花咲かぺんぎん

~ お花 時々 いきもの ~ 八王子の片隅で、ゆるーい感じのぺんぎんが、                                                                          小さな庭を、毎日毎日、ぼぉーっと眺めて暮らしていましたとさ。。。

球根リレー2015、4月。

まだぼんやりとしていますが、
庭の花は、私の気持ちなどおかまいなしに、
お祭り騒ぎを始めています。

満開の花は、私に向かって、
「ねえ、見て!ねえ、見て!
 あれ?どうしたの? 元気出して!」
と、語りかけるようです。

お花たちも、同じ命。
せっかく咲いた綺麗な花、
ちゃんと、お世話してあげなきゃね。
写真に収めてあげなきゃね。


倒れてからのファルコンは、
ほとんど吠えたりしなかったのに、
最後の日は、なぜかなんども吠えました。
もちろん、大きな声でわん、とは鳴かず、
ふぁん、ふぁん、と弱々しくではありますが。

通院途中も、腕の中で、空に向かって
ふぁん、ふぁん、と吠えていました。

どこか痛くて苦しいの?
お外はお散歩と思って、歩きたいの?
そう思っていましたが、
もしかしたら、自分を連れて行こうとするものに、
必死に抵抗して鳴いていたのかもしれません。
「来るな!来るな!」と。

病院から帰ったファルコンは、
なんだか呼吸も弱くなって、
このまま消えてしまいそうで、
不安になった私は、ファルを抱きしめて話しかけました。
「怖くないからな、大丈夫やから。
 ファルの行くとこは、すっごく綺麗なとこやからな。
 そこではもう、どこも痛くないし、思いっきり走れるよ。
 怖がらんで、大丈夫やからな。」
なんどもなんども話しかけました。
そして、ふと我に返って、
いやいや、まだまだファルは生きてるやん、
こんな話して、おかしいよなぁ、と
苦笑して、ファルをベッドに戻しました。

その後、不安は的中することになり、
この時間を持てたことは、
自分にとって、大きな救いになったのですが。

 *   *   *

以下の文は、最後の日の昼下がり、
ファルを看ながら書いた記事です。
写真を選ぶのに手間取って
夜にアップしようと、記事だけ仕上げてたのに、
あんなことになってしまって。。。

書き直そうかとも思ったけど、
原文のまま、掲載します。

 *   *   *

以下、5/1に書いた記事

 *   *   *

なんとも爽やかな5月初日、
たまっていた写真を整理するとしましょう。

通院までの時間、どこにも出かけることもなく、
ファルコンと、まったり過ごす休日。

 *  *  *

(4/12)
一昨年、出会って、すれ違って、
昨年、忘れられずに買い求めた、白い水仙、タリア。
R150412タリア1

うーん、清楚。
( → 雫咲水仙に片思い。

思っていたよりは背が高く、
思っていたより花期が遅く、
黄色いテターテートとのコラボはなりませんでした。

しかも、今年の四月は長雨で、
楽しめたのは、ほんの一瞬。
また、来年会おう!



(4/12)
フリチラリア・メリアグリス
白と黒を植えていたはずですが、
今年咲いたのは黒一輪。

( → 球根リレー、ぽつぽつと。
R150412フリチラリア2



(4/22)
オキザリス・アデノフィラ
個性的な形の銀の葉っぱ、
可愛いピンクの花。
ラベルの写真に飛びついて買ったのだが、
結構手強い種類のようで。
P150422アデノフィラ1

本当はもっと綺麗に咲くと思うのだが、
今年咲いた記録として。
だって、夏越しがかなり難しいらしくて、
消滅可能性大なのだ(^_^;)。
R150422アデノフィラ1



(4/22)
シラーカンパニュラータ
今年も、ノッポのブルーと、チビのピンクが
仲良く並んで咲きました。
P150425シラー3

R150422シラー3

P150426シラー4

P150426シラー3

ブルーベリーの木陰でデート。
P150425シラー1

本当に可愛いカップルです。
( → 3色の、シラー・カンパニュラータ。



(4/22)
ヌタンス
R150422ヌタンス2

綺麗! でも地味!
P150426ヌタンス2

冷蔵庫での夏越し実験、残念ながら失敗でした。
( → ヌタンス、冷蔵庫から目覚める。

早くに目を出しすぎたのか、
花の季節が来る前に、冷蔵庫ヌタンスは枯れてしまったのです(;_;)。
植えっぱなしの2群の中から、一株だけ花を咲かせたのがこれ。
P150425ヌタンス2

うーん、やはり美しい。

でも、シラーカンパニュラータと並ぶと、
まったく存在に気付かれないという、
なんとも、不憫な花。
ピンクのシラーに横恋慕かな?
P150426シラー1

( → 球根リレー、ヌタンスへ。


 *  *  *

ファルは足元で、ずっと寝ています。
あるいは、目を開けて、
どこか遠くを見ています。
時々ふぁんふぁんと鳴いて呼びますが、
オムツを替えたり、
寝返りをうたせてあげると、落ち着きます。

お水は少し飲むけど、
ごはんは、今一番のお気に入りのフード
(残念ながら腎臓サポートではない)
に、ちょっと反応するだけで、
それでもほとんど飲み込もうとはしません。

昨夜は二回目の痙攣発作を起こしました。

穏やかに眠っているときは、
この優しい時間が、ずっと続くように思うけど、
残り時間はあまりないのかな。

              (2015/5/1)

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ベドリントンテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
タッジーマッジー、ブルーベリー入り。 | Home | ファルコン、旅立ちました。
このページのトップへ