはりあまり良くなくて、
でも、急激に悪化してるわけでもなく、
緩やかに悪くなっている感じです。

これまでは、様子を見る感じでしたが、
BUNは100を越えてるので、
さすがにちょっと対策をとりましょう
ということになりました。

体重も6.4Kgと、ガリガリです。
2歳くらいのころ、一番重いときは9Kg以上だったし、
昨年の夏の診察時は7.5Kgくらいだったのですが。

まずはとにかく食べる工夫をとのこと。

腎臓サポートのフードに切り替えた方がいいけれど、
あまり美味しくないので食べない子もいるらしい。
体重は増やしたいけど、腎臓の負担も減らしたい。
なかなか悩ましいです。

お泊まり中に獣医さんが
いつものフードに缶詰をまぜまぜしたら、
よく食べたというので、
その晩、早速試してみたら、
いい食いっぷり!

あぁやっぱり、
ごはんをパクパク食べる犬を見るのって、
幸せだなぁ、と、実感。

気を良くしてたのも束の間、
数日すると飽きたらしく、
また、のろのろ食べ。

今度は、試供品でもらった
腎臓サポートのフードをあげると、
新しいおやつとでも思ったのか
意外と美味しそうに食べた。
たぶん、またすぐ飽きそうな気もするが、
このまま切り替えちゃおうかな。

腎臓の血圧を下げる薬を、飲み始める予定。
腎臓サポート食を食べないようなら、
腎臓の負担になるタンパク質やリンを
吸着するサプリメントも勧められました。
皮下輸液という治療も、
考えておいてね、とのこと。

食欲がない以外は元気なんですけどね。
ファル~、いっぱい食べて太っておくれ~。


ヒーターの上でぬくぬく。
(枕にしてるのは、お兄ちゃんのスリッパですよ。)
20150204ファル1

ファンヒーターの前でもぬくぬく。
(だから、それはスリッパですって。)
20150218ファル2



庭では、クリスマスローズが開花しました。
20150221クリロー

シラーシビリカらしきつぼみや、
ヒヤシンスの芽も発見。

すぐそこまで来ている春。
暖かくなれば、少し身体の負担も減ると思うのですよ。
春、早く来い、来い!

関連記事
 → ファルコン、ちょっと壊れる。
 → ファルコン、丸く収まる。

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ベドリントンテリアへ
にほんブログ村

球根リレー2015、はじまる。

今年の球根リレーの第一走者は。。。
クロッカスでした!
20150215クロッカス1

例年だと、スノードロップが一番最初なんだけど、
今年は葉がでただけで、咲きそうにありません。
20150207スノードロップ

かなり長期間、植えっぱなしだったからかしら。
春の終わりに一度掘りあげて、
土もふかふかにしてあげて、
植え直してみようと思います。

さて、クロッカス。

秋にブログに書きましたが、
小さな球根ばかりだったので、
昨年のようには咲かないかも。
 ( → クロッカスは深く埋めよ。

今の所、あっちにぽつり、
こっちにぽつりと咲いています。
20150215クロッカス2

昨年も最盛期は3月でしたので、
あまり期待せずに待つつもり。
20150215クロッカス3


クリスマスローズのつぼみも、
だいぶ上を向いてきました。
20150215クリロー

ゆっくりと
たどたどしい言葉を待つように
流れる時間は
無駄ではなく
豊かな時間なのかもしれないと
このごろ少し思うのです。
20150215クロッカス4

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

春を待つ姿、いろいろ。

宿根草もいろいろで、

うちの庭で一番多いのは、
冬になるとロゼッタ状や、
きゅっとしまった姿になって、
規模縮小しつつも、緑を残すタイプ。
20150204シレネストケシア

20150204ゲラニウム

20150204リナリア


「冬だぞ、ひゃっほー!」と、
元気になる、クリスマスローズは別格として、

ジギタリス、チャメドリオイデスのように、
「冬ですが何か?」とばかり、
青々と茂っているタイプもいれば、
20150204ジギタリス


タイム、イベリスなどのように
色が変わるけど、
葉っぱはあまり減らないタイプもいます。
20150204タイム

20150204イベリス


ルリタマアザミ、西洋オキナグサ、エキナセアのように
中心だけ残して、じっと我慢するタイプ、
20150204ルリタマ

20150204オキナグサ

アストランティアのように、
冬に地上から消え去って、
春まで私を不安にさせるタイプ、

もしくは、タイツリソウのように
夏から眠ってしまい、存在すらを忘れさせて
春に私を慌てさせるタイプまで、、

みんなそれぞれ
いろんな形で冬を耐えています。



今日も、ぽつぽつ、春をみつけました。

ミニアイリスの芽
20150204キャサリン

シラーシビリカの芽
20150204シラーシビリカ

2月4日、立春です。
春はもうすぐ。 みんな頑張れ~!
20150204カレンデュラ

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

ヒナソウ。

先週、ヒナソウを植えました。
20150125ヒナソウ3

白い花と、薄紫。
ちっちゃくて、大好きな花。
20150125ヒナソウ2

こんなにちっちゃいのに、
霜が降りても、
雪が積もっても、平気です。

でも暑さに弱いので、
いつも夏に枯らしてしまう。

今回、ちょっぴり株をわけて、
水はけの良い山野草の土で
鉢植えも作りました。
20150125ヒナソウ1

すごく分けづらかったので、
根っこが傷んで共倒れの危険もありますが、
なんとか夏越しできる方法を探りたくて。。



植えて一週間たちますが、
なんとか大丈夫そうです。
しかも、
金曜日の雪で、すっかり埋もれたのですが、
雪が溶けると、すぐまた、
しゃんと、上を向きました。
20150131ヒナソウ1

冬枯れの庭で、
そこだけ光が射してるようです。
20150128ヒナソウ1

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
このページのトップへ