花咲かぺんぎん

~ お花 時々 いきもの ~ 八王子の片隅で、ゆるーい感じのぺんぎんが、                                                                          小さな庭を、毎日毎日、ぼぉーっと眺めて暮らしていましたとさ。。。

ドライフラワー教室。

息子の同級生のお母様が、
ドライフラワーの先生をしていらっしゃる。

以前から気になっていたのに
なかなか参加できなかったのですが、
一日教室に、初めて参加してきました。

初心者ですし、大きな作品は置き場所も困るし、
一番小さくて、初心者向きのコースを申し込み。

最初はどきどきしながら、
でも慣れてくるとだんだん楽しくなって、
おしゃべりしながらあっという間に
二つのミニリースが完成しました。
141126リース1

私にも出来た(^_^)。
ちょっと感動。
141207リース2

141207リース1


自分の庭で育てた花を、時々ドライにしてみるけど、
せいぜい束ねて飾るくらいで、
もったいないなと思っていたので、
今度は自分で自分の花で、
作ってみたいな、と思っています。

定期的な教室は、仕事があるので通うのは無理ですが、
毎年この時期に、一日教室を用意しているらしいので、
また参加してみたいな。


今日の記事にのせてるのは、
ど素人な私の作品の写真だけなので、
うまく伝わらないとは思うのですが、
先生の作品は、とてもナチュラルで、
微妙な色使いがとても素敵なのです。

例えば寄せ植えや、ブーケでも、
作家さんによって微妙に違いがあって、
たとえプロの作品でも、
一目見て、「わぁ!」と思うことと、
「ふーん」で終わる事、ありませんか?
もちろん、ものすごく主観的なところでなのですが。

先生の作品は私にとって「わぁ!」でした。
うまく言えなくてすいません。

そんな先生に出会えた幸運に感謝しつつも、
口下手な私は、緊張して、
上手にそんな気持ちを伝えられなくて、
他の生徒さんにも圧倒されっぱなしの、
ちょっと切ない、初めての教室でした。

お稽古ごとなんて、
自分には贅沢だよね、
また行っても、自分がみじめになるだけかも、
なんて、思ってみたりもするのです。

でも、いつか、いつか、
なんて思ってるばかりじゃ、
おばあちゃんになっちゃうし、
子どもと違って、年を重ねるだけじゃ
成長できないことも、もう知ってる。
辿り着きたい場所には、
自分で上っていくしかないんだよね。

いや、まあ、私の場合、
それほど大それた望みなど無いのですが、
誰だってそれなりに、
なりたい自分や、
作りたい世界。
ちっぽけな野望はあったりするわけで。

ちょこっとだけ、悪あがき。
そんな私の
小さな一歩。



にほんブログ村のランキングに参加中♪
いつも応援、ありがとうございます(^_^)/。
   ↓       
にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ベドリントンテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プレゼントで、寄せ植えを。 | Home | カルーナで寄せ植え。
このページのトップへ