花咲かぺんぎん

~ お花 時々 いきもの ~ 八王子の片隅で、ゆるーい感じのぺんぎんが、                                                                          小さな庭を、毎日毎日、ぼぉーっと眺めて暮らしていましたとさ。。。

ハナミズキ、2016。

固く結んだ赤が ほころび始める4月
今年も ハナミズキの季節が始まります。
(2016/4/10)
1-20160410 P01ハナミズキ

赤い霞が かかったようで
それは 祭りの予感のようで。
(2016/4/12)
2-20160412 P02ハナミズキ

閉じ込められていた 命が
弾けて ふくらんで ひろがる。
(2016/4/16)
3-20160416 P09ハナミズキ

笑って 愛を振りまいて
忘れないでね と ささやいて
そして さよならも言わず 散っていく。
(2016/4/18)
4-20160418 P24ハナミズキ

4月は ハナミズキの季節。
(2016/4/20)
5-20160420 P26ハナミズキ



今年のハナミズキは、大変良い花付きで、
毎日惚れ惚れと眺め、
呆れるほど写真を撮りました。

見上げてみたり、
(2016/4/16)
6-20160416 P04ハナミズキ

二階から望遠で狙ったり。
(2016/4/16)
7-20160416 P11ハナミズキ

花越しの庭も春。
(2016/4/16)
8-20160416 P10ハナミズキ

そしてほら、もう、この花の数たるや!
(2016/4/22)
9-20160422 P27ハナミズキ

こんなにも良く咲いたのは、
あの子がかけた魔法でしょうか?
なんて、思うのです。
たぶん、ハナミズキが咲くたびに、
私はあの子のことを思い出すのだろうな。
(2016/4/16)
10-20160416 P17ハナミズキ

すでに散り始めたハナミズキ。
散り始める頃、この花は、
少し優しい色になる。
(2016/4/18)
11-20160418 P22ハナミズキ

今年の春は、せっかちで駆け足。
また逢おうね、
次の春に。
(2016/4/16)
12-20160416 P12ハナミズキ

( 関連記事 → ハナミズキ、2014。

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

夢で見た子犬。

ファルがいなくなって数ヶ月の、
初盆を迎えた頃、
子犬がいる、夢を見た。

旦那と二人、部屋に入ると、
テーブルの周りをぐるぐる走り回る子犬がいて、
あきれて笑ってその子を見てた。
私はその子の名前を呼んで、
笑顔で話しかけていた。

そこで、はっと目が覚めたんだけど、
その名前が、いかにも、私がつけそうな名前で、
しかもその子にぴったりの名前で、
目覚めてからも、しばらくぼーっと、
その子犬のことを考えてしまった。


たぶん私はもう、
犬は飼わない。

飼うとしても、諸事情あって小型犬しか無理。
でも、ベドがいい。
夢で見た、あの子がいい。
でもやっぱり無理。
想いはぐるぐるまわってまわって振り出しに戻る。



ベドの子犬の写真を見ると
胸がきゅうぅぅっと苦しくなる。

たぶん私はもう、
やっぱり
犬は飼わない。

あの夢は、初盆に戻ってきたファルが、
私に見せてくれたんだ。
私の気持ちを確かめるために。

もうすぐ、1年。
2-031108ファル

にほんブログ村 犬ブログ ベドリントンテリアへ
にほんブログ村

球根リレー、続報。

チューリップだけじゃない。
球根リレー、続いていますよ。
今日はリレーの続報です。


3月半ばに咲き始めたプスキニア。
最後の花を片付けたのはつい最近。
せっかちさんとのんびりさんがいたからか、
1ヶ月近く花を楽しめました。
(2016/3/30)
20160330 P03プスキニア


ムスカリも同じ頃、3月半ばに咲き始めました。
(2016/3/26)
20160326 P02ムスカリ

紫のアルメニアカムは雑草並みの強靭さ。
でも、花盛りは可愛いのだ。
(2016/4/6)
20160406 P05ムスカリ

水色のバレリーフィネスも健在。
(2016/4/6)
20160406 P06ムスカリ

アルメニアカムほど増えないけど、
消える気配はない。
そういえば、ラティフォリウムの姿がない。。
こいつは消えたな。。。


フリチラリアは、今年も黒がひとつだけ咲きました。
(2016/4/16)
20160416 P10フリチラリア

斑入りアマドコロも一株だけ開花。
どちらも不思議なたたずまい。
(2016/4/20)
20160420 P14アマドコロ


シラーカンパニュラータは、ブルーとピンク。
今年も仲良くデート中。
(2016/4/20)
20160420 P11シラー

色も形も、
(2016/4/20)
20160420 P13シラー

(2016/4/20)
20160420 P12シラー

とことん可愛いコンビです。


これも新顔。
ラケナリア・コンタミナータ。
3月中旬に花芽を見つけてからが長かった!
(2016/3/19)
20160319 P01ラケナリア

1ヶ月かかって、ようやく開花しました。
(2016/4/20)
20160420 P15ラケナリア

ちなみに、この鉢に挿してるラベル。
100円ショップ、セリアで売ってる木製のマドラー。
一年くらいで劣化して名前が読みにくくなるけど、
サイズも質感も良くて、コスパもいいので最近お気に入りです。
願わくば、一本ごとについているオシャレな紙のカバー、
無しにして本数増やしてほしい(^_^;)。


スイセン・テターテートが盛りを過ぎる頃、
咲き始めたのは雫咲きスイセン、ハウエラ。
長年憧れていた花です。
(2016/4/12)
20160412 P08ハウエラ

昨年植えた白い雫咲きスイセン、タリアは、
テターテートよりも大柄でしたが、
ハウエラはテターテートよりちっちゃい。
(奥に写ってる濃いめの黄色がテターテート)
そして、色は淡いレモンイエロー。
(2016/4/2)
20160402 P04ハウエラ

うつむきがちに咲く姿は、
楚々として、儚げ。
(2016/4/12)
20160410 P07ハウエラ

君に会えて良かった!
(2016/4/12)
20160412 P09ハウエラ

そして、タリアはどこに?
消えたのか〜(^_^;)?

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

「あごのせ」はずるいと思う。

私がテレビを見ていたりして、
かまって欲しいのにかまってくれないとき、
ファルはよく、椅子の下に潜り込み、
私の膝の裏に、背中をこすりつけてじたばたしました。

鼻先から尻尾の先まで、
膝裏にこすりつけて何度も往復することも。

「撫でてくれへんのやったら自分でやる。」
ってか?
いや、もしかして、背中がかゆかっただけ?


もっと控えめな「かまって」アピールは、
少し離れてきっちりおすわりしての、熱視線。

それでも私が動かなければ、
一歩前進して、またおすわり。

にじりにじりと近寄るファル。

それでも無視してテレビを見てると、
「ずん」と膝に重みを感じる。

でました! 最終手段、膝への「あごのせ」。

ぴたっとあごを、私の膝に乗せ、
おすわりしてしっぽパタパタ。
上目遣いで私を見てる。



ファルは、私が「あごのせ」に弱いことを
絶対に知ってるにちがいない。

「あごのせ」には逆らえない。
「あごのせ」はずるいと思う。

3−061002ファル


にほんブログ村 犬ブログ ベドリントンテリアへ
にほんブログ村

チューリップ、2016。

チューリップの季節には、
願わくば寒の戻りが来て欲しい。

春の嵐に5月みたいな陽気と、
今年の春は駆け足で、
ちょっとチューリップには意地悪でした。

あっという間に咲き進んで、
そろそろ終盤を迎えたチューリップ達。
まとめて紹介いたします。
0-20160418 P37


今年最初に咲いたのは、白と緑の八重咲の
ホワイトバレー。
最初は控えめで、スレンダーな感じだったのですが、
(2016/3/30)
1-20160330 P01

咲き進むにつれ、どんどんゴージャスに。
(2016/4/12)
2-20160412 P11

最初に咲いて、最初に散っていきました。
(2016/4/10)
3-20160410 P07


次に咲いたのが、ファンタジーレディー。
(2016/4/10)
4-20160410 P05

白と濃いピンクの花弁が
ギュギュッと重なって可愛い。
少し頭が重かったのか、
咲き進むにつれ、
傾いちゃったのが、少し残念。
(2016/4/10)
5-20160410 P06


同時に、原種系ミニチューリップも開花。
夏越し球根のミントスティックは12輪。
(2016/4/12)
6-20160412 P13

今年追加した、クルシアーナ・クリサンタは
黄色とオレンジの元気色で7輪。
(2016/4/16)
7-20160416 P21

少し背が低いピンクは
ライラックワンダー6輪、
(2016/4/10)
8-20160410 P04

丸っこい姿がなかなか可愛い。
(2016/4/15)
9-20160415 P18

曇りの日はしっとりと、
(2016/4/16)
10-20160416 P19

晴れた日には元気良く、
(2016/4/15)
11-20160415 P17

ミニチューリップたちは楽しい。


夏越し球根コーナーでは、
赤、白、アプリコットに、黄色からピンクに色変わりするマンゴーチャーム、
原種系コーナーから紛れたミントスティック、
(2016/4/18)
12-20160418 P36

そして、なぜか、植えた覚えのないサイケデリックな配色の子も(^_^;)。
(2016/4/16)
13-20160416 P22

種ではなく、球根で植え継いでるので、
遺伝子は同じだろうと思うのですが、
何年も夏越しさせてると、
色が変わることがあるのかしら?
そういえば、アプリコットの花弁にも赤が混じってるし。
(2016/4/18)
14-20160418 P35

ともあれ、いろんな花が合計12輪ほど咲きました。
いつもながら、このコーナーは闇鍋状態です(^_^;)。


遅咲きチューリップのコーナーは、
4月半ばを過ぎてようやく開花。
(2016/4/17)
15-20160417 P30

トップリップスはクリームがかった白とピンクの八重。
(2016/4/18)
16-20160418 P32

このチューリップは
斑入りの葉っぱも魅力です。
蕾の姿も、とても愛らしい。
(2016/4/16)
17-20160416 P23


そして、毎年最後に咲くのは、
大好きなピンクのチューリップ
ピンクダイアモンド。
(2016/4/18)
18-20160418 P41

毎年植えても、全然飽きない、
優しい優しい色です。
(2016/4/18)
19-20160418 P40


ファンタジーレデイは咲き終わったけど、
みんなで記念撮影ですよ。
(2016/4/18)
20-20160418 P38

今年も、チューリップ達、ありがとう!

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
このページのトップへ