花咲かぺんぎん

~ お花 時々 いきもの ~ 八王子の片隅で、ゆるーい感じのぺんぎんが、                                                                          小さな庭を、毎日毎日、ぼぉーっと眺めて暮らしていましたとさ。。。

コノフィツムの、明暗。

長く育てているコノフィツム。

付き合いが長いと、
ちょっと世話もおざなりになっていたようで、
今年は2鉢のうち、ひとつは元気だが、
もうひとつはどうも元気がない。

夏の休眠を終え、
順調にぷくぷくして、
外の薄皮が色づく元気組。
(2016/9/8)
20160908 P07コノフィツム


なんだかしわしわのまま、
げんなりしているお疲れ組。
(2016/9/8)
20160908 P02コノフィツム

お疲れとはいえ、薄皮の中には
新しい株が育っているようです。
(2016/9/8)
20160908 P03コノフィツム


水やりを再開して
少し様子を見る。

元気組は脱皮開始(^^)。
(2016/9/14)
20160914 P08コノフィツム


ぷりぷりしてます。
(2016/9/25)
20160925 P11コノフィツム


でも、お疲れ組は、
いつまでたってもしわしわで、
それどころか、
縮んでいくものも。。
やばい、水やり再開早すぎたか(+_+)。
(2016/9/25)
20160925 P10コノフィツム


10月に入り、ダメ元で植え替えを決行。

調子の良いものは根っこがありましたが、
しわしわのものは、
根っこがすっかり干からびていました。

植え替える際に、調べたのですが、
コノフィツムは冬生育型なので、
夏は水をやらずに休眠させるのですが、
あまりにも乾燥させすぎると、
根っこまで死んでしまって、
復活できなくなるのだそうです。

だから真夏も、2週間に一回くらいは、
ほんのり水をあげたほうがいいとか。
なんなの、その、さじ加減(ー_ー;)。

根っこが生きてるのは、そのまま、
死んでるものは、
生きてる部分まで切り戻して、
新しい用土に植え替えました。

ここでも、普通の多肉とは違い、
からっからに乾いた土だと、
根っこがでないそうです。
霧吹きでほんのりと水を。
あぁ、ここでも、さじ加減が難しすぎるぅ~(^^;)。


11個体だったものが、
植え替えの際、救済不可能で4個脱落。
一番元気だった左手前の個体が
先に脱皮して2個体に増え、
11 - 4 + 1 = 8個体になりました。
(2016/10/16)
20161016 P18コノフィツム


最後の力を振り絞るつもりだったのか、
いつもより早く花をつけたものまで(^^;)。
(例年は11月か12月に咲く)
(2016/10/16)
20161016 P17コノフィツム


同日の元気組。
相変わらずぷりぷり。
(2016/10/16)
20161016 P19コノフィツム


約一ヶ月後。

あの後また、真ん中の2個体が枯れ(;_;)。
6個体になりましたが、
ようやく脱皮も開始しました。
(2016/11/13)
20161113 P27コノフィツム


前回とは別の個体に花が。
健気だ(;_;)。
(2016/11/13)
20161113 P28コノフィツム


元気組と並べてみよう。
ご覧の通り、鉢のサイズが違います。
(2016/11/13)
20161113 P24コノフィツム


後から考えた失敗の理由。
枯れる時は、根元から、
溶けるように枯れました。
ある程度湿り気を好むとのことで、
サボテンの土に赤玉土を混ぜている。
鉢は乾きにくいツルツル素材。
その二つの条件は
どちらも同じではありますが、
大きい鉢は、乾きにくいこともあり、
水やり再開後、過湿になってしまったかと。


そして現在、
真ん中左の個体は、まだ脱皮できずにいますが、
枯れる気配はありません。
気温も下がってきたし、
ここまでくれば、ちょっと安心。
(2016/11/30)
20161130 P33コノフィツム


若干さじ加減が難しいのですが、
気にしなくても、うまくいくときはうまくいく。

だって元気組はこのとおり、
例年通りのお世話で、
つやっつや。
とうとう、蕾もつき始めました!
(2016/11/30)
20161130 P34コノフィツム


長くなってしましたが、
手がかかるのやら、かからないのやら。
微妙に奥の深い植物。
それが、コノフィツムなのだな。

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
12月の庭の、楽しみ方。 | Home | 四十雀(シジュウカラ)、続報。

コメント

No title

ふむふむ・・やっぱり難しい~!!


適度な湿気とかって「実際どれぐらいなの~っ?」って感じですよね!! 私も今年初めてコノに挑戦なのですが、全くよくわかりません・・。もうシワシワになっちゃっているのもいて、その子たちはそのまま置いといたらいいのか、どうしたらいいのか・・。

またちょっとよく調べてみます^^;

2016/12/02 (Fri) 08:33 | fiocco #cvwWrnq. | URL | 編集
fioccoさんへ

コノフィツムって、見た目も個性的ですが、夏は眠って冬に成長するとか、いろいろ想定外な植物ですよね(^^;)。
うちのコノちゃんも、順調にぷくぷく育つ年もあれば、植え替えに失敗してどーんと数が減っちゃったりと、多少手がかかります。
だからこそ、うまくいった年は、「よしっ」と、ガッツポーズです。

え、あの可愛いfioccoさんちのコノちゃん、しわしわの子がいるの?
しわがよってるのって、水が足りない時もあるし、逆に、実は根がはってなくて水がすえなくて、その場合、水をあげすぎると過湿で調子を崩す時もあるので悩ましいです(>_<)。
本当に、「適度な湿り気」ってなんなの〜!!

2016/12/03 (Sat) 00:25 | ぺんぎんびたき #EKt0oX0Y | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ