花咲かぺんぎん

~ お花 時々 いきもの ~ 八王子の片隅で、ゆるーい感じのぺんぎんが、                                                                          小さな庭を、毎日毎日、ぼぉーっと眺めて暮らしていましたとさ。。。

てっぱん、カルーナ × フリフリパンジー。

冬の寄せ植えを作りました。
121107よせうえ

カルーナ・ブルガリス三種盛りに、
2種のフリフリパンジーと、ディコンドラと
ハツユキカズラとシルバーレースを入れました。

カルーナ・ブルガリス。
121107カルーナ2

おととし。
秋に花屋で見かけるも、
「エリカ系って、冬の終わりにはみすぼらしくなるよねぇ」と、
スルー。
しかし、近所の家の寄せ植えが、春までいい感じだったので、
「むむっ」と、興味を持つ。

去年。
お試しー、と、一鉢だけ買って、
寄せ植えに使う。

その結果、
色合いは変化するものの、春まで綺麗♡
花がら摘みも不要♪
しかも、寒さにびくともしない!

なんて良い子なの♡
( 去年の関連記事 → 冬の寄せ植え その2  
            カルーナ・ブルガリスの森 )

と、いうわけで、
我が家の冬の定番植物に認定いたしました(^_^)。
121107カルーナ3

今まで、我が家の冬の寄せ植えのてっぱんメンバーは、
パンジービオラと、ストック、アリッサム、
そして、リーフ類だったんですが、
ストックは、ヒヨドリにつつかれるし、
アリッサムは、案外真冬には傷んでしまう。

それ故、今年からは、カルーナ×パンジーを、
てっぱんと、いたします!

今年は3色買いました♪
この3種盛り、やってみたかったんだよねぇ。
お花屋さんには、他にも色の違う苗があって、
選ぶのに悩みました。
できれば全種、盛りたかったけど、鉢の大きさに無理が。。。
121107カルーナ1

寒さに強い、頼もしい植物たち。
これで春まで、安心です♪



にほんブログ村のランキングに参加中♪
お気に召しましたら、クリックお願いします(^_^)。
     ↓       
にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
サフラン 咲いて、散って。 | Home | フリフリパンジー。

コメント

おはようございます。

カルーナの寄せ植え、素敵ですね。
私は植えたことないのですが、華やかで良さそうです。
手入れは楽な子なんでしょうか。
やっぱりお花が少ないこの時期、色があると嬉しいですね。

パンジーも良いですね。
フリフリパンジー、私はパンジービオラにこれまで
あまり興味なかったのですが、今年フリフリをひとつ
買っちゃいました。一目ぼれで・・・。
やっぱし、可愛いですね。(●^o^●)

2012/11/13 (Tue) 07:53 | ゆー #- | URL | 編集

こんにちわ^^
私も「エリカ様は春先が・・・」と思っていましたが
今日見直しました(笑

そんなことないんですねw
今年はまだパンジービオラ系は買えていません。
多肉さんを室内になおしたら玄関をビオラまみれにするんだぁ(*^_^*)

現在は真夏に咲き始めたビオラがクリスマスローズの鉢からこぼれています。春の競演楽しみ~!
でもその前に一回きり戻さないとね^^;


この間の質問。100種類ですか!
うちもだいたい同じくらいです~♪
この間リストを作って数えてみたところ、
127種類でした。
にしても春が一番植物が多いです^^

2012/11/13 (Tue) 12:13 | riwa #- | URL | 編集
ゆーさんへ

ゆーさん、こんばんは!
カルーナブルガリスは、花がら摘みもいらないし、
お手入れ楽々ですよ。
寒い冬でもカラフルな姿。
ありがたい存在です。

フリル咲きのパンジー、
買っちゃいましたか(^_^)。
やっぱり、かわいいですよね。

2012/11/13 (Tue) 23:46 | ぺんぎんびたき #EKt0oX0Y | URL | 編集
riwaさんへ

わはは、riwaさんもエリカのこと、
「エリカ様」って呼んじゃうんだ(^_^)。
私も、ついつい「様」つけちゃいます。
うーん、なかなかいいとこあるのよ、この子。

riwaさんちの、ビオラだらけ玄関も、楽しみです。
?ん? 真夏にビオラ? すごい。

127種はすごいですね!
多肉とか、結構ありそうですものね。
うちは、冬に室内に取り込む場所がほとんど無いので、
寒さに弱い植物は極力我慢してます。
やはり、春が一番種類増えますね(^_^)。

2012/11/13 (Tue) 23:57 | ぺんぎんびたき #EKt0oX0Y | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ