花咲かぺんぎん

~ お花 時々 いきもの ~ 八王子の片隅で、ゆるーい感じのぺんぎんが、                                                                          小さな庭を、毎日毎日、ぼぉーっと眺めて暮らしていましたとさ。。。

ファルの大事な女の子。

ファルコンは、男の子なので、ま、普通に女の子大好きでした。

でも、どうも強引すぎるのか、あまりもてなかったようで、
「ねえねえ彼女、遊ぼー!」的に寄って行っては、
無視されたり怒られたり。

幼馴染のHちゃんは、子犬の頃はよく遊んでたのに、
2歳ぐらいからはずっとファルは無視されてました(^_^;)。
それでもめげずに毎回「遊ぼ!!」とファルは言いよってましたが(^_^;)。

ダックスのJちゃんのことも、大好きでした。
Jちゃんの飼い主さんは、ファルを飼い始める時に、
いろんなことを教えていただいた恩人。
だからJちゃんとは、ファルがうちに来てすぐから、
交流がありました。
赤ちゃん時代に会ったことで、特別な存在だったのか、
散歩中に会うと、ものすごい勢いでJちゃんを追うファル。
結局怖がられて、ファルが大きくなってからは
まったく近寄らせてもらえませんでした(^_^;)。
たぶん、Jちゃんのことは、女の子というより、
母親代わりのように見てたのかもね、と
Jちゃんの飼い主さん。うん、そうかも。

ま、あまりもてなかったファルですが、
そんな中、一頭、特別な女の子がいました。
トイプードルのAちゃん。
4つくらい年下で、子犬時代に初めて会った時は、
本当に小さくて可愛くて。

当時、まだよその犬が怖いAちゃんでしたが、
ファルは優しく遊んであげて、
飼い主さんにも、「ファルくんだけは大きいのに平気」
と言ってもらえました。

だんだんと交友関係も広がったAちゃんですが、
その後もファルと会うと必ず駆け寄って挨拶してくれて、
ファルもAちゃんが特別に大好きで。

ただ、ファルはAちゃんのことが好きすぎて、
困ったことが時々ありました。
なぜなら、普段は仲良しの他の犬たちに対して、
Aちゃんがいるところで会うと、
吠えるようになったからです。

飼い主さんたちが集まっている輪に入りたくても、
ファルが吠えるのでそそくさと通りすぎました。
親友のTくんや、尊敬するT先輩にも吠える。
いつもなら絶対吠えない小さなプードルやシーズーにも。

これで友情も壊れたか、と思ったら、
Aちゃんがいないところでは、
いつも通り尻尾ふって「遊ぼ」。
まったくもう、男ってやつは。。。

ファルコンはきっと勝手にAちゃんを、
自分の彼女だと思ってたんでしょうね。
他の犬から守らなきゃ、って。

ファルはAちゃんが本当に大好きで、
Aちゃんもファルにはとても懐いてくれてて、
そういう存在がいたことは、
ファルにとって幸せだったかな、と思います。

ファルが倒れて歩けなくなってから、
うちの前を通ったのを見かけて、
ファルを抱いて走って追いかけて、
最後の挨拶をさせてもらったのも、
このAちゃんでした。

もう、意識もあまりなかったけど、
きっとAちゃんの匂いはわかったと思う。
いつもどおり、尻尾ふって挨拶してくれたAちゃん。
ありがとうね。ファルは君に会えて、幸せだったよ。

にほんブログ村 犬ブログ ベドリントンテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

暖冬→雪→雪解け。

先週降ったドカ雪が、ようやくほとんど溶けました。
いつもながら、最後まで雪が残るのは、
ビオラを植えた西側花壇。
日当たりの悪さを実感します。
20160124 P04花壇

やっと顔を出したビオラは、ホッとしている様子です。
20160124 P05ビオラ

今年はずっと暖かくて、鳥たちも困ってなかったのか、
花を齧られたりしなかったのですが、
雪で餌がみつからないのか、
少し残してあったクランベリーの実や、
寄せ植えの真珠の木の実が消え、
ついでに花が齧られ始めました。

ここ、怒るところですが、
暖冬かと油断させといてのこの厳しい寒さ、
さすがに同情して、怒る気にもなりません。

12月上旬に、実がほとんど落ちたコムラサキを剪定した時、
実が少し残ってる枝を、根元に積んでおいたものの、
ずっと実が減る様子がなかったのに、
この雪の後、一気に実が減りました。
どうやら可愛いジョウビタキくんが、
時々つまんでいる模様。
というか、このジョウビタキくん、
よっぽど腹ペコなのか、怖いもの知らずなのか、
私が庭にいても平気でやってくる。
おかげで、この子がやってくると、
脅かさないように、庭で固まる私です(^_^;)。

雪の直前まで、真っ赤に紅葉して美しかったブルーベリーも、
(散る前の姿 1/16撮影)
20160116 P03ブルーベリー

雪とともに散ってしまい、庭はすっかり冬景色。


春に寄せ植えに使っていたレースラベンダー。
寄せ植え解体後、独立させていたものが、
12月になっても青々として、美しいつぼみをつけてたのに、
(雪降る前の姿 1/10撮影)
20160110 P01ラベンダー

この寒波で一気に元気をなくしました。
毎晩玄関に入れてあげています。
早く春が来てほしいね。

1月も終盤。
冬は折り返し地点。
まだ雪は降るだろうし、
まだまだ寒さは厳しいけれど、
庭のクリスマスローズのつぼみが上がり始めました。
日も随分長くなりましたしね。

2月には、庭で春を探そう。
冬の終わりを数えよう。
20160110 P02スノードロップ

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ベドリントンテリアへ
にほんブログ村

ファルコンと中ぐらいの犬。

中ぐらいの犬は、ファルコンにとって、
友達か、もしくはライバルで、
なんだかとってもややこしい。

私も近づけていいのか避けたらいいのか、いつも迷う。

安全策をとって避けてたら、
その後飼い主さんと話すと、どちらも犬好きな子で、
その後とても仲良しになった、ってなこともあった。

でも、大丈夫そうなので近づけて、
お互い友好的に匂いを嗅ぎあってたのに、
なぜか突然喧嘩しだして、
以来まったく遊べなくなることもある。

犬たち自身も、友達なのか、ライバルなのか、
見定めるのに時間がかかるのかもしれない。
で、いったんライバルと決定したら、
どうもその関係の回復は、ちょっと難しいようなのだ。うむ。

だから、中型犬との関係は多種多様でした。
お互い吠えて喧嘩になるパターン。
向こうは無視してるのに、ファルが吠えるパターン。
相性は良さそうでも、大人になってから会った子とは
仲良しになるのは難しいようで、
近づけることもできずにファルが吠えてしまうのは残念でした。

仲良くなれるのは、お互いが、もしくは相手が子犬の時に
仲良くなった子、または、ファル以上に友好的で、
遊ぼ! って、ニコニコ寄ってくるタイプの子。

不思議なことに、
お互いやんちゃで、子犬時代から遊んでいた親友は、
やはり中型犬、それも男の子ばかり。

柴系ミックスのSくんは、ファルと同い年。
子犬の頃からファル以上にやんちゃで、
会えば二本足で立ち上がっておいでおいでして、
近寄ればじゃれ合うので、何度リードが絡みそうになったことか!
そして飼い主さんとは、1歳になれば落ち着きますかねー、
2歳になったら? 3歳になったら?と
いつまでたっても笑って言い続けたものです。

立派な柴犬のTくんも、ファルの2つ下くらい。
会うたびにお相撲する仲でした。
仲が良くても、こうしてじゃれあえる相手はなかなかいないので、
お互いにとっても楽しそうで、その仲はファルが病気で倒れる直前まで続きました。

子犬の時に知り合った年上の犬に対しては、
時として、友達というより、尊敬の念を抱いている気がすることがありました。

立派な柴犬のT先輩。
少し気難しくて、時々ファルを威嚇することもあったけど、子犬の頃から知ってるせいか、ファルはT先輩には反抗しない。「先輩、どうしたんですかー」的な戸惑いをみせつつ、おとなしく挨拶させてもらうのを待ってるのだ。じゃれついたりせず、ひたすら、挨拶させてもらう感じ。

子犬の頃よく遊んでもらったパグのPちゃん。
そんなに社交的でもないけど、小型犬にしてはとても堂々としているタイプ。
子犬のファルがじゃれついても平気で相手をしてくれていました。
ファルが大人になったころ、散歩のコースが違うのか、ほとんど出会うことがなくなりました。
でも、久しぶりに会うとファルはすごく嬉しそうにはしゃぐのです。
でもなんか、小さい犬に対する反応じゃないんですよね。完全にファルが下。
「先輩!お久しぶりっす!」って感じ。

大きさだけじゃない何かが、犬の間には、あるんでしょうね。

今回も写真はなし。
コーギー、ビーグル、柴犬、紀州犬、コッカー、シェルティー、
ウエスティー、スピッツ、そしてミックスちゃんたち、
喧嘩する子もいたけど、友達もいっぱいいました。
みんな、みんな、ありがとう。

にほんブログ村 犬ブログ ベドリントンテリアへ
にほんブログ村

冬の、すみれ。

パンジーもビオラは、
忘れがちだが、すみれの仲間。
20160116 P06ビオラ

秋から冬、春と、
絶え間なく咲き続けてくれて、
本当にありがたい花。
20160116 P05ビオラ

西側の細長い花壇には、
毎年チューリップの球根を仕込んで、
その上にパンジーやビオラを植える。

「苗で買った、小輪のビオラを、
 切り戻さず、詰め気味に、たくさん植える」

試行錯誤、紆余曲折ありましたが、
我が家のこの花壇の条件では、
この植え方が一番成績が良い。
20160116 P04ビオラ

日当たりがあまり良くないので、
パンジーだと花の上がりが悪い。

ビオラは、買ってすぐに切り戻したほうが、
花の数が増えるし、暴れないのだが、
この場所だと、
やはり日当たりが悪いために、
切り戻し後の回復が良くない。
しかも、ようやく茂ってきた頃に、
主役のチューリップが伸びてきて隠れちゃう。

種まきして育てたものも、
なかなか冬までに立派にならないし、
やっと立派になった頃、
やはりチューリップに負けて勿体無い(^_^;)。

だからビオラ、しかも小輪のものの苗を買ってきて、
冬で成長が遅いから、寄せ植えのように詰め気味に、
切り戻さずにここに植えるのが正解のようだ。
もちろん、あくまでも我が家の場合、なのですが。

20160110 P01ビオラ

寒さにも負けずに次々蕾をあげるビオラたち。
そして本当の春になる頃に、
ぎゅうぎゅう詰めのビオラたちは、
元気すぎて暴れたり、
花がら摘みが間に合わなくなったりと、
ちょっと手に負えなくなってくるのだが、
その頃にはチューリップが主役になって、
ビオラたちの暴れっぷりを隠してくれる、
結果オーライ(^_^;)。
20160110 P02ビオラ



さてこっちは屋久島すみれ。
四季咲きとは聞いていたが、
冬なのに咲いてます。
屋久島って、鹿児島?南国では?
20160104 P02ヤクシマスミレ



ニオスミレたちも、元気。
特にピンクのニオイスミレは、花も咲いています。

でも、時々葉っぱが白っぽく色抜けするんですよね。
肥料不足かと思って、肥料をあげたけどあまり変わらない。
寒さに適応する上での変化なのかなぁ?
去年は春までほっておいたのだけど、
今年は色抜けした葉は取り除くことにしました。
少しすっきりして、去年はほとんど見えなかった花が見えるように。
20160104 P23スミレ

作業しながら、なんだかいい香りがしました。
あ、そうだ、この子はニオイスミレだった。
花がかわいいだけで満足してたので、
すっかり忘れていましたよ。




暖冬、暖冬と思ってましたが、
1月になって、さすがに冬将軍到来。
それでも咲く、すみれたち。
小さな陽だまり、冬のオアシス。
20160110 P03ビオラ

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

ファルコン、スルーする。

お隣の家に、チワワのCちゃんが住んでいる。
Cちゃんは、強気なのか臆病なのか、
散歩で犬に会うと、すべからく吠えちゃうタイプ。
ファルコンに対しても、近づいて挨拶まではできるけど、最終的に吠えて威嚇する。
飼い主さん曰く、これでも、ここまで近づけるのファルくんだけなんですよ、とのこと。

ファルとしては、Cちゃんは大事な仲間なのらしい。
家の前を怪しい人がうろうろすると、お互い顔は見えないけど、一緒になって吠える仲。
だから、散歩で会うと、ファルは喜んでCちゃんに近づく。
Cちゃんも、ファルにだけは、近づけるんだけど、やっぱり大きくて怖かったみたい。

やがて、お互い年齢も上がってきて、Cちゃんも気難しくなってきて、ファルが近づくと攻撃するようになってしまった。
それからは、挨拶させることはなくなったのだけど、不思議なことに、その頃になると、ファルは遊びたがるでもなく怒るでもなくCちゃんをスルーするようになった。


この反応、見せる相手はもう一頭だけいる。

近所で檻に入れて飼われているドーベルマンくん。
ほとんど散歩で会うことはなく、いつも檻越しの対面。
この犬、ふだんは前の道を犬が通るたびに大声で吠えるのだ。

このドーベルマンが子犬の頃、まだ檻ではなく鎖で繋がれていて、ファルは時々近寄って遊んでいた。
そんなファルを覚えているのか、ファルが通ってもドーベルマンは吠えない。
ファルもたぶん覚えている。
だから、大型犬なのに、吠えない。

でも大きいから、遊ぶのは怖いらしい。
ドーベルマンの檻の前を通る時、ファイルはいつも
彼が見えていないかのようにスルーし、
足早に通り過ぎるのだ(^_^;)。


好き。だけど、ちょっと怖い。

ファルの「スルー」は、そんな気持ち。らしい。

にほんブログ村 犬ブログ ベドリントンテリアへ
にほんブログ村
このページのトップへ