FC2ブログ

花咲かぺんぎん

~ お花 時々 いきもの ~ 八王子の片隅で、ゆるーい感じのぺんぎんが、                                                                          小さな庭を、毎日毎日、ぼぉーっと眺めて暮らしていましたとさ。。。

我が家のクリスマスローズたち。

もうすぐ3月。
庭はどんどん春めいて、
庭のクリスマスローズが
咲き揃ってきました。
(2020/2/8)
20200208 P01


ほとんどの株は一重咲きのオリエンタリス。
最初に植えた白のそばかす模様と、
ピンクと、そのこぼれ種の子孫たち。
(2020/2/11)
20200211 P02

(2020/2/18)
20200218 P04


道路に面したフェンス沿い、
ブルーベリーとコムラサキの木陰にいます。
(2020/2/18)
20200218 P03

(2020/2/20)
20200220 P05

ごくごくフツーなクリスマスローズですが、
愛着がありますし、なんとも可愛いです。
(2020/2/22)
20200222 P06

(2020/2/25)
20200225 P11




数年前にお迎えした、ピンクの八重咲き。
(2020/2/25)
20200225 P10

さすがに綺麗。
そして勢いがあって、蕾もたくさん。
(2020/2/24)
20200224 P07

無理やり下から撮ってみた(^^;)。
(2020/2/24)
20200224 P08


こちらは別の種類、
葉っぱが綺麗なリビダス。
(2020/2/24)
20200224 P09

コロコロ小さな小豆色の花が
咲き始めました。
(2020/2/25)
20200225 P12


ご近所さんにもらった黒っぽい赤のオリエンタリスと、
暑さが苦手っぽい真っ白なニゲルは、
今年は咲きませんでした。
葉っぱは元気なので、来年に期待します!

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



是枝さんの、芽吹き寄せ植え。

森の一部をそのまんま、
切り取ったような寄せ植え。
植物造形作家の是枝錬太郎さんの寄せ植えです。
(2020/2/25)
01 20200225 P01


2/14~16に開催されていた「芽吹き展」。
2/15に行ってきました。

数年前に雑誌「園芸ガイド」で
是枝さんの作品を初めて見たとき、
「何?これ?」と衝撃を受け、
ドキドキしたのを覚えています。

森の中で、ひっそり芽吹いた
野の花と葉っぱたち。
静かな静かな早春の寄せ植え。

大好きな、早春の球根の花を
多用しているのも、
私にとってはツボでした。

こういう寄せ植えも、あっていいんだ。

以前から好きな富田英明さんの寄せ植えが、
4月5月の、色彩あふれるお花畑だとしたら、
是枝さんの寄せ植えは
2月3月の、春を待つ静かな森や野原。

どちらが、ではなく、
どちらも私は大好きなんだな。


いつか実物を見たいな、という思いが、
ようやく実現。
会場には、素敵な作品がたくさん、
ため息が出るほど美しく並べられていました。
(2020/2/15)
02 20200215 P02

(2020/2/15)
03 20200215 P03


迷い過ぎて決められなくて、
でも、何か持ち帰りたくて、
まだ花も咲いていなくて、
一番小さな寄せ植えを購入しました。
(2020/2/15)
04 20200215 P04


会場で、その時点で一番地味な子だったかも?
でもいいんです。
持ち帰ったその日から、
ひとつずつ、花が咲くのを楽しむんだぁ。
贅沢でしょ?



クロッカスが最初に咲き、
(2020/2/18)
05 20200218 P07

先に咲き終わっちゃうかも、
と思ったら、4つ目の蕾も登場して安堵。
(2020/2/25)
06 20200225 P25


スノードロップの蕾も、
(2020/2/18)
07 20200218 P06

一週間後に開花。
(2020/2/22)
08 20200222 P13


みんなに追いつけるのか心配したムスカリも
(2020/2/18)
09 20200218 P05

ちゃんとみんなに追いつきました。
(2020/2/24)
10 20200224 P20


葉っぱたちも盛り盛りと
(2020/2/20)
10 20200220 P12


蕾しか無かった寄せ植えは
徐々に華やいで、
(2020/2/20)
11 20200220 P08

(2020/2/23)
12 20200223 P15

春の風景になりました。
(2020/2/25)
13 20200225 P30

(2020/2/25)
14 20200225 P26


手のひらサイズの
小さな野原。
(2020/2/25)
15 20200225 P28


にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

原種シクラメン、増えました。

前回報告した、クリスマスローズの世界展

販売ブースももちろん大盛況!
しかし、クリスマスリーズは素敵だけれど、
大きいので置き場所、植え場所に困る我がちび庭。

そして、今年も英国シクラメン協会の
販売コーナーへ行きました。
小さくて可愛い、原種シクラメンがお目当てです。

よく売れていたのはやはり、今が花盛りの「コウム」。
棚の手前半分にずらり、並んでいました。

しかし、私が欲しかったのは、
秋咲で、今は葉っぱしかない種類、
「ミラビレ」と「インタミナタム」。
どちらもコウム、シリシアムと似た
小型の種類です。

コウムの奥に、品種ごとに並んでて、
さすがに最近普及めざましいコウム比べ、
お値段もちょっと高め。

予定では、両方買おうかと思ってたのですが、
値札にちょっと怯み、
2種のどちらかひとつと、
クリローの小苗にしようかなと方針変更。

迷っているとお店の人とか、
詳しいお客さんとかが色々話しかけてくれて、
なかなか楽しい時間を過ごせました。

コウムから始めて、
ヘデリフォリウム、シリシアムを増やしたのは、
とても妥当な選択だそうで、3種は育て方も似ていて、
少し湿り気味が好きで、
育てやすいグループなのだそうです。

今選んでいる、ミラビレ、インタミナタムは、
もう少し乾燥を好むので、
全く同じように水をやってはいけないそうだ。

でも、次のステップとしては、
とてもいいチョイスらしい。

インタミナタムは、無地の緑の葉が多いけど、
今日なら少し珍しい、ツリー模様のもあるよ、とか、
ミラビレも、すごく渋い模様のをおすすめされて
その二つ、気に入って購入しました。
クリローはまた来年にしよう(^^;)。

これがその子たち。
(2020/2/24)
20200224 P07

(2020/2/24)
20200224 P06

インタミナタム。小さな白い花が咲きます。
(2020/2/23)
20200223 P05インタミナタム

ミラビレ。多分ピンク。
秋に葉がほんのりピンクになる子もいるらしい。
(2020/2/23)
20200223 P04ミラビレ


何せ普段はワンコイン以下の苗しか
買うことのない庶民の私。
お財布に余裕があれば、立派な株も買えるのだが、
小さい株しか買えず、お店の人、ごめんなさい。
頑張って大きく育てます!
そして、枯らしちゃったらごめんさない(^^;)。



楽し過ぎて、長くなっちゃったけど、
我が家のシクラメンの写真も。

今の季節咲いているのは「コウム」。
先に満開になった、昨年のクリロー展で買った白花。
(2020/2/8)
20200208 P02

(2020/2/1)
20200201 P01

(2020/2/11)
20200211 P03


2月になってから咲いた、3年目のピンク。
(2020/2/24)
20200224 P10

(2020/2/24)
20200224 P12

(2020/2/24)
20200224 P11


他のヘデリフォリウムとシリシアムも元気ですよ。
(2020/2/24)
20200224 P08

(2020/2/24)
20200224 P09

増えた仲間、頑張って育てよう!

関連記事
 原種シクラメン熱、発症。(2019/2/21)
 我が家の原種シクラメン、秋咲種の巻。(2020/1/23)
 我が家の原種シクラメン、冬咲種の巻。(2020/1/26)

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

クリスマスローズの世界展 2020。

昨年初めて行ったクリスマスローズの世界展。
今年も行ってきましたよ。
(以下全て2020/2/22 スマホで撮影)
20200222 P06

感染症の流行で、あちこちでイベントが中止されていますが、
しっかりマスク着用の上、参加してきました。

新花コンテストのコーナーや
20200222 P02

20200222 P03

20200222 P04


いろんなナーセリーのコーナー
そして、販売コーナー。

あまり詳しいわけではないので、
美しい花々を見て、うわぁ、とか、可愛い〜とか、
心の中で呟きつつ、見て回りました。

本当に多種多様。
多弁の花はゴージャスでかっこいいし、
一重だって清楚な美しさがある。

20200222 P08

20200222 P01

20200222 P09

20200222 P10

うん、どれも綺麗だぁ。


今年も憧れの原種チベタヌスを拝んできました。
20200222 P11

そして、その血を引く美しい「ヨシノ」
20200222 P05

販売コーナーで、今年も値段を見て、
一桁違うしー、と通り過ぎました(^^;)。


お花が小さくて可愛い、プチドールシリーズは
20200222 P07

ものすごく好みだし、小苗なら値段も手頃だしで、
結構悩んだんですが、結局今年も買えず、

なぜなら、原種シクラメンを二つ買っちゃったからね。

その話は、また次回(^^;)。

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

まだ2月ですが、春ですか?

本当に今年は暖かい。
暖かいに加え、ここ数日は目が痒い。
そして、くしゃみ、鼻水。。
うぅ、鼻に春が来てしまった。

気を取り直して、
花にも春。
(2020/2/20)
20200220 P03

色々賑やかに咲いてます。
まだ2月なのに。

カレンデュラとフロスククリは
当たり前のような顔で咲いています。
(2020/2/20)
20200220 P04

ベロニカ・オックスフォードブルーも開花。
(2020/2/20)
20200220 P05

ビオラ・ラブラドリカ(黒葉ビオラ)や
(2020/2/20)
20200220 P07

スイートバイオレット。
この黄色以外に、ピンクもたくさん咲いてます。
(2020/2/20)
20200220 P06

ビオラたちは、相変わらず元気。
(2020/2/18)
20200218 P01

イオノプシディウムも、勢いを増しています。
(2020/2/20)
20200220 P08


暖かい日が続くので、
霜除の不織布を取り払って
落ち葉や枯れ葉を取り除く作業を始めました。
いつもなら3月にするんですけどね。
(2020/2/20)
20200220 P09

ギリアとか、めっちゃ茂ってます。
暖冬の影響か、今年の庭は2月とは思えないほど
緑が溢れていて、
春探しの醍醐味がちょっと薄れがち。

それでも、積もった落ち葉を、
餌を探すつぐみのようにガサガサかき分けると、
チューリップやシラーの芽が覗く。
その瞬間は変わらず楽しい。

今は主役のビオラたち。
2ヶ月後にはチューリップに
主役の座を譲っていることでしょう。
(2020/2/18)
20200218 P02


にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
このページのトップへ