花咲かぺんぎん

~ お花 時々 いきもの ~ 八王子の片隅で、ゆるーい感じのぺんぎんが、                                                                          小さな庭を、毎日毎日、ぼぉーっと眺めて暮らしていましたとさ。。。

ヒナソウ チャレンジ。

大好きなヒナソウ。
(2016/12/13)
20161213 P02ヒナソウ

この時期になると、つい買ってしまうが、
木陰に植えたり、
水はけの良い土に植えてみたりしても、
夏になると枯らせてしまう。

霜で土が凍ろうとも、
どっさり雪が積もろうとも、
元気に咲き続ける北国仕様の花に、
過酷な夏を耐えろという方が
無理な注文かもしれないが。



でも、今シーズンも、
性懲りも無く、
新しい方法で挑んでみる。

いつも枯れる時は、
真ん中のぎゅうぎゅうしたところが
夏に黒く蒸れて枯れてしまう。

買った時の状態は、
ぎゅぎゅっと咲いて可愛いのだが、
夏越しを狙うなら、
ぎゅうぎゅう詰めを解消し、
なるべく水はけの良い土で、
そして、夏は日陰に移動できるように
鉢植えにするのが良いかと思う。

3株買ったうちの水色の1株を、
丁寧に土を落とし、
水の中で根を洗って株分けし、
水はけの良い土に、
隙間を作って植えてみた。
(2016/12/13)
20161213 P01ヒナソウ

一般的に花の苗は
「根鉢を崩さずか、
少し崩す程度で植えましょう」
と、言われるが、
山野草の育て方の本なんかを見ると、
古い土をすっかり取り除いてから
植える方法が書いてある。

もちろん、植物によっては
向き不向きはあるのだろう。
今までの方法に慣れ親しんだ身には
大丈夫か?と不安になるが、
何事もチャレンジだ。


残りの2株はいつものように、
根をあまり崩さずに地植えにしました。
(2016/12/13)
20161213 P04ヒナソウ

その時、白花を少しだけ分けて、
鉢植えの所々に、彩りのために植えました。
(2016/12/13)
20161213 P03ヒナソウ


買った時の状態に比べると、
今はスカスカで、
みすぼらしいのですが、
鉢いっぱいに増えたら嬉しい。

というか、
まずは、植え替えに耐えて根付いてほしい。
そして、あわよくば、
夏を越し、来年も花を見たいのですが。


今年のヒナソウチャレンジ。
さてさて、どうなりますやら?
(2016/12/13)
20161213 P05ヒナソウ

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
ビオラのグラデ。 | Home | 12月の庭の、楽しみ方。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ