花咲かぺんぎん

~ お花 時々 いきもの ~ 八王子の片隅で、ゆるーい感じのぺんぎんが、                                                                          小さな庭を、毎日毎日、ぼぉーっと眺めて暮らしていましたとさ。。。

チランジアに、新しい仲間。

最近は、おしゃれな雑貨屋さんなんかにも
コロコロと転がって売られているチランジア。

そういう我が家の4種類のチランジアたちの籠盛り、
通称「チラさんズ」も、実は100円ショップ出身。
出会いは2011年の秋。
もう付き合いは5年を超えたのね。
(過去記事 → チランジア、デビュー。

買った当時は、苗の良し悪しもわからなかったが、
最近では「これは買って帰っても枯れそう」とか、
「これは生きがいいいい!」とか、
わかるようになってきた。

今日、ホームセンターで、
以前から気になっていた品種「ブッツィ」を発見。
それも、けっこう生きがいい。やったー(^^)。
つぼ形の「ブルボーサ」も、小さいサイズながら
元気な苗だったので、お買い上げ。

さっそくチラさんズの仲間に加えました。
(2017/1/29)
20170129 P07チランジア

ブッツィは爬虫類みたいなシマシマ模様がかっこいいのだ。
(2017/1/29)
20170129 P04チランジア

(2017/1/29)
20170129 P02チランジア

ブルボーサはつぼ形でうねうね。
(2017/1/29)
20170129 P09チランジア


どちらも緑葉種なので、今まで4種類(銀葉種)よりも
水分を欲しがるそうです。

元気に育ってほしいなあ。



先輩チラさんズは、名なしの苗だったので、
正確な品種名はわかりません。

本で調べてこれかな?と思っているのは、
うねうねなのがカプトメデューサ、
(2017/1/25)
20170125 P01チランジア

ハリネズミみたいなイオナンタ、
(2017/1/29)
20170129 P06チランジア

細長く伸びてるのはジュンセア、
(2017/1/29)
20170129 P08チランジア

銀色の中肉中背はストリクタ(?)
(2017/1/29)
20170129 P05チランジア

なのですが、さて、どうでしょうか?
特にストリクタ(仮)は特徴が無さすぎて自信なし(^^;)。

カプトメデューサは2015年3月に開花して子株を出し、
親株は昨年枯れてしまいました。
(2015/3/22 開花時の様子)
20150322チランジア

2代目にも今、花芽がついています。
(2017/1/29)
20170129 P03チランジア

咲くのはまだ数ヶ月先かな? これも楽しみ。


ともあれ6種類に仲間が増えた「チラさんズ」。
今後も仲良くお願いします(^^)。

関連記事
 ( → 冬のチラさんズ(エアープランツ)
 ( → チラさんズ、元気です。
 ( → 冬の庭と、チラさんずの異変。
 ( → 部屋の外と、部屋の中。

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
デンドロビウム、一年生。 | Home | 冬休みの、あれやこれや。

コメント

No title

おお~!!いいのがありましたね!!
100均のは入荷すぐじゃないと本当に可哀そうな状態のものが多いですよね~。

葉っぱに特徴がないやつって判別するのが難しいですよね。
普通のストリクタはもう少し葉っぱが緑な気もするのですが・・。

寒い時期のチランジアはまだ未体験なので枯れてしまわないかとビクビクしてます。汗

2017/02/07 (Tue) 19:31 | fiocco #cvwWrnq. | URL | 編集
fioccoさんへ

はい。特にブッツィは前から探していたのですが、なかなか状態の良い子に会えなくてね。さすがに100円ではありませんでしたが、いい買い物ができました(^^)。

100均のは、かわいそうな状態の子が多いですよね。うちの子たちもよくぞここまで育ってくれた、と思ってます。
新入りさんたちも大事に育てたいです。

うーん、ストリクタも怪しいですね。色白で、なかなか大きくならないんですよ。100均出身だし、珍しいものではないと思うのですが。さて、君の名は?

寒い冬、ちょっと心配ですよね。私も一回目の冬はドキドキしました。年末年始に留守にして、室温が下がりすぎて葉先が枯れたことはありますが、こうして5年育てられています。fioccoさんちのチランジアも元気に冬を越せますように(^^)/。

2017/02/07 (Tue) 23:44 | ぺんぎんびたき #EKt0oX0Y | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ