花咲かぺんぎん

~ お花 時々 いきもの ~ 八王子の片隅で、ゆるーい感じのぺんぎんが、                                                                          小さな庭を、毎日毎日、ぼぉーっと眺めて暮らしていましたとさ。。。

ファルコン、ちょっと壊れる。

ファルコンさん、ここんとこ元気が無い。
10歳だから、しかたがない、と、
そういうものなんだろう、と、
思っていた。

でも。。。

140312ファル

事の起こりは、12月下旬頃。
早朝5時とかに、吠えるようになったこと。

ファルコンは、活発な犬だったので、
見ていてあげられない時に、
事故や誤飲したりしないよう、
子犬の頃からずっと、留守番と、夜は、
ハウスに入るようにしていました。

めったにハウスで粗相する事はなくて、
失敗する時は、お腹をこわしてたとか、
ちょっと留守番時が長過ぎたとか、
ちゃんと理由がありました。

それなのに、
朝は早くから鳴いて、ハウスからでたがり、
行くのが遅れるとお漏らし。

おじいちゃんになったから仕方ないのか、と、
鳴き出すと、私が起きて、ハウスから出してあげる生活に。
ちょっと寝不足。

そのうち、昼間の留守番中にも
失敗するようになった。

これは、鳴いていても、駆けつけてあげられない。
困った。

子犬の頃は、やんちゃで、
ハウスに入れずに留守番は心配だったけれど、
だいぶ落ち着いたし、まずは、夜、トイレのある、
リビングで過ごさせるようにしてみました。

最初はとまどって、寝る時間になると、
ハウスの扉をあけようとカリカリしたりしたけれど、
だんだん慣れた。

寝ぼけたか、トイレからはみ出ている事もあったけれど、
トイレがあると安心なのか、
朝、吠える事は無くなった。ふう。

それから、昼間の留守番にも挑戦。
最初は、30分ぐらいの外出。
それから、1時間とか、2時間。
次は、午前中ずっと。
会社が近いので、昼休みに様子を見に帰ったり。

お昼に帰ると、すでにトイレにおしっこしていたり、
窓辺の、トイレ以外の場所にしていることもあった。
どうやら、通行人や散歩犬に興奮して吠えたりすると、
もらしちゃうみたい。

最終的には、興奮しないよう、
ファルのいる部屋の雨戸を閉めて、
出かけるようにした。
トイレも、もう一つ買って来て、
2カ所で出来るように。

これで、また、安心して出かけられるようになりました。

雨戸がしまってるのって、防犯上、いかにも留守で、
よろしくないかとも思いましたが、
リビングにファルがいますから、
不審者が侵入したら、大騒ぎして、
襲いかかる事、間違い無し!
ちょっと変だけど、良しとしましょう。

さて、
それでも、おしっこが近いのは、
老化のせいだとばかり、思っていたのです。



ところが、
先週、予防接種のため動物病院に行くと、
いつも8.5kgくらいあった体重が、7.1kg!

心配した先生に、ご飯の量や、うんちのことを訊ねられたのですが、
いや、それより、おしっこで困っている、と相談してみました。

糖尿病や腎臓の病気でおしっこが増えたり、
体重が落ちることもあるので、検査したほうがよい、とのこと。
えっ、そんなぁ。。。



そして、昨日、おしっこの検査をしてきました。
結果は蛋白が2〜3+でした(;_;)。
糖がでていなくて、心配した糖尿病は違うようで、
腎炎などが疑われるとの事。
血液検査もしてもらったので、結果の出る来週、
どんな治療をするか決めましょうとのことでした。

今まで大病はした事が無かったファルコン。
まさか、病気とは思いもせず、
老化と決めつけずに、早く病院に行けば良かった。
水を飲み過ぎるからおしっこが近いんじゃない?と、
水皿に少ししか水を入れなかったりしたのも、
腎臓に負担をかける悪い行為だったらしい。
トイレ失敗したとき、ついつい、怒ったりもしたけど、
本当はファルコンもつらかったんだよね。
反省、反省、反省、反省(;_;)。

病気とは言っても、散歩の時は、
元気いっぱい歩いて、友達に尻尾を振って、
いつもどおりのファルコンなのです。

これ以上、ひどくなりませんように。
できましたら、
以前の健康なファルコンに
戻ってくれますように。。。

長文で、内容が愚痴でごめんなさい。
最後まで読んで下さった方、
お付き合い下さって、ありがとうございました。。。

IMG_0519.jpg



にほんブログ村のランキングに参加中です。

ベドリントンテリア カテゴリーにも、再登録いたしました。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
   ↓       
にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ベドリントンテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
咲いている花、これから咲く花。 | Home | 春庭、始まる。

コメント

ぺんぎんびたきさん、はじめまして。
以前、ガーデニングのことが知りたくて検索して
こちらのブログを読んだことがあります。

ベドちゃんがいらしたんですね〜
ファルコンちゃん、腎臓すぐに良くなるといいけど・・
ご心配ですね。

これからガーデニングのこといろいろ教えてください。
どうぞよろしくお願いします(^^)

2014/03/15 (Sat) 10:14 | mary #IUMVgB5s | URL | 編集

早くよくなるといいですね・・。
うちには1歳になるチワワがいるのですが、やっぱり若いときは元気だけど、年をとってきたらきっとぺんぎんびたきさんのように、同じように思って病気と疑うことはなかなかないように思います。私も気をつけなきゃ・・。

ファルちゃんが元気いっぱいになりますように祈ってます。

2014/03/15 (Sat) 16:03 | fiocco #cvwWrnq. | URL | 編集
maryさんへ

maryさん、はじめまして!
ドキドキしながら、ベドリントンテリアカテゴリに再登録したのですが、早速のコメントと、暖かいお言葉、ありがとうございました。

以前にも訪問していただいたことがあるんですね!
びっくりです。
私も、maryさんのブログ、時々見せていただいていましたよ。ベドの多頭飼って、びっくりですが、仲良く庭を走り回っている動画など、とても楽しく拝見していました。

ブログを始めてすぐの頃、少しだけベドのカテゴリーに登録していましたが、ブログネタがほとんど花になってしまったので、登録を解除していました。
老犬だし、今更なのですが、少しでも情報交換できたら、と、再登録しました。
どうぞよろしくお願いいたします。

2014/03/15 (Sat) 19:26 | ぺんぎんびたき #EKt0oX0Y | URL | 編集
fioccoさんへ

fioccoさん、ファルに、お見舞いのお言葉、
ありがとうございました!

fioccoさんちにも、チワワちゃんがいるんですね。
1歳かぁ、懐かしいなぁ。
元気過ぎて、やんちゃ過ぎて、誤飲でお腹こわしたりはしたけど、病気知らずのころでした。
10歳って、まだまだ老け込むには早い、でも、
どんな病気がでてもおかしくない時期なんですって。
(獣医さんに言われた、そのまま受け売り。)

しゃべれないから、気付いてあげるしかなくて、
でも、犬って結構ぎりぎりまで我慢しちゃう。
これからは、もっともっと、気をつけてあげようと、
今回は、反省いたしました。

2014/03/15 (Sat) 21:38 | ぺんぎんびたき #EKt0oX0Y | URL | 編集

ファルコン君、大変だったんですね。
原因が分かって良かったです。
早く良くなると良いなぁ。
本人は年寄り扱いしやがってと怒ってたりして。(* ̄m ̄)プッ
陽だまりで丸くなってるぴこに
ぴこばあちゃん、大丈夫?なんて
言ってる私も同類ですが。笑


その時に「サイン」に気づければ良いけど
経験が無ければ「サイン」だって分かりません。
もっと酷い事になってたかもしれないと
思えば幸いだったんじゃないでしょうか。
ぺんぎんびたきさんもあまりご自身を責めないで
くださいね。^^
ファルコン君が1日も早く元気になるよう願っています。

2014/03/16 (Sun) 10:32 | かお #- | URL | 編集
かおさんへ

かおさん、コメントありがとうございます。
ふふ、そうですね、本人は、まだまだ若いつもり。
ちょっと怒ってたかな(^_^;)。
でも、トイレを失敗しちゃったあとは、
なんだか困った顔をしてるの。
怒られるのがいや、っていうのもあるだろうけれど、
本人が、「なんでだぁ?」と、戸惑っていた気がします。

予防接種がきっかけで、病院に行って、
もっとひどく、腎不全とかになる前に
検査できて良かったんですよね。
ぴこちゃんを長く看病なさっている、かおさんの言葉、
とっても重みを感じ、励ましになりました。
本当にありがとうございました。

2014/03/16 (Sun) 14:22 | ぺんぎんびたき #EKt0oX0Y | URL | 編集

こんにちは。
ファルコン君、心配ですね。
10才も過ぎると体も色々不調が出てくるんでしょうね。(*_*)

ベニーも何年か前に肝数値が良くなくとても心配しました。
今は元気ですが、これからも気をつけて観察しないといけないと思ってます。

ファルコン君、よくなりますように。

2014/03/21 (Fri) 09:56 | やまち #6AWUBD.o | URL | 編集
やまちさんへ

やまちさん、コメントありがとうございました!

今まで、お腹をこわしたとか、歯周病とか、
軽いギックリ腰とか、ダニとか、、、
ま、命には別状無いぞ、という症状でしか、
獣医さんにお世話になったことがなくて、
体重の減りにびっくりした先生に、
いろいろと訊ねられて、おろおろしてしまいました。

ベドといえば、肝臓が、真っ先に心配になりますよね。
幸いファルは大丈夫なようですが、
ベニー君、数値が悪かった時は心配だったでしょうね。
よく注意して見てあげて、長生きして欲しいですよね。

お見舞いの言葉、ありがとうございました。
これからも、どうぞよろしくお願いします!

2014/03/21 (Fri) 23:49 | ぺんぎんびたき #EKt0oX0Y | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ