花咲かぺんぎん

~ お花 時々 いきもの ~ 八王子の片隅で、ゆるーい感じのぺんぎんが、                                                                          小さな庭を、毎日毎日、ぼぉーっと眺めて暮らしていましたとさ。。。

ファルコンと中ぐらいの犬。

中ぐらいの犬は、ファルコンにとって、
友達か、もしくはライバルで、
なんだかとってもややこしい。

私も近づけていいのか避けたらいいのか、いつも迷う。

安全策をとって避けてたら、
その後飼い主さんと話すと、どちらも犬好きな子で、
その後とても仲良しになった、ってなこともあった。

でも、大丈夫そうなので近づけて、
お互い友好的に匂いを嗅ぎあってたのに、
なぜか突然喧嘩しだして、
以来まったく遊べなくなることもある。

犬たち自身も、友達なのか、ライバルなのか、
見定めるのに時間がかかるのかもしれない。
で、いったんライバルと決定したら、
どうもその関係の回復は、ちょっと難しいようなのだ。うむ。

だから、中型犬との関係は多種多様でした。
お互い吠えて喧嘩になるパターン。
向こうは無視してるのに、ファルが吠えるパターン。
相性は良さそうでも、大人になってから会った子とは
仲良しになるのは難しいようで、
近づけることもできずにファルが吠えてしまうのは残念でした。

仲良くなれるのは、お互いが、もしくは相手が子犬の時に
仲良くなった子、または、ファル以上に友好的で、
遊ぼ! って、ニコニコ寄ってくるタイプの子。

不思議なことに、
お互いやんちゃで、子犬時代から遊んでいた親友は、
やはり中型犬、それも男の子ばかり。

柴系ミックスのSくんは、ファルと同い年。
子犬の頃からファル以上にやんちゃで、
会えば二本足で立ち上がっておいでおいでして、
近寄ればじゃれ合うので、何度リードが絡みそうになったことか!
そして飼い主さんとは、1歳になれば落ち着きますかねー、
2歳になったら? 3歳になったら?と
いつまでたっても笑って言い続けたものです。

立派な柴犬のTくんも、ファルの2つ下くらい。
会うたびにお相撲する仲でした。
仲が良くても、こうしてじゃれあえる相手はなかなかいないので、
お互いにとっても楽しそうで、その仲はファルが病気で倒れる直前まで続きました。

子犬の時に知り合った年上の犬に対しては、
時として、友達というより、尊敬の念を抱いている気がすることがありました。

立派な柴犬のT先輩。
少し気難しくて、時々ファルを威嚇することもあったけど、子犬の頃から知ってるせいか、ファルはT先輩には反抗しない。「先輩、どうしたんですかー」的な戸惑いをみせつつ、おとなしく挨拶させてもらうのを待ってるのだ。じゃれついたりせず、ひたすら、挨拶させてもらう感じ。

子犬の頃よく遊んでもらったパグのPちゃん。
そんなに社交的でもないけど、小型犬にしてはとても堂々としているタイプ。
子犬のファルがじゃれついても平気で相手をしてくれていました。
ファルが大人になったころ、散歩のコースが違うのか、ほとんど出会うことがなくなりました。
でも、久しぶりに会うとファルはすごく嬉しそうにはしゃぐのです。
でもなんか、小さい犬に対する反応じゃないんですよね。完全にファルが下。
「先輩!お久しぶりっす!」って感じ。

大きさだけじゃない何かが、犬の間には、あるんでしょうね。

今回も写真はなし。
コーギー、ビーグル、柴犬、紀州犬、コッカー、シェルティー、
ウエスティー、スピッツ、そしてミックスちゃんたち、
喧嘩する子もいたけど、友達もいっぱいいました。
みんな、みんな、ありがとう。

にほんブログ村 犬ブログ ベドリントンテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
暖冬→雪→雪解け。 | Home | 冬の、すみれ。

コメント

ファル君には親友も幼馴染みも、尊敬する先輩もワン友がいっぱいいたんですね。😁
ベニーも一人っ子の時には仲良くできる子が居たけど凜と一緒にお散歩行くようになってからは、人懐っこい凜に焼きもちやいて吠えたてるようになったのよね。😧
ファル君はやっぱり良い子だね🎵

2016/01/21 (Thu) 08:48 | やまち #6AWUBD.o | URL | 編集
No title

いいな、いいなー
ファルくんは基本、友好的なやさしいわんこだったんですね。
いろんな犬種のお友達がたくさんいて幸せだったね!

うちはみんな柴犬が苦手なようです。
かつてブログに登場したことのある黒柴のくるみちゃんだけは例外としてみんな大好きでしたが・・
でも、久しぶりに再会したらダメだった!

犬の好き嫌いは飼い主には理解不能ですね。

2016/01/21 (Thu) 08:54 | mary #1MqZTUZc | URL | 編集
やまちさんへ

おかげさまで、うちの近所は犬を散歩させる人が多かった事もあり、たくさんの出会いがありました。
仲良くできない子もいたけど、友達も多かったですね。
でも、きっとうちも一人っ子だったからだと思いますよ。
ベニーさんは、一人の時と凛くんが来てからで他の犬への接しかたが変わっちゃったんですね。
本当に犬の気持ちって奥深い。
でも、複雑で、感情豊かな生き物なんだな、って思います。

2016/01/22 (Fri) 00:10 | ぺんぎんびたき #EKt0oX0Y | URL | 編集
maryさんへ

できれば大きなワンコとも、もっと仲良くして欲しかったんだけど、そこまで望むのは贅沢ですね。
家では一人でつまんないから、お友達と会うのが何より嬉しかったようです。
maryさんちのワンたちは、家に仲間がいるから、外に仲間を作る必要を感じないのかな?

柴は飼い主以外にはそっけない子が多くて、そういうタイプの子とはあまりうまくいきませんでした。以前は仲が良かったはずなのに、ってこと、うちもありました。お互い大人になっちゃうと関係性も変わっちゃうんでしょうか。
犬の感情って謎で、とても興味深いですよね。

2016/01/22 (Fri) 00:20 | ぺんぎんびたき #EKt0oX0Y | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ