花咲かぺんぎん

~ お花 時々 いきもの ~ 八王子の片隅で、ゆるーい感じのぺんぎんが、                                                                          小さな庭を、毎日毎日、ぼぉーっと眺めて暮らしていましたとさ。。。

背高のっぽのチコリ、咲いた!

でかいでかい、でかすぎる、と、
さんざんな事を、言われ続けたチコリ。
(関連記事 → ジギタリスの花。

冬の愛らしい姿からは、想像できないサイズに育ち、
ただいま、身長170センチなり。
130522チコリ

花芽をつけたものの、でかいばかりの地味な姿のまま、
持て余され気味で、肩身の狭いその立場。。

でも、ある日、華麗に変身。

咲きました!
水色タンポポな、チコリの花!
130601チコリ1

そう、この花を見たくて、
真冬の園芸店でみつけた見切り品の苗を、
お迎えしたのは2年半前。

(関連記事 → 見切り品ハーブの、一年後の姿。

本で見た写真の花は、
サラダ素材のチコリからは、想像ができない姿。

どんな風に、花がつくの?
本当に、こんな綺麗な水色なの?

実物を見て納得。
しべまで青い、その姿は、本当に綺麗。
130602チコリ

花のサイズは約5センチ。
タンポポというにはちょっと大きいけど、
花の造形は、とても繊細。
130601チコリ3

そして、大きいからこそ、
一斉に咲くと、結構豪華。
130605チコリ

でくのぼう扱いだったチコリは、
一気に、庭の主役になりました。


さて、このチコリ、
初めて咲いた日の朝は、出掛ける予定で忙しく、
大慌てで写真を数枚撮り、
あとは、帰ってからゆっくり撮ろう、と思ってた。

15時頃、帰宅して、がーん。
130601チコリ4

そうでした。
チコリは、一日花。
美しい姿は、午前中しか見れません。

それともうひとつ気になることは、
チコリについて調べると、
多年草、と書いてあったり、二年草と書いてあったり。

宿根して欲しいけど、
これだけ豪勢に花をつけたので、
夏越しは期待しない方が良さそうかな。
130604チコリ

美しくて、ほれぼれするその姿ですが、
やはりサイズがサイズだけに、
来年以降、どうしたものかと、
ちょっとだけ悩ましい。。。
130601チコリ2



にほんブログ村のランキングに参加中♪
お気に召しましたら、クリックで応援お願いします(^_^)。
     ↓       
にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
消えたエクボソウの謎。 | Home | クレマチス、レッスン中。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ