FC2ブログ

花咲かぺんぎん

~ お花 時々 いきもの ~ 八王子の片隅で、ゆるーい感じのぺんぎんが、                                                                          小さな庭を、毎日毎日、ぼぉーっと眺めて暮らしていましたとさ。。。

ハナミズキ、2019。

今年も、ハナミズキの季節です。
(2019/4/19)
20190419 P20

花つきは、「並」、かな。
(2019/4/21)
20190421 P01

元気のなかった昨年に比べると、
まずまずの出来かなと思います。
元気が戻って良かった。



3月末に蕾が解け始め、
 → ハナミズキ、始動。(2019/3/31)

(2019/4/11)
20190411 P02

徐々に紅が広がる。
(2019/4/16)
20190416 P13

(2019/4/16)
20190416 P14

半ばごろの表情が一番好き。
(2019/4/19)
20190419 P22

(2019/4/19)
20190419 P27

(2019/4/19)
20190419 P29

4月下旬、すっかり花が広がって、
まもなく散り始めることでしょう。
(2019/4/25)
20190425 P40

平成最後の日は、雨。
(2019/4/30)
20190430 P43

ハナミズキは、優しい色。
(2019/4/20)
20190420 P35

新しい時代も、
平和な世でありますように。
(2019/4/20)
20190420 P39

関連記事
 ハナミズキ、2018。(2018/4/24)
 ハナミズキとクレマチス。(2017/5/5)
 ハナミズキ、2016。(2016/4/29)
 ハナミズキ、2014。(2014/5/1)

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



チューリップ、2019。

今年のチューリップは、
少し残念な結果に終わりました。
(2019/4/15)
20190415 P50

夜盗虫に襲われて、
蕾のうちから傷ついたり、
せっかく咲いてからも
新たな虫に襲われたり、
とにかくずっと虫との戦い。

花を愛でている時間より、
敵を探している時間の方が長かった?

花の色合わせなど、
種類のチョイスは悪くなかっただけに、
余計に残念なシーズンでした(>_<)。
(2019/4/18)
20190418 P69

それでももちろん多くの花は
美しく咲いてくれたので、
記録を残しておきますね。

 植え付けの様子 →
  チューリップ花壇の冬支度 その2。(2018/12/2)

 昨年のチューリップ →
  我が家のチューリップ、2018。(2018/4/19)


長文です、写真多いです、
覚悟はよろしいか?


3/28 最初の花が咲きました。
(2019/3/28)
20190328 P08ノースキャップ

白の八重、ノースキャップ。
(2019/4/4)
20190404 P20ノースキャップ

(2019/3/31)
20190331 P11ノースキャップ

意外と花持ちも良く、4月半ばまで咲いてました。
(2019/4/13)
20190413 P37ノースキャップ


次に咲いたのは、原種のシルベストリス。
去年すごく可愛く群れで咲いたけど、
今年は二つのみで実力発揮できず。
(2019/4/4)
20190404 P21シルベストリス


次に咲いたのは、これも早咲き
アプリコットビューティー。
(2019/4/11)
20190411 P23アプリコットビューティー

程よい大きさのぷっくりした一重。
我が家の定番です。
(2019/4/14)
20190414 P46アプリコットビューティー

(2019/4/15)
20190415 P52アプリコットビューティー


芍薬のように咲いたのは
ゴージャスな八重咲きライラックブルー。
(2019/4/11)
20190411 P26ライラックブルー

(2019/4/13)
20190413 P42ライラックブルー


シエナダブルーは濃いピンクに白い縁取り。
この系統は花持ちが良いようですね。
4月下旬まで咲いていましたよ。
(2019/4/13)
20190413 P41シエナダブルー

(2019/4/15)
20190415 P51シエナダブルー


そして毎年かわいい原種たちも。
(2019/4/20)
20190420 P72

黄色系はクルシアナシンシア、
白系はペパーミントスティック。
(2019/4/18)
20190418 P59

(2019/4/18)
20190418 P61


そして意外と良い感じだったのは、
クリームアップスター。
(2019/4/18)
20190418 P63クリームアップスター

(2019/4/20)
20190420 P73クリームアップスター

淡いクリームイエローにピンクの縁取り。
カップ型にふんわり咲きます。
(2019/4/22)
20190422 P83クリームアップスター


忘れちゃいけない、
闇鍋チューリップたちも健在。

昨年、失敗したケープタウン、
赤と黄色のコントラストが派手でしたが、
今年はほぼ黄色で
おとなしく咲いてくれました(^^;)。
(2019/4/20)
20190420 P74

白八重は昨年植えたモンディアルかな?
(2019/4/16)
20190416 P55モンディアル

ゴージャスな八重紫は多分
カラーバースト。
(2019/4/25)
20190425 P01

楊貴妃の一つだけ。
(2019/4/20)
20190420 P75楊貴妃

一昨年植えた、
フリンジ咲きのネグリジェは2輪。
(2019/4/25)
20190425 P91ネグリジェ



そして、毎年大トリを飾るのは
大好きな品種、ピンクダイヤモンド。
ただし、7球植えたのに、
蕾を食われ、咲いたのは3輪(T_T)。
(2019/4/22)
20190422 P82ピンクダイヤモンド

(2019/4/22)
20190422 P81ピンクダイヤモンド

(2019/4/25)
20190425 P90ピンクダイヤモンド



虫には泣かされましたが、
負けずに綺麗に咲いてくれた花たち。
(2019/4/13)
20190413 P35

(2019/4/15)
20190415 P49

(2019/4/18)
20190418 P65

(2019/4/20)
20190420 P70

(2019/4/22)
20190422 P80

今年もありがとう。

また来年会おう!
(2019/4/20)
20190420 P77

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

ヒューケラの、四季。

植えてから2年ちょっと。
ブログには載せていませんでしたが、
カラフルな葉が綺麗な、ヒューケラたちは元気でした。

前回の紹介記事 →
  特売品だった、ヒューケラ。(2017/8/23)


5品種を寄せ植えしていたプランター。
ぎゅうぎゅう詰めだったので、
2018年の10月に、埋もれがちだった真ん中の
スノーシュクレを鉢植えにしましたが、
それ以外は植え替えもせずにいました。

流石に2年経つと、古株は伸び上がり、
株元の古葉が落ちて、
すっかり、
いわゆるワサビ状態になってしまっていました。

思い切って植え替えましたよ。

元の株の下葉を整理して、
今ある葉のところまで深植えにすれば、
ワサビ部分から根が出るそうです。

こんな感じになりました。
さて、元気は戻るかしら?
(2019/4/18)
20190418 P04

下から出ていた脇芽など、
うまく株分けできた部分もあれば、
脇芽を引きちぎっただけ、な枝もできましたが、
捨てるに忍びず(だってヒューケラ、買うとお高いのよ)
全部ポリポットにぷすぷす挿しました。

突然賑やかな
ヒューケラ保育園ができちゃいましたよ。
(2019/4/20)
20190420 P07

うまく根づけば庭のあちこちに植えてやろう。

我が家では、地植えにすると枯らすことが多く、
最近はずっと鉢植えで育ててたのですが、
これだけ数があれば贅沢に使ってみよう。
と、まずは根付いてくれないとですが。

現在所有のヒューケラは、プランターに4種、
左からバタークリーム、アップルシブースト、
マッチャプディング、スウィートプリンセス。

それと鉢植えが、名無しの大型ヒューケラと
(2019/4/18)
20190418 P06

スィートタルト、スノーシュクレ、
奥の名札なしの、赤葉はシャンハイ。
(2019/4/18)
20190418 P05

そしてヒューケラの近縁種、
春先に入手したティアレラ・シルベラード。
(2019/3/31)
20190331 P02

個性的な葉が魅力のお気に入りたちです。

 *  *  *

せっかくなので資料として、
プランターのヒューケラの
四季の移り変わりを載せておきます。

10月。
夏は多くの葉が緑や黒っぽくなり、
まだその名残があります。
(2017/10/6)
20171006 P45

11月。
赤葉の種類は赤くなってきました。
(2017/11/16)
20171116 P71

12月から3月はすっかり赤や茶色に。
(2018/2/27)
20180227 P37

4月にはまた鮮やかな色が。
(2018/4/1)
20180401 P43

4〜6月が一番綺麗?
(2018/4/15)
20180415 P03

(2018/5/8)
20180508 P07

(2018/6/5)
20180605 P17

(2018/6/17)
20180617 P25

真夏は全体が緑色っぽくなりますね。
(2018/9/1)
20180901 P27

そして、秋、再びの紅葉。
(2018/10/21)
20181021 P02

(2018/11/15)
20181115 P01

一体どんな仕組みなんでしょうね。
ヒューケラの葉の色は不思議です。

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

目玉焼き、咲いたよ。

大好きなリムナンテスが咲きました。
(2019/4/18)
20190418 P08

目玉焼きのような配色。
とても明るい雰囲気で、
見ると心踊ります。

多分折れやすいからか
移植に弱いからか
苗はあまり売ってませんが、
種から簡単に育ちます。

青いネモフィラ、白いイベリスと
仲良く咲いています。
(2019/4/18)
20190418 P09

ネモフィラの奥には青いアンチューサも。
(2019/4/13)
20190413 P04

春ですねぇ。


その他の花の近況。

寄せ植えは、春になって花が増えただけでなく、
色も鮮やかになりました。
(2019/3/28)
20190328 P02

アネモネも青、白、各一株なのですが、
たくさん咲いて得した気分。
(2019/3/28)
20190328 P01

大好きなちっちゃな花、ヒメスミレ。
実家の庭から連れてきてもう何年?
(2019/4/6)
20190406 P03

昨年の寄せ植えから独立させた
ローダンセマム・エルフピンク。
この春も咲いてくれました。
(2019/4/16)
20190416 P06

庭でなぜか大豊作なのは、
斑入りアマドコロ。
(2019/4/16)
20190416 P07

随分前から植えっぱなしで、
細々と咲いていたのですが、
なんか今年は大増殖した。
私、何した???
(2019/4/18)
20190418 P11

アジュガもひっそり咲いてます。
(2019/4/16)
20190416 P05

こぼれ種で芽吹いた
渋かっこいいセリンセも咲き始めました。
(2019/4/18)
20190418 P10

他にもオンファロデス、宿根アマ、オダマキなどなど、
あちこちで蕾を見つけました。
種まきはサボったけど、
宿根草やこぼれ種が頑張ってくれています。

ネモフィラたちの奥で、賑やかなのはチューリップ。
写真大量なので、また別の記事にて。。
(2019/4/18)
20190418 P12

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

野の花だより、2019(その4)。

次に緑地を訪れたのは、一週空けての4/13。

 前回記事 → 野の花便り、2019(その3)。(2019/4/1)

前回花盛りだったカタクリは
まだ咲いていたものの、
盛りは過ぎているようで、
大半は傷んでしまっていました。
(2019/4/13)
20190413 P05

アマナも、前回の場所では花を終えており、
別の場所で少し咲いていただけ。
(2019/4/13)
20190413 P04

花の盛りを迎えていたのは、
清楚な白い花、ニリンソウ。
(2019/4/13)
20190413 P06

そして、前回は見当たらなかった
イチリンソウを見つけました。
(2019/4/13)イチリンソウ
20190413 P01

図鑑や写真で見るとそっくりですが、
野で実物を比べ見ると花の大きさも
葉の形も全く別物です。
(2019/4/13)ニリンソウ
20190413 P08

(2019/4/13)ニリンソウ
20190413 P07

とか言いつつも、
来シーズンにどちらかだけ見ると、
どっちだたっけ?ってまた迷うんだろうな(^^;)。

スミレの仲間もあちこち咲いていました。
(2019/4/13)
20190413 P03

紫のはタチツボスミレかなぁと思いますが、
白いのはわかりません。(追記 マルバスミレの可能性あり)
(2019/4/13)
20190413 P09

スミレの識別にハマるときっと
泥沼な気がするので、
あまり深入りはしないでおこう(^^;)。

名を知れば
愛着が湧くのはもちろんであるが、
名はわからずとも
野の花たちは変わりなく可愛らしいのだ。
(2019/4/13)
20190413 P02
このページのトップへ