花咲かぺんぎん

~ お花 時々 いきもの ~ 八王子の片隅で、ゆるーい感じのぺんぎんが、                                                                          小さな庭を、毎日毎日、ぼぉーっと眺めて暮らしていましたとさ。。。

ファルコンへ。

甘えん坊は甘やかそう。
気がすむまで撫でてあげよう。
いつまでお前といられるのか。
次の春は巡るのか。

私なんかのところに来て
お前は幸せだっただろうか。
お留守番ばかりで、
ちっとも遊んであげられなくて。
それでも甘えたいときは、
目の前におすわりして
じっと見つめてくれたよね。
尻尾をぱたぱた振ったよね。
だからお前が愛おしかった。
そんなお前に私は何か返せただろうか?

いつの日か、虹の橋を渡るとき、
私のことなど待ってはダメだよ。
きっと私は天国なんて行けやしない。
待ってたって来やしないからね。

私のことなどすっかり忘れて、
真っ白な毛皮と真っ白な牙を取り戻し、
どこまでも駆けてお行き。

あぁ、お前はなんて美しい獣だろう。

 *   *   *

上の文章は、まだ秋か冬の頃に、
ファルに話しかけるように書いた文章。

あまりにセンチメンタルすぎて、
ブログに載せることもなく、
ネタ帳に眠っていました。

こんなに早く、その日がくるとは思いもせず。

 *   *   *

あの日から一週間が経ちました。

お世話になった方々との、電話やメールのやりとり、
ブログにコメントを寄せてくださった方々へのお礼、
そんなことで、気持ちを言葉に置き換えているうちに、
少し落ち着きを取り戻しつつあります。

そういう作業がなかったならば、
まだまだ私は混乱し続けていたと思います。

まだ、少しの物音も、
ファルが起きてハウスから出てくる音のように思い、
庭にいる時、窓辺でカーテンが揺れると、
ファルが顔を出しそうに思い、
最期の姿を思い出しては胸が痛みます。
あの柔らかくて暖かい、
ふわふわの背中をもう一度、撫でたい。

そんな悲しみと並行して、
私にはするべきことがいっぱいあって、
悲しんでばかりはいられなくて、
日々の雑事の埋もれるように、
時々ファルを忘れてしまって、
そんな自分が許せなくて、
でも、忘れて歩いていかなきゃならなくて。

 *   *   *

次回からは、今まで通りの、
お花ブログに戻ります。
能天気な、のほほんぺんぎんびたきに戻ります。

急にさよならは寂しいので、
しばらくベドリントンテリアカテゴリに、
籍を残させてくださいね。
時々は、ファルコンの思い出を書くかもしれませんが、
その時はもう、泣かずに書きたいな。

ここしばらく、悲しい記事ばかりでごめんなさい。
それでも読んでくれたみなさん、
本当にありがとうございました。

写真は、最後の日、
ファルを抱っこで病院に連れていく道すがら、
二人のシルエットをスマホで撮ったものです。

ファルとの日々は、幻じゃなく、
確かにそこに、あったもの。
i150501ファル

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ベドリントンテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
春庭ダイジェスト、2015年4月前半。 | Home | タッジーマッジー、ブルーベリー入り。

コメント

シルエットの写真が悲しすぎます。
お耳のポンポンがはっきりと写っていてファルくんだ!とわかります。
今、お店番しながらコメントを書いています。
涙があふれて困ります。今、お客様が入ってきたらどうしよう〜(笑)

ぺんぎんびたきさんの愛情をいっぱいもらって育てられたファルくんは幸せでしたよ。
きっとファルくんは空の上からいつもぺんぎんびたきさんを見つめています。
あんまり悲しんでばかりいるとファルくんはいつまでも虹の橋を渡れません。
辛いけれど少しづつ前を向いて歩いて行って欲しいな。
ファルくんもそんなぺんぎんびたきさんを望んでいるはずです。

2015/05/10 (Sun) 10:18 | mary #- | URL | 編集

抱っこされてるファル君。
ベド飼いなら誰でもわかるそのシルエットです。

ぺんぎんびたきさんのブログを読みながらいつか来る時を自分はどう迎えるのか考えます。
ひとりっ子ベニーがいなくなる悲しみを想像して凜を迎えました。
もう若くないベニーとこれからどう悔いなく過ごすのか考える機会になりました。
体は無くなってもファル君はいつもぺんぎんびたきさんやご家族の近くにいますよ。
まだまだ考えて涙が流れるのは仕方ないですけど、思い出して悲しむのも供養だと私はいつも思います。
ぺんぎんびたきさんが穏やかにファル君を思える日が来るのを願っています。

2015/05/10 (Sun) 13:08 | やまち #6AWUBD.o | URL | 編集

そうだよー
たくさん思い出話しをしてー笑って泣いてー
幸せだったと思う事が供養になると私は思っています。
ぺんぎんびたきさんが幸せだったならファル君はとても幸せだったんですよー。犬は飼い主だけを見つめて生きているんだもん。特に一人っ子はねー。

ずーっとここにいてねー。ベドくくりでお庭のお話もいいと思いますよー。

2015/05/10 (Sun) 14:16 | むんばママ #- | URL | 編集
maryさんへ

この日が最後になるとは思っていなかったのですが、二人の影を見ていると、一緒の写真を撮りたくなって、しんどいのにごめんね、と思いつつ、病院の近くで撮りました。
シルエットだけど、お耳の飾りがベドですよね。
一緒にいたよね、と、この写真を見ると思います。

営業妨害しちゃった(^_^;)?ごめんなさい。
ここ数日、噂を聞いていたらしいお散歩友達が心配してくれていて、残念なお知らせをすると、一緒に泣いてくださいました。ファルは私たち家族だけでなく、多くの人に愛されていたのだと思います。
幸せだったかな?そうだといいな。

私はだいぶ落ち着きました。
笑ってて、ファル、ごめん、と思いつつ、笑えるようになりました。こうやって、少しずつ忘れていくんでしょうね。
それでいいんですよね。

2015/05/10 (Sun) 18:38 | ぺんぎんびたき #EKt0oX0Y | URL | 編集
やまちさんへ

ありがとうございます。
もうあまり立派なタッセルではなかったのですが、
最後までファルはベドカットでした。
それ以外のファルコンって想像つかない(^_^;)。

やまちさんのブログに、コメント書こうと思ったんだけど、まだファルのことはうまく書けなくて、断念しました。
だめだなぁ、私。でもだんだん平気になると思います。
寂しいけどたぶん。だから大丈夫。

ベニーさん、同年代ですものね。いろいろと思うことがあると思います。私も、いろんなこと、ああすれば良かったとか、こうしておけばとか後悔する時が一番辛い気がします。
歯磨きの躾ができてなかったのは、最大の後悔ですね。
病気の原因にもなった気がするし、痛くて辛い思いをさせました。
一人っ子だったこともあり、シニアになってから、少し甘やかし気味だったのは、結局は良かったかなと思ってたりもします。自分にとってもね。

最初の数日に比べると、本当にずいぶん気持ちは落ち着きました。時間って、すごいですよね。

2015/05/10 (Sun) 19:06 | ぺんぎんびたき #EKt0oX0Y | URL | 編集
むんばママさんへ

まだ一週間ですものね、泣いてもしょうがないさー、と、自分でも言い訳しつつ、時々しんみりしてますが、だいぶ落ち着きました。泣くもの、思い出すのも、供養ですよね。

ファルコンは、ずっと犬を飼いたかった私が、初めて自分で飼った犬です。ずっと一人っ子だったし、留守番ばかりで寂しい思いをさせましたが、お友達大好きで、なにしろ目立つ風貌ですから、近所の多くの人にも可愛がられました。幸せだったかな?そうだといいなと、思います。

ありがとうございます。
お言葉に甘えて、もうしばらくここにいさせてくださいね。
ベドに興味を持っている方に、過去記事でも、ちょっぴりでもなにか伝えられたらと思います。偶然の出会いでしたが、ベドを飼ってて、本当に良かったと思っています。

2015/05/10 (Sun) 19:21 | ぺんぎんびたき #EKt0oX0Y | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/05/11 (Mon) 00:00 | # | | 編集

ファルくんは幸せな犬ですね。
こんなにもぺんぎんびたきさんに想われてるんだから。
今頃きっと楽しく走っていますよ、もちろんぺんぎんびたきさんのことを考えながら。

あーー・・・涙が止まりません。
どうしようもないや。

ぺんぎんびたきさん、どうか体調だけは崩さないでね・・。

2015/05/11 (Mon) 07:24 | fiocco #cvwWrnq. | URL | 編集
鍵コメさんへ

鍵コメさんも、同じような感じだったんですね。
自分だけじゃないんだと思うと、少し気が軽くなりました。
ゆっくりゆっくり向き合っていきたいと思います、
そうですよね、ファルとの日々はそれはそれは楽しかった。
ファルもそう思ってくれてると、思いたいです。
ありがとう。ありがとう。

2015/05/12 (Tue) 00:06 | ぺんぎんびたき #EKt0oX0Y | URL | 編集
fioccoさんへ

ごめんね、なんかしんみりさせてしまって。
あの子のために泣いてくださって、ありがとうございます。

ここ数日、近所の人にファルのことを報告することが続きましたが、いつのまにか、泣かずに話せるようになってきました。
逆に聞いてくれる方が泣いてくれたりして、ファル、みんなに愛されてたんだな、と、その存在の大きさを感じました。

大丈夫、大丈夫。随分落ち着きました。
ファルも楽しく走ってるかな。時々はこちらを見てくれてるかな。そうだといいなぁ。

2015/05/12 (Tue) 00:17 | ぺんぎんびたき #EKt0oX0Y | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ