花咲かぺんぎん

~ お花 時々 いきもの ~ 八王子の片隅で、ゆるーい感じのぺんぎんが、                                                                          小さな庭を、毎日毎日、ぼぉーっと眺めて暮らしていましたとさ。。。

チランジアを、外へ。

我が家のチランジア、チラさんず。

新入りたちも元気ですよ。
 ( → チランジアに、新しい仲間。
(2017/4/5)
20170405 P01チランジア


蕾が付いてたカプトメデューサ、
あれから、こんな花が咲きました。
(2017/4/9)
20170409 P02チランジア

少しずつ上に咲き進んでいきます。
蕾は色が綺麗だけど、
咲くと「あれれ?」な感じですね(^^;)。
(2017/4/12)
20170412 P03チランジア


あたたかくなったので、
お外暮らしを始めました。
(2017/4/20)
20170420 P04チランジア

お外暮らしの条件は、
最低気温10度以上。

いつの間にか、
春も後半戦です。

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

大人色の、カリブラコア。

普段はマクロレンズでばかり、花を撮っておりますが、
たまには、引きの写真をば。
(2017/4/22)
20170422 P05庭

緑がもりもりしてきております(^^)/。

あ、真ん中ちょっと下に写ってる茶色い塊は、
ちょいちょいでてくる埴輪くん。気にしないで(^^;)。
(次男が小学生の時に作って、庭の守り神にしている(^^;))

さて、チューリップも咲きそろってきましたが、
蕾も少し残ってるので、揃ったら記事を書くとして、、、

お花屋さんに行ったから、
買ってきた花を紹介しましょう(^^)。



春になり、ずいぶん植物が育ってきたものの、
ところどころ、穴が空いたような場所があったので、
花を買って追加したのです。

埴輪くんのちょっと奥に
植えたのはオステオスペルマム。
(2017/4/20)
20170420 P04オステオ

明るい色で、庭が華やぎました。


睡蓮鉢の手前に、
こぼれ種のリムナンテスが
咲いているのですが、
(2017/4/15)
20170415 P01リムナンテス

その横には、
ルピナス・ブルーボンネットを植えました。
小型のルピナスで、私の春の定番かも。
(2017/4/20)
20170420 P03ルピナス


庭写真には写ってないけど、
タイムも購入。
昨年の記事(お勉強タイム(Thyme)。)で、
咲く時期と姿が違う2種類のクリーピングタイムのことを
書いたのですが、我が家になかった方のタイム、
たぶんロンギカリウスタイムではないかと。
(2017/4/22)
20170422 P06タイムロンギ



あと、この日は鉢植え用は買わないつもりだったのに、
おもわず買ってしまった子。
(2017/4/23)
20170423 P07カリブラコア

カリブラコア ティフォシー・アンティークシリーズ。
(生産者さんのページ、貼っときます→
カリブラコアって、原色のイメージがあったんですが、
こんな大人色、しかも八重のものもあるんですね。
迷いに迷って、2色選びました。

ポットから抜いた苗を、
少しバラして混ぜて、大きめの鉢に植えました。
夏にもりもり咲いてくれることを期待。
(2017/4/20)
20170420 P02カリブラコア

様子を見て、葉物も加えたいな。
夏の玄関要員候補第一号。
成長が楽しみです(^^)。
(2017/4/23)
20170423 P08カリブラコア

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

ムスカリとスイセン。

うちのムスカリは3種類。

普通の紫のムスカリ、アルメニアカム。
いくらでも増える逞しい子です。
(2017/4/2)
20170402 P01

水色のバレリーフィネス。
こちらは増えも減りもせず、か、
ちょっと減少傾向。
植えっぱなしなので仕方無いか(^^;)。
(2017/4/2)
20170402 P02

ラティフォリウムも植えてたけれど、
これはすっかり消えてしまいました。

で、今年新顔は、
白いシベリアンタイガー。
なかなか綺麗です。
(2017/4/5)
20170405 P03

葉っぱがお行儀いいのは、
冬に植えたせいなのか、
品種の特徴なのかは不明。
来年はどうなるかしら?



水仙は、テターテートが終わる頃、
ハウエラが咲きました。
(2017/4/15)
20170415 P08

我が家のスイセンは小型種ばかりです(^^)。
(2017/4/9)
20170409 P04

華奢な姿で、
淡いイエローが綺麗です。
(2017/4/9)
20170409 P06

雫咲き水仙に雫。
(2017/4/9)
20170409 P05

強靭なテターテートの隣に植えてしまったので、
葉の細いハウエラが負けて消えてしまいそう。
同じ場所に植えていた
白いスイセン、タリアは消えてしまいました。
ハウエラ、移動した方がいいかしらねぇ。


バルボコディウムも、
秋に少し間引いたのが良かったのか、
ぽつりぽつりと咲いています。
まったく咲かない年もあるので、
今年は良く咲いた方です。

テターテートと同じように、
くっきり明るい黄色で、
ムスカリの紫と良く似合っています。
(2017/4/12)
20170412 P07

チューリップもシーズンインしていますよ。
春は嬉しい、忙しい(^^)。

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

球根リレー2017、の続き。

そろそろ、庭の花を紹介せねば。

花が咲いていないわけではないのですが、
ついつい写真を撮りすぎて、
選んでいるうちに時間がなくなる(^^;)。

上手い人は、数枚で決めるとこを、
下手な鉄砲も、、、ってやってるからだなぁ(^^;)。
でも、撮らなきゃ上達もしない、よね?
あぁ、デジカメの時代で良かった。


ちょっと脱線しましたが、
まずは球根リレーの、続報を。


プシュキニアは、可憐な小さな花。
ブルーのラインのアクセントが素敵。
(2017/3/23)
20170323 P01プシュキニア

(2017/4/5)
20170405 P10プシュキニア


水栽培にしていたのは何年前だったろう?
地植えにしてからも毎年咲いてくれるヒヤシンス。
(2017/4/2)
20170402 P06ヒヤシンス

香りが強すぎて、
我が家の男子たちから不評なので、
水栽培はしばらくお預け。
地植えで楽しんでします。
私は好きだけどなぁ、この甘い香り。
(2017/3/28)
20170328 P04ヒヤシンス


シラー・シビリカ。
(2017/4/2)
20170402 P05シラーシビリカ

今年は少ない、と思っていたのですが、
その後、あちこちで芽吹いてくれました。
(2017/4/5)
20170405 P09シラーシビリカ

なんとも言えない、青、です。
(2017/4/2)
20170402 P07シラーシビリカ


今年の寄せ植えに使ってる
ラナンキュラスも元気です。
次々蕾をあげてくれて得した気分。
(2017/4/9)
20170409 P11ラナンキュラス

(2017/4/16)
20170416 P14ラナンキュラス

(2017/4/16)
20170416 P15ラナンキュラス


寄せ植えといえば、こちらのアネモネは、
昨シーズンの冬の寄せ植えを解体した時、
地植えにして、すっかり忘れていたもの。
(2017/3/28)
20170328 P03アネモネ

秋にもしゃもしゃした葉が出てきた時は、
誰でしたっけ?と思いました(^^;)。
(2017/4/14)
20170414 P12アネモネ


後ろに写っているのは
水色ムスカリ、バレリーフィネス。


長くなってきたので、
ムスカリたちとスイセンは、
次回の記事で書きますね(^^)。

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

今日の、イチオシ。

先日、アズマイチゲとカタクリを撮影した緑地。
2週間ぶりに訪れると、案の定、
カタクリはたくさん咲いているものの、
撮影するにはくたびれた花がほとんどでした。
(2017/4/15)
20170415 P07カタクリ

20170415 P06カタクリ

20170415 P05カタクリ

代わりに咲いていたのは、たくさんのイチリンソウ。
(2017/4/15)
20170415 P03イチリンソウ

20170415 P04イチリンソウ

2週間サイクルで、主役がどんどん変わっていく。
早春の雑木林の、不思議に触れた気がしました。



考えてみれば、我が家の庭も、
どんどん主役が変わっていく。

花期の長い花もあるけど、球根の花などは、
一週間くらいしか咲かないものもあるものね。

育てた植物の、一番きれいな一瞬を、
逃さぬように写してあげたい。

といっても、まだまだ腕が足りなくて、
植物たちに申し訳ないのではありますが。。



今の時期、イチオシの植物は、
花たちを差し置いて、
ハナミズキの新芽。
(2017/4/9)
20170409 P02ハナミズキ

20170409 P01ハナミズキ

きれいなのだ。

街路樹や、ご近所の庭で、
見かけたら是非、じっくり見てあげてください。
うっとりすること、間違いなしです。

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
このページのトップへ