花咲かぺんぎん

~ お花 時々 いきもの ~ 八王子の片隅で、ゆるーい感じのぺんぎんが、                                                                          小さな庭を、毎日毎日、ぼぉーっと眺めて暮らしていましたとさ。。。

さよなら、ユスラウメ

うろ覚えの記憶なのですが、
子どもの頃に読んだ童話の中、
少年と妖精が、さよならする時、
ユスラウメの甘酸っぱい実を食べながら
涙を流す場面がありました。

実物のユスラウメを初めて見たのは、
大人になってから。
ストーリーも忘れた童話の、
切ない場面の記憶がよみがえりました。

自分の庭を持って、最初に植えた数本の樹の中に、
ユスラウメが入っていたのは、そんな理由からです。

それから15年。

毎年4月上旬。
ソメイヨシノと、きっちり同じ頃に、
淡いピンクを含んだ白い花を咲かせました。
私はこっそり「うちの桜」と呼んでいたものです。
(2010年4月 撮影)
100401ユスラ2

100401ユスラ1


6月には、かわいい赤い実をつけてくれました。
甘酸っぱくて、切ない味。
(2011年6月 撮影)
110601ユスラ

数年前からでしょうか。
花は良く咲くのですが、葉の色が悪くなり、
多くの実が、膨らむ前に、さやのような形になって
落ちるようになりました。
調べてみると、「ふくろみ病」という病気で、
落葉の時期に薬で治療するが、その薬も手に入りにくく、
完治も難しいらしい。。。

悲しいのですが、お別れすることに決めました。
近所の樹に病気をうつすかもしれないし。。。

お別れの朝、「切るよ」と、主人に言われて、
「う、うん」と、歯切れの悪い返事しかできませんでした。
ちゃんと決心したはずなのにね。

120211ユスラ

。。。

さよなら、ユスラウメ。
長い間、どうもありがとう。
君の事は、忘れないよ。。。



ユスラウメの樹の下には、
クリスマスローズなど、半日陰が好きな植物。
120211ユスラ2

今、この子たちのために、新しい落葉樹を探しています。
子どもは、また、実のなるものがいい、と言っていますが、
さてさて、何を植える事になるでしょう。



FC2ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします♪
1日1回クリックして下さると、とってもうれしいです。
   ↓


にほんブログ村のランキングにも、参加中♪
下のどちらかひとつでOK、1日1回クリックよろしくお願いします(^_^)/。
   ↓       ↓
にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ にほんブログ村 犬ブログ ベドリントンテリアへ
スポンサーサイト
やっと出会えたアガパンサス | Home | くるみにかわいいお客様

コメント

no title

たとえ1年の付き合いの花であっても、ひっこぬくときには寂しさを感じるものです
それが何年も一緒に暮らした木であるならなおさらですよね><

幼いころの思い出の中にある植物は特別な存在に思えます
わたしは小学生のころ、徒歩通学の途中にあるおうちの庭で
ユスラウメをもらっては食べていたものでした
いつしかなくなっていたのですが、もしかしたら、あの木も同じような病気になってしまったのかもしれません

クリスマスローズたちが快適にすごせる木が見つかりますように~^^

2012/02/16 (Thu) 10:36 | pomu. #ctVP7Y1E | URL | 編集
no title

初めまして

私も同じような経験があって 思わずコメントを書いてしまいました
お庭に植えられてる木でしたら なおさら・・・
ご家庭の歴史とともに 大きくなられたのでしょう
長年 見つめて来た木とお別れするのは とっても悲しいことですね

2012/02/16 (Thu) 17:56 | ラズミー #33fF.cTY | URL | 編集
pomu.さんへ

pomu.さん、いらっしゃいませ。
コメントありがとうございます!
pomu.さんも、ユスラウメに思い出があるんですね。
確かに、子どもの頃、実家の庭にあった植物などに、
私も、特別な思い入れがありますね。
そんな気持ちが原点になって、今、庭いじりにずっぽりはまっているんだと
思うんですけどね(^_^;)。
今は寂しいですが、新しい出会いに、期待したいと思います。

2012/02/16 (Thu) 21:37 | ぺんぎんびたき #EKt0oX0Y | URL | 編集
ラズミーさんへ

ラズミーさん、訪問、コメント、ありがとうございます!
こちらこそ、初めまして、なのですが、
今までも、時々、ラズミーさんのブログ、読ませていただいていたので、
あまり、初めましてな感じがしません(^_^)。

ユスラウメのこと、共感していただいて、なんだかとても救われました。
仕方の無い事とはわかっていても、もっと、なんとかしてあげられなかったか。
実がならなくても、見栄えが悪くても、枯れてないんだから、
切らなくても良かったのでは。。  なんて、ぐちぐち考えていました(;_;)。
大好きな、樹だったのです。。。
きっと、たくさんのガーデナーが、大切にしていた樹と、
悲しい別れをしていて、ラズミーさんも、そのお一人なのでしょうね。
この気持ちを忘れずに、これからも植物たちと、向き合っていきたいと思います。

ラズミーさんとは、好きな植物が結構似ている気がするんです(^_^)。
今日はどうもありがとうございました。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします!

2012/02/16 (Thu) 21:56 | ぺんぎんびたき #EKt0oX0Y | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ