花咲かぺんぎん

~ お花 時々 いきもの ~ 八王子の片隅で、ゆるーい感じのぺんぎんが、                                                                          小さな庭を、毎日毎日、ぼぉーっと眺めて暮らしていましたとさ。。。

野生(?)のチューリップ

遊佐未森の歌う「野生のチューリップ」を聞いたのは、何年前のことだったかしら。
ちょっと精神的にダメージ受けてた時期で、なぜか、この曲にとてつもなく勇気をもらった。
さあ、真夜中の強い風の中、立ち向かっていこう、と。。。

さてさて、わがやの野生(?)のチューリップ。
原種系チューリップのクリサンサ。
110426クリサンサ

1999年10月に初めて植えて、その後秋に多少移動させるものの、掘り上げること無く、植えっぱなしで育てています。ひょろひょろたよりない姿なのですが、ちゃんと毎年咲いてくれる。これぞ野生のたくましさでしょうか。

とはいえ今年はとうとう残り2本に。
ほっそりした姿がとても魅力的で、大好きなチューリップ。
いつまでもこの庭で咲いて欲しいな。

ピンクのチューリップと寄り添いあって、
ツートンカラーのおしゃれさんです。
110419寄り添って

そして、こちらは野生、というより”野良”のチューリップ。
110419野良チューリップ

宿根草の植えてある場所に球根がまぎれこんでしまい、ちょっと邪魔だったりするんですが、抜くこともままなりません。
「チューリップは夏の暑さに弱いので、毎年掘りあげてあげましょう」とかいいますから、そのうち消えるだろう、と思っていたら、毎年毎年春になるとにょきっと顔を出す、ど根性チューリップたちです。
咲いたり、葉だけだしたり、きまぐれなやつらですが、今年は赤と白が咲きました。

野良、といっても、やっぱりきれい。
110419野良チュー白

そして今年もたぶん抜かないで残してあげるんだろうなぁ。。。
スポンサーサイト
親子のハナミズキ | Home | チューリップの季節

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ