花咲かぺんぎん

~ お花 時々 いきもの ~ 八王子の片隅で、ゆるーい感じのぺんぎんが、                                                                          小さな庭を、毎日毎日、ぼぉーっと眺めて暮らしていましたとさ。。。

タイムとイベリスの切り戻し実験。

クリーピング・タイムが、見頃を迎えています。
120708タイム2

去年、花が遅いのは、刈り込むせいか?と、
刈り込まずに咲かせたら、
  (2011.7.7 撮影)
110707crtyme14.jpg
こんな風に、ちょっとだらしない姿だったので、
今年は、ちゃんと刈り込んだ! つもりでしたが、、

ちょっと、刈り込みが早すぎたのか、
やっぱり、伸びすぎちゃいました(^_^;)。
120708タイム1

この品種の花の時期は、
刈り込もうが、刈り込むまいが、
どちらでも、7月上旬になるようです。
同じタイムでも、咲く時期は様々なのが、不思議です。
( 去年の記事 → タイムいろいろ )
夏至を過ぎれば花芽がつく、とか、
なにかスイッチがあるんでしょうね。

ちなみに、今年は、5/1に地際まで切り戻し、
その後、5月いっぱいは、ひょろひょろ伸びた部分を、
時々軽く切り戻し、6月に入ってからは切りませんでした。

花芽が出来ているか、警戒してのことだったのですが、
実際花芽がついたのは、6月下旬でしたので、
6月上旬くらいに、もう一度軽く切り戻すべきだったかも。。

でも、風に揺れる姿もいいものです。


その隣に、やはり花壇の縁取り要員として、
イベリスを植えています。
(2012.4.18 撮影)
120418イベリス

イベリスは、4月に咲くので、
春は花が終わるまで、刈り込み禁止。
以前、春に切っちゃって、花が咲かなかったことが。。

花が終わったら、蒸れないように刈り込みます。
その後は秋頃まで、様子を見ながら時々剪定。
混んでるところの古い枝を切り詰めたりして、
なるべく地際から新芽がでるようにします。

5/23に、
左半分を、思いっきり切り詰め、
右半分は、そのままにしておいたところ、
120523イベリス

1ヶ月後の6/24、
左半分は、いい感じに茂り、
右半分は、伸び放題で、
根元がちょっとスカスカ。
(この後、切り戻しました(^_^;))
120624イベリス

試行錯誤しながら、
きれいに咲かせるための、
切り戻しのタイミングを探します。
こんな時、ちょっとだけ、
理系女子の血が騒ぐんだよなぁ(^_^)。



にほんブログ村のランキングに参加中♪
お気に召しましたら、クリックお願いします(^_^)。
     ↓       
にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
スポンサーサイト
エキナセアのつぼみ | Home | 球根たちのリレー、その後。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ