花咲かぺんぎん

~ お花 時々 いきもの ~ 八王子の片隅で、ゆるーい感じのぺんぎんが、                                                                          小さな庭を、毎日毎日、ぼぉーっと眺めて暮らしていましたとさ。。。

冬に、元気をくれるもの。

冬真っ盛りの庭。

霜柱や、冷たい風で傷まぬように、
苗に不織布をかけてみたり、
腐葉土で株元を覆ったりしています。
140118庭2

寒いよー。
もう、やだよー。

。。。

そんな中でも、元気だなぁ、と思うのは、
休まずつぼみをつけて、
ちらほらと咲くローズマリー。
140118ローズマリー1

冬こそ我が季節、とばかり、
濃い緑の葉を、つやつやと伸ばす、
リコリス・フォーンとサフラン。
140122リコリス1

140122サフラン2

「寒いけどねぇ、へっちゃらだよ。」
無邪気に咲くのはビオラ達。
140118ビオラ3

多くの植物が、
寒さで地上部が枯れたり、
葉が変色したり、
ロゼット状になって
じっと寒さに耐えているのに、

ふつーに、葉を伸ばしている、
ラグラス・バニーテール。
140118ラグラス7

そして、
ローダンセマム・アフリカンアイズや
つぼみまでつけちゃったカレンデュラ。
140118ローダンセ5

こんなに広がって育つとは知らずに
株間を狭く植えすぎた
ジギタリスとチコリたちは、
相変わらず押し合いへし合い。
ちょっと傷んだ葉もあるけど、
呆れるほど元気。
(右手前がチコリですよ。)
140118ジギタリス6

こうしてみると、
冬の庭も、なかなか賑やか。
緑が、命が、詰まっています。

ちょっと凹んだ心にも、
こうして、暖かい元気をくれます。



にほんブログ村のランキングに参加中♪
お気に召しましたら、クリックで応援お願いします(^_^)。
     ↓       
にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
ミスクトスケンコアナの謎を解く。 | Home | 冬の水やり。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ