花咲かぺんぎん

~ お花 時々 いきもの ~ 八王子の片隅で、ゆるーい感じのぺんぎんが、                                                                          小さな庭を、毎日毎日、ぼぉーっと眺めて暮らしていましたとさ。。。

大部屋俳優の寄植え。

先日買った花苗で、寄植えを作りました。
(素人の寄植え故、
 お見苦しい点はスルーして下さい(^_^;)。)

夏の寄植えから、ベゴニアとデュランタを抜き、
フリフリパンジーと、
ちょっと控えめなカルーナを加えました。
居残り組は、ローズマリー、タイム、
ワイヤープランツなどなど。
引き続き、よろしく! です。
131126よせうえ2

3色のカルーナには、
「よく咲くスミレ」シリーズの
「ピーチ」を加えて、賑やかな寄植えに。
131124よせうえ1

さて、残ったアプリコット色のパンジーの行き先が、
タイトルの「大部屋俳優」の鉢。

「大部屋俳優」の鉢って何?
解説いたしましょう。

私は挿し木が好きです。
というか、剪定で切った枝がもったいなくて、
ついつい挿し穂にしてしまうのですよ。

初夏の頃、いろんな枝を赤玉土に差し込んでは、
せっせと苗を作ります。

すくすく育って、立派な苗になって、
華々しく花壇にデビューするアイドルや、
即戦力として、寄植えに参加する、
名脇役もいるものの、
定植先が決まらないまま、夏を迎える苗もいる。。

小さなポリポットの苗。
このままだと、真夏、特にお盆の帰省中に、
確実に、水切れで枯れる。。。

そこで、
「さあ、君たちは、大部屋行きだよ~。
 みんなで仲良く夏を越してね~。」
と、
グリーンだらけの寄植えもどきな、
大鉢やプランターが、毎夏作成される。

そんな鉢などの事を、私は
「大部屋俳優」の鉢、と呼んでいるのです。

このプランターも、そう。
131126よせうえ3


この鉢からは、
大部屋のまま、一生を終えるものあり、
秋になって、花壇デビューするものもあり、
それなりに、興味深いドラマが繰り広げられますが、
どちらかというと、
そこそこに世話をされるものの、
目立たず、ひっそり、
庭の隅に置かれ続ける運命。

ただ、今年の、こちらの鉢は、ちょっと違った!

大部屋俳優達が、どうしたことか、
なかなかにいいハーモニーで共存し、
しかも、花苗を植えてくれろと、
言わんばかりの、
程よい空白地帯が。。。
131126よせうえ1

で、ここに、パンジーを投入したわけです。

主演女優を迎えた大部屋の鉢。
愛すべき、脇役達を紹介しておきましょう。

ローダンセマム・アフリカンアイズ
ベロニカ・オックスフォードブルー
ロータス・ブリムストーン
カラミンサ・グランディフロラ
フォックスリー・タイム
ヘリクリサム・ミクロフィラ

フリフリパンジーの寄植えと、
ローテーションで、
玄関を飾る日も近い!

大部屋俳優達の、今後の活躍はいかに?
13126よせうえ4



にほんブログ村のランキングに参加中♪
お気に召しましたら、クリックで応援お願いします(^_^)。
     ↓       
にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
「華」が、無い。 | Home | 秋終わる頃の、庭仕事。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ